title

AGAの原因とその症状・正しく治療をして薄毛改善

AGA(男性型脱毛症)

男性を悩ませるAGA

最近メディアでも取り上げられる事が多くなったAGA。男性型脱毛症ともいい、男性のみにしか発現しない脱毛症です。原因は男性ホルモンが過剰に分泌されることでヘアサイクルが乱れてしまいます。そうなると髪の成長にも影響が出てしまい、約1年で抜け落ちてしまうのです。そんな髪が増えていけば発毛が追いつかなくなり、その発毛も次第に乏しくなってくるのです。

しかしAGAは育毛剤(AGA治療薬とも)を使うことで抜け毛を抑えたり、あるいは抜けた髪を再び生やすことが出来るのです。しかし育毛剤は非常にたくさんあるので適当に使ってはいけません。「医薬品」に指定されている成分を使い、AGAの対策、そして改善を行っていきましょう。

AGAの治療は医薬品で

AGAによるヘアサイクルの乱れを正常に戻すには「飲む育毛剤」とも呼ばれているプロペシアか、同じ作用機序を持つザガーロを使います。これらの育毛剤が保つ効果によって、ホルモンを生成する酵素(5αリダクターゼ)の働きを阻害し、抜け毛を抑えるのです。

合わせて発毛作用の高いミノキシジルも一緒に使いましょう。抜け毛を抑えつつ、育毛・発毛を促進させることで、効率よく髪の量を増安ことが出来ます。いずれも目に見えて分かるのは、6ヶ月ほど経過しなければなりませんが、「スカスカ」が「フサフサ」に変わっていることでしょう。

プロペシア、ザガーロ、そしてミノキシジル(を配合する育毛剤)はいずれも医薬品に指定されています。長い月日をかけ非常に多くの臨床データが発表されているため、薄毛の治療においてはぜひ使っていくべきでしょう。

AGAの原因を知る

AGAは進行性の脱毛症です。発症はいつの間にか始まるので気付きにくく、はっきり「薄い」と自覚出来るような状態に至ってしまったのであれば相当進行しているといえるでしょう。その時のショックは計り知れないものです。

すぐに薄毛改善を行うか?それともそのショックをしばらく引きずってしまうのか?いずれにしろ精神的なダメージを及ぼしてしまいます。絶対にAGAにはなりたくありませんが、男性であればそのリスクは避けられようにありません。

しかし遺伝、体質、生活環境などによってなりやすい方となりにくい方に分かれます。また年齢を重ねることによってもヘアサイクルは衰えてきますので、髪が抜けても発毛しないというケースも考えられるでしょう。そういうわけでまずはAGAの原因はどのようなものがあるのか?を見ていきたいと思います。

AGAのきっかけ

様々な要素からAGAの発症は考えられるのですが、その大元となる原因はずばり「男性ホルモン」です。そのため最初に男性ならば誰しも起こり得ると申しました。また、女性にも少量ながら男性ホルモンが存在しています。実は女性の薄毛も男性ホルモンの影響で起こるのです。

男性ホルモンはいくつかの種類があるのですが、ホルモンバランスが乱れ特定の男性ホルモンが過剰に増えてしまうことでAGAが発症してしまうのです。男性ホルモン全てが悪いというわけではありません。そのホルモンはDHT(ジヒドロテストステロン)といいます。

DHTは特に胎児の状態で多く分泌され男性らしい体つきや性器の発達の役に立つのですが、成人になってから過剰に分泌されてしまうと皮脂の過剰分泌が起きてしまいます。それを防ぐことがAGAの予防につながるのです。その発生は普段の生活習慣に気を付ければ大抵は防げるといいます。

DHTが多くなる理由

DHTは、こちらも男性ホルモンの一種であるテストステロンから変換されます。体内に存在する男性ホルモンの90%を占めるとも言われており、男性らしさを維持するためには必要不可欠です。そして誤解されがちですが、テストステロン自体に抜け毛を促す力はありません。

テストステロンがDHTに変換されてしまうことで初めて抜け毛の原因になってしまうのです。その要因が5αリダクターゼという還元酵素。結合することにより変換(または代謝とも)され、次第にヘアサイクルを乱していきます。

ただ、5αリダクターゼも本来はテストステロンの作用を補助するという役割があるようなので一概に悪者というわけではなく、要はそのバランスが問題ということです。実は薄毛になりやすい特徴として、一般の方よりも5αリダクターゼの分泌量が多という研究結果があります。しかもそれは遺伝が関係しているのだとか。

ハゲは遺伝する」という都市伝説じみた話がありますが、実はあながち間違ってはいません。父親、母親、どちらでも5αリダクターゼの分泌量が多いのであれば受け継がれてしまう可能性があります。

ヘアサイクルの乱れ

5αリダクターゼによりテストステロンが変換される事でDHTが生成されるわけですが、AGAの発症はさらに毛乳頭細胞(発毛を促す細胞)にある男性ホルモン受容体と結合して起こります。すると冒頭でも少し触れましたが、髪の成長と抜け落ちる期間であるヘアサイクルが乱されてしまうのです。

ヘアサイクルは三段階に分かれ、髪が伸びていく期間の「成長期」から始まります。9割程度を占める一番長い期間です。続いては「退行期」。この期間になると髪の成長が止まり、2~3週間程度で終わります。最後は「休止期」で抜け落ちるのを待つ期間です。その間には新たな髪が作られており(発毛)、いざ毛穴から頭皮に現れることで、元の古い髪は押し出されて抜け毛となって落ちていきます。

ヘアサイクルは髪ごとに違います。抜け毛が一度に起きないのはそのためです。ヘアサイクルがある程度同じであればその量はすごいことになりますからね。しかしAGAになってしまうと退行期と休止期はほとんど変わることはありませんが、成長期は極端に短くなってしまいます。

最長で6年程度は続くと言われるヘアサイクル。それがAGAを発症する事により1年程度で終わってしまうのです。先程ご説明したようにそのほとんどは成長期なのですが、長い時間をかけ太く長くなる髪の成長がかなり未熟となってしまいます。AGAの特徴である細くて短い髪が多くなってしまうのはヘアサイクルが関係していたのです。

これにより頭皮の密度が少なくなり、さらにはヘアサイクルの乱れによって抜け毛が多くなってしまうのです。発毛が追いつかなくなることで薄毛として認識をされてしまいます。いきなり現れることはなく、ゆっくりと時間をかけ症状が進行していくのですぐには気付きにくいのです。

AGAの症状について

AGAの症状とは簡単に言うと「抜け毛が増えて薄毛になる」ことです。しかしただ頭皮が薄くなるだけではなく、その箇所が違ったりもするので、いくつかのタイプに分けることが出来ます。AGAはゆっくりと進行するので非常に気付きにくく、いつの間にか頭皮が薄くなり精神的なダメージを受けやすい症状です。

しかし症状の初期段階を見極めてすぐに薄毛改善に取りかかれば、ダメージは最小限で済みますしフサフサの髪が戻る可能性はとても高いので、何がAGAが発症したサインなのか?もぜひ知っておいて下さい。諦めなければ症状は改善に向かうのです。

発症が目立たないので気付きにくい

AGAが発症してもすぐには分かりません。先述したヘアサイクルの乱れが徐々に広がり、成長期が短くなった髪が多くなることで抜け毛の量が増えてしまいます。そこで初めてAGAを発症したと自覚出来るのではないでしょうか?

また髪質の変化もそのサインです。髪にコシが感じられない・細くなってきた・全然伸びない、という状態であればAGAを発症している確率が高いと思われます。進行はかなりゆっくりなのでなかなか気付かないレベルです。放置していることになりますから徐々に進行していき、段々抜け毛の量も増え、いつのまにか頭皮が薄くなってしまいます。

そしてAGAは薄くなる場所が様々です。前頭部(いわゆる生え際)や頭頂部がハゲになりやすく、この部分が薄ければほぼ間違いなくAGAであるといえます。反対に側頭部と後頭部は薄くなりにくいのですが、決して髪が抜けないというわけではありません。

症状のパターン

症状のパターン

先程も申したようにAGAによって薄くなる場所は個々によって違う場合があります。何種類かのパターンに分ける事が出来るのです。抜け毛が増えやすい箇所は前頭部(生え際)と頭頂部(つむじ)で、この部分が薄い方はAGAを発症している方が多いでしょう。

どちらかが薄くなるか、あるいはどちらも複合して発症し、頭皮の半分以上がハゲてしまう事もあるのです。これはかなり症状としては進行しているといえるでしょう。逆に抜け毛が現れにくいのが側頭部と後頭部。なぜこの箇所は抜け毛が少ないのか?実は理由があります。それは後程ご説明しましょう。

それでは早速ですがAGAの症状はどのようなタイプに分けられるのか?少しずつですが説明をしていきましょう。

前頭部(生え際)が薄くなるタイプ(M字型ハゲ)

前頭部(生え際)が後退していくタイプで、M字型とも呼ばれます。俗に言うM字ハゲですね。徐々に前頭部が後退していくので比較的分かりやすいタイプだと思います。実は前頭部は5αリダクターゼが多い部分なので抜け毛が多くなってしまうのです。

まだそこまで進行していなければある程度カバーでき、ここで育毛剤を使い改善に向かっていればすぐにとは言えませんが十分回復することは可能です。しかし症状が進行してしまうと成長期の短い髪が増えてしまうので、一気に抜け毛が出てしまい急激に薄くなったと感じてしまうでしょう。前髪が細すぎる、あるいは全然伸びないため髪型でカバーすることは非常に難しいです。

ここでようやく薄毛改善に取り掛かっても、機能していない毛根も増えているので発毛しない可能性も考えられます。ある程度の発毛は出来るかもしれませんが、フサフサに戻る事は無いと考えて下さい。

頭頂部が薄くなるタイプ(O字型ハゲ)

AGAにより薄毛になりやすい箇所は頭頂部も挙げられます。実は前頭部よりも抜け毛が出やすく、日本人はこのタイプが非常に多いそうです。O字型タイプと言われています(俗に言うつむじハゲ)。場所が場所なので自分ではとても見づらく、症状が現れても気付きにくいでしょう。

そのため人から言われて初めて気付く事が多く、精神的なダメージを受けやすいといえるタイプでしょう。ただ症状が進行するとだんだん自身でも分かってくるようになります。かなり老けて見られてしまうのでなるべく早く育毛剤で治療をしていきましょう。

前頭部と頭頂部が同時に薄くなるタイプ(U字型ハゲ)

最も最悪なタイプが前頭部と頭頂部が同時に薄くなるタイプです。U字型ハゲとも言われ、広範囲が薄毛になってしまうのでかなり寂しい状態と言えるでしょう。年相応で薄毛になるのであれば致し方ないという思いがありますが、30代や40代の方がこのタイプを発症してしまうとかなり悲惨と言えます。

頭皮の3分の2ほど露出するわけです。やはり相当なインパクトを与えてしまうでしょう。もちろん自身は徐々に減ってくる様を見てきているわけですからダメージとしては深く残っています。ここで側頭部や後頭部はしっかりと残っているのでアンバランスさも感じてしまいますよね?

ただしU字型を発症してもまだ諦めてはいけません。育毛剤を使う事で完全ではないにしろ髪を取り戻すことが出来るかもしれないのです。まだ毛根が活動を停止(死んで)していなければ発毛の可能性があります。また単に抜け毛を防ぐ効果もあるので、育毛剤は一度使ってみるべきでしょう。

AGAの改善は育毛剤で

AGA対策は一体どんな方法を取ればいいか?まずは育毛剤を使うこと。最も手軽な方法で薬局で購入することが出来るのですが、使われている成分に注意をしないと、全くもって意味がありません。

しかしご安心下さい。当サイトでは本当に効果のある成分が使われている育毛剤のみをご紹介していきます。もちろん個人差や体質に合わない方も少なからずいらっしゃいますが、多くの方がAGAの改善が実感出来ている育毛剤ですのでまずは一度試してみるべきです。3つの成分(商品)があります。

ミノキシジル

まず1つ目の育毛剤はミノキシジルです。発毛促進作用が非常に高く、毛根が死んでいなければ再び髪を増やせる可能性があります。また髪質も良くなってきますので、AGAによって細くなってしまった髪が太く長い状態に戻ることが出来るでしょう。

ミノキシジルは形状が2種類あり、塗るタイプである外用薬と錠剤として飲むミノキシジルタブレットから選ぶ事が出来ます。効き目はミノキシジルタブレットの方が高いですが副作用も起きやすいので、マイルドな作用がお好みであれば外用薬を選びましょう。

外用薬は元祖育毛剤であるロゲインやロゲインのジェネリック(全て海外メーカー)がリーズナブルな価格で購入出来ます。海外医薬品の通販を利用すれば医療機関へ行かなくても購入することが出来るのでとても便利です。

すぐにでも薄毛改善をされたいのであれば薬局で販売されているリアップを使うことも検討してみましょう。ロゲインと同じくミノキシジルが配合されており、国内では唯一医薬品に指定されている育毛剤です。ただしロゲインとリアップX5プラスは価格が違います。

プロペシア

プロペシアはミノキシジルとは違い、抜け毛を止めるための育毛剤です。有効成分のフィナステリドにはAGAの原因になるDHTの生成を抑える働きがあります。ヘアサイクルが正常に戻していくので、次第に抜け毛がおさまるのです。しかし多少の時間が必要になるため、毎日飲み続けて効果を得なければなりません。

また、プロペシアには多少の発毛作用があります。あくまでもこれはヘアサイクルが正常に戻りだすことによる発毛作用なので、そこまで髪が増える期待はできません。効率的に髪を増やすのであればミノキシジルと併用をしてみましょう。

お互い作用機序が違いますから効果が強く出すぎて副作用が起きやすくなるという危険性はありません。薄毛改善には必須の組み合わせだと思います。

プロペシアにもジェネリックがあるので、費用を抑えたいとお考えならば選んでみてください。すでに医療機関でも販売されていますが、海外医薬品の通販で購入できるフィンペシアは特に人気です。プロペシアと同等の効果を持つので、ユーザーからの評判が高いジェネリックだと思います。

ザガーロ

ザガーロもプロペシアと同じ作用機序を持つ育毛剤です。有効成分のデュタステリドがAGAの原因であるDHTの生成を抑え、ヘアサイクルの乱れを止めていきます。しかもプロペシアよりもその効果が高いと言われています。その理由はデュタステリドのほうが5αリダクターゼの阻害作用に優れているためです。

5αリダクターゼには2つのタイプが(1型と2型)あり、どちらも抑えることが出来るからです。AGAの発症で起きる前頭部の薄毛と頭頂部の薄毛は2型が関わっています。対して1型は基本的にあまり抜け毛に強く影響するものではありません。

しかし体質によっては1型によるAGAが発症し、抜け毛の起きにくい側頭部と後頭部に症状が出てしまいます。また、1型は皮脂腺に多いため、頭皮の皮脂が多く、なおかつ抜け毛が気になり始めたらザガーロを使うと改善出来る可能性があります。

抜け毛は多くの方が抱える悩み

抜け毛は多くの方が抱える悩み

髪の悩みの代表として、抜け毛や薄毛があります。男性、もちろん女性にとっても非常に重要なパーツである「髪」。髪型やスタイリングによって見た目が変わるためすぐにその変化が分かりやすく、注目を浴びやすい部分です。いい方向に現れる事もあれば、逆に悪い方向に働いてしまうこともあります。

もしも抜け毛が気になり始めたら不安になりますよね?中高年であればある程度仕方が無いという諦めも生まれるかもしれませんが、若い方であればよりその不安は大きいでしょう。その事ばかり考えてしまい何も手につかなくなる、は言いすぎですが大きな悩みとなりストレスになることは間違いありません。

もし抜け毛が多くなったのなら必ずそうなってしまった原因はあります。その原因をいち早く取り除けられれば抜け毛を少なく済ませられるはず。いち早く手を打てば時間はかかりますがフサフサの髪に戻れます。そのための正しい対策方法・改善方法で悩みを解決させましょう。

正常な抜け毛の量はどの程度なのか?

髪も細胞です。新陳代謝により古い細胞と新しい細胞が入れ替わるのはご存知だと思いますが、髪の場合の新陳代謝は抜け毛です。毎日50~100本程度は抜け落ちていきます。ですからどなたでも毎日髪は抜け落ちているのです。

問題無いと判別される例は、長い髪が多ければ正常なヘアサイクル(髪の生え変わり周期)により抜けた髪なので安心しても大丈夫。薄毛になる可能性はほぼありません。恐らくこのパターンであれば薄げである心配はほぼ無いと言えそうです。

しかし細くて短い髪が多ければ薄毛の兆候が現れてきだしているかもしれません。見れば分かる通り、短い髪は成長しきっていないと思われる状態なので、このタイプの抜け毛が多ければなんらかの異常が現れているはず。

特に男性であればAGA(男性型脱毛症)を疑うべきです。その症状はヘアサイクルの成長期が極端に短くなってしまうので、髪の成長が止まって抜け落ちやすくなります。ブラッシングの際、シャンプーをした際、寝起きの際(枕元の抜け毛)に注意してみましょう。

抜け毛(薄毛)の原因

抜け毛が増えってしまったのであれば、どのような原因によって起きているのか?それを把握することがまずは必要です。特に男性で最も多い「AGA(男性型脱毛症)」はいずれの原因からも派生しやすく発症してしまう非常に厄介な脱毛症です。

しかもひとたび症状が起きてしまえば改善にはとても時間がかかるのでなるべく早く対策を立てましょう。改善するにはすぐに治療へ取り掛かることが重要です。これは男性女性共に言えることです。なかなか自身では判別しにくいので、疑いを持ったのであればまずは医療機関へ行くことをおすすめ致します。

AGA(男性型脱毛症)

 AGA(男性型脱毛症)

先程も説明しましたが男性に起きる脱毛症はほとんどがAGA(男性型脱毛症)といっても過言ではありません。とても強力な男性ホルモン(DHT:ジヒドロテストステロン)がヘアサイクルを乱す信号を出し、髪の成長期が短くなってしまうのです。

すると髪の成長が未熟となり、次の期間である退行期、休止期に移行して抜け毛として現れます。通常のヘアサイクルは約6年と言われていますが、AGAを発症してしまうとおよそ1年で髪が抜け落ちてしまうのです。そのため発毛が追いつかなくなり薄毛になってしまいます。

ホルモンバランスの乱れによって発症するのですが、それに至るまでにはいくつかの要素があります。必ず抜け毛に繋がってしまう行動を自身が行っているはずなので、それに気を付け対策を立てれば劇的な改善として現れないにせよ、緩やかになっていくはず。

以下、様々な原因を挙げていきますがAGAの発症リスクが高まることはもちろん、他の脱毛症の原因にもなることがありますのでいずれも解決していかなければなりません。一度にやると大変なのでまずはひとつひとつ、この原因を解決していきましょう。

栄養不足

現代の食生活は高コレステロールのものを摂取する機会が多いです。血流が悪くなったり、髪にいい栄養分が摂取出来てないなど薄毛に至る原因がいくつも数えられます。食はお腹を満たすことはもちろんですが、その目的は体を構成するためにも必要です。新陳代謝をして新たな細胞を作り出すのです。もちろん髪にも同じことが言えます。

肉はタンパク質やアミノ酸を含むため、髪を作るためにとても重要な食品ですがそればかり食べていれば動物性脂肪のとりすぎで血流が悪くなり、脂肪もつきやすくなります。ビタミンやミネラルなども出来る限りとっていかなくてはなりません。ビタミンB6やビタミンC、亜鉛などが髪に良いとされる成分です。

ストレス

ストレスは様々な病気をもたらしますが、AGA(抜け毛や薄毛)の原因にもなります。ホルモンのバランスが悪くなるため、DHTが過剰に増えてしまい抜け毛へとつながっていきます。近年では多様になった仕事もそうですがSNSによりプライベートも気が抜けない方が多くなりました。直ぐに返事を返さなければならないというプレッシャーがストレスとなり、やがて抜け毛となって現れる、と言うようなことも考えられます。

生活習慣の乱れ

上記の食生活、ストレスに関連しますが生活習慣が乱れてしまうとホルモンバランスの乱れに繋がります。また髪を生成するために必要な血流が滞ってしまい、栄養素が頭皮に届きにくくなったり、偏った食生活によって髪を作るための栄養素が不足するなどといったことで抜け毛が増え、AGAとして表れてしまうのです。

また睡眠不足は髪の成長に必要不可欠です。成人になっても成長ホルモンは分泌されます。それが足りなければ髪の成長にも支障が出てしまうのでやはりストレスを軽減させ、眠りにつきやすくするような環境を整えるべきです。ストレスの解消には趣味を作って休日に没頭したり、知人と食事などをして発散していきましょう。

男性ホルモン

上記に挙げた要素は全て男性ホルモンの乱れについてです。これら男性ホルモンの乱れは、抜け毛を増やす原因に繋がり、男性の大きな悩みになってしまいます。テストステロンが5αリダクターゼという還元酵素により、DHTに変換されるとヘアサイクルが通常より短くなるのです。髪の成長が不十分だと、細くコシのない髪になり、その部分の密度が薄くなるため、薄毛という認識として捉えられてしまいます。

そして休止期に入ると髪は全く生えてこなくなるのです。では、その休止期に入った毛根は全く発毛できなくなってしまうのかと言ったらそうではありません。5αリダクターゼの働きを阻害することにより、テストステロンからDHTに変換させることが出来なくなります。

通常のヘアサイクルに戻せるので休止期に入った毛根から発毛出来たり、コシのなかった髪の毛が成長してくれるということになります。現在ではとても効果の高い育毛剤もありますので、使用すればAGAの進行を止める事も可能となっています。多くの方が抜け毛対策として使っており、非常に有効な手段なのです。

抜け毛対策・薄毛の改善方法

自身で出来る抜け毛対策・薄毛改善はいくつもあります。育毛剤だけでなく、ちょっとしたことに気を付ければ簡単に抜け毛対策を行えるので意識して取り入れてみましょう。最初は確かに慣れていないためきつく感じるかもしれませんが、やがて習慣になるのでそれが当たり前の事になっていくので安心して下さい。いくつかの方法を簡単ではありますがご説明していきます。

生活習慣の改善

生活習慣の改善

原因についてでも記述をしましたが体を作るベースとなるものを整えなければ抜け毛は抑えられません。血流を活発にさせるために軽い運動をするでもいいですし、入浴をシャワーだけで済ませるのではなく、湯船に浸かる事で疲れを取ることも必要です。ストレスの解消にも繋がります。生活習慣を改善して抜け毛や薄毛の原因を減らしてあげることはとても重要です。

もちろん、先程も少し触れましたが睡眠不足も大敵です。薄毛だけではなく全ての病気に関わっている睡眠。髪にどのような効果があるのかというと成長ホルモンの分泌によって育毛・発毛が行われます。また、ただ長く寝ればいいだけではなくて「良い睡眠」を心がけなくてはなりません。

寝具が自身にとって適切であるか?睡眠の1時間前までにはスマートフォンやパソコンは見ない。またリラックスをするためにストレッチや頭皮マッサージを行うのも良いとされています。良い眠りはストレス解消にもなります。意識して睡眠も改善してみて下さい。

食生活を改善

体を作る上で必要な食事は、抜け毛予防、そして薄毛の改善にももちろん重要です。ただすぐに結果として現れる事がないのですが、諦めずに続けていきましょう。特に大豆製品は女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用をもたらすため、男性ホルモンが原因であるAGAにはとても有効です。女性に関してはイソフラボンの過剰摂取はあまり推奨されないようですが、男性にとってはそこまで危険ではありません。ただ一応注意はするべきでしょう。サプリメントで取る場合は手軽なためつい多めに飲んでしまうこともあるので注意して下さい。

ビタミンやミネラルもそうです。食品であればレバーや牡蠣、ウナギ、ブロッコリー、赤・黄ピーマンなどが髪に良いとされています。普段からバランス良く食べるのは難しいのでサプリメントで補うことも1つの方法なので実施してみましょう。もちろんこれらも過剰摂取は禁物。特に亜鉛は中毒症状を起こす可能性があるためどの成分も適量を毎日とるようにして下さい。なるべくならば食品からとる事が良いので、出来る限りはうまく取り入れてみて下さい。

シャンプーに気を使ってみる

シャンプーに気を使ってみる

シャンプーはほぼ毎日されているかと思いますが、シャンプーのやり方に問題があと抜け毛が増えてしまう恐れがあります。ですが正しい方法に直せば抜け毛・薄毛の対策が出来るのです。

まずは自身にあったシャンプーを見つけましょう。頭皮に優しいシャンプーを選ぶとダメージを少なくすることが出来るので頭皮トラブルを予防することができます。おすすめはスカルプシャンプー。頭皮・髪に優しいアミノ酸系の商品がほとんどなので刺激が少なく使いやすいと思います。

また、頭皮に良い成分を多く配合していますので、育毛や発毛のアシストが可能です。薄毛にお悩みであればぜひ手にとってみて下さい。より薄毛が進行しているのであれば薬用シャンプーを試してみるのもいいかもしれません。

スカルプシャンプーよりも抜け毛予防効果がありますが、値段は高めです。

シャンプーの仕方にも気を付けなければなりません。まずは軽くブラッシングをして髪のほつれや汚れを落とします。続いて十分に髪を濡らします。これだけで大半の汚れは落ちるそうです。そしていざシャンプーを付けて洗うのですが、直に付けるのではなく手のひらで泡立ててから付けて下さい。刺激が弱まるためです。

そしてしっかりと指の腹でマッサージするように洗っていきます。そしてすすぎは十分に行いましょう。頭皮にシャンプーが残っていると炎症になってしまうため。朝にシャンプーをするのは良くないと言われますが、それは十分に洗い流さないためです。時間に追われるからですね。なので朝に行う場合は余裕を持って行いましょう。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージは地味に見えますが毎日続けることで血行が良くなり、髪の成長や発毛を促してくれる効果があります。これによって抜け毛や薄毛が改善することは大いに期待ができます。血行が悪い証拠として頭皮が固くありませんか?薄毛の方はそういう状態が多いといいます。マッサージを続けることで柔らかくなっていきます。すなわち血行が良くなってきている、という事です。

やり方は指の腹で行うこと。決して爪を立ててはいけません。傷をつけてしまうためです。AGAの場合はよりデリケートな状態になっているので特に注意をして下さい。頭皮の血行を良くするツボがいくつかありますのでそれを押していきましょう。「百会」や「風池」などが有名です。

百会は両耳からまっすぐ、そして眉間と交差する位置にあります。あくまでも気持ちいい強さで押して下さい。あまり痛いと辛いので。続いては風池です。結構難しい場所にあるのですが、側頭部の出っ張りのへこみ部分にあります。ここも適度な強さで押していきましょう。血行促進や頭痛の緩和に効果があると言われています。

またマッサージ店で頭皮マッサージをしてもらったり、ヘアサロンでヘッドスパをするのもかなり気持ちいいと思います。すぐに効果があるわけではありませんがストレス解消にもなるので、余裕があればぜひ実施してみましょう。

スタイリング

育毛剤で薄毛改善中の方は、効果が出てくるまでにしばらく時間がかかり、現状のままと言えます。今までの髪型はどうしていましたか?「自分は薄毛だから」という諦めであまり気を使われなかったのではないでしょうか?そこでスタイリングを上手にすることで薄毛をカバー出来ます。

髪型を保つのであればワックスやジェルなどで整えるのが常識ですが、薄毛の方は頭皮も弱っている状態です。付けるのであればごく少量でなるげく毛先に付けるようにしましょう。髪の根元に付くと毛穴が塞がれてしまい抜け毛に繋がるのだとか。また少しでもカバーしようと思い伸ばすのも逆効果!失礼な例えになりますが、まるで落ち武者のような出で立ちとなり非常に不潔です。しかもより薄毛の部分が目立ちます。

なので薄毛の方はなるべく短髪にして清潔感を演出しましょう。また薄毛も目立ちにくくなります。ワックスを付ける量もごく少量ですむので頭皮トラブルも起きにくくなるでしょう。いっそのこと坊主頭にするのも1つの手です。海外の俳優をイメージしてみればそこまで抵抗はありません。

まずはなによりも清潔感を意識し、美容室もメンズ専門店など普段慣れているような美容師がいる店に行くのもおすすめです。合う髪型を提案してくれるはずです。またしばらく坊主でいるならばバリカンを買えば散髪代がいらないため経済的。育毛剤の効果が出だしたらまた伸ばしていく、という事も出来るので悲観せずに行きましょう。

育毛剤を使う

抜け毛対策として育毛剤を使うことを思い浮かべる方はとても多いのではないでしょうか?その中では医薬品指定の育毛剤もありますので、なるべくそれを使いAGAの治療を行うのが望ましいです。市販の育毛剤とは全く違うことが分かるはず。市販の育毛剤は相性の差が大きく、しかも「発毛効果が認められない」商品がほとんどです。

AGAは早めに対策をしないと手遅れになってしまうので、出来る限り早いうちに医薬品指定の育毛剤(AGA治療薬)を使い、症状の改善を図りましょう。

女性の薄毛について

女性の薄毛について

薄毛は男性だけに起こると思っていませんか?実は女性も安心は出来ません。女性に多い冷え性は血行を悪くしてしまい、薄毛を招く可能性があります。また、ホルモンバランスの崩れにも気をつけてください。

女性にとって髪は非常に重要なパーツです。男性であれば薄毛になってしまったらいっそのことスキンヘッドにするという荒業もありますが、女性にとってそれはかなり酷です。解消出来ないストレスとして蓄積し、薄毛だけではなく違う病気を発症してしまうかもしれません。非常に深刻な悩みとなります。

しかしその原因を把握し、正しい対策を立てればフサフサの髪を取り戻すことが出来ます。女性の薄毛も男性同様に改善することが可能なのです。そのための方法をこれから伝授いたしましょう。ぜひ参考にして薄毛・抜け毛の予防に努めて下さい。

女性の薄毛の症状

先程説明したように女性にもいくつかの脱毛症が発症してしまいます。いずれの脱毛症が起きたとしても完全にハゲてしまうわけではありません。男性とは全く違うメカニズムで起きるためです。ただ、男性以上に大きなストレスになることは容易に想像出来ることです。まずは男性との違いはなんなのか?簡単ではありますがご説明をしていきます。

男性の薄毛と違うこと

男性に発症する脱毛症の多くはAGAです。男性型脱毛症と言い、その原因は男性ホルモンです。遺伝やストレスも関係していると言われますがそれは結果としてホルモンバランスが崩れてしまうために起きるため、根本的な原因とはっきり言えると思います。一方の女性はホルモンバランスもそうですが生活習慣も関わっています。間違ったヘアケアや、カラーやパーマを繰り返してダメージを与えてしまった結果によるものが多いです。生活習慣を見直せばすぐには結果として現れないものの確実に改善が可能です。

女性の薄毛のタイプ

女性の脱毛症で代表的なものがFAGA。あまり聞きなれない脱毛症ですが、男性にのみ発症する脱毛症であるAGAのいわゆる女性版と言えるものです。AGAのように頭頂部や生え際が薄毛になるわけではありませんが、ショックは大きいでしょう。また有名な円形脱毛症もそうですし、髪の長い方が結ぶことで起きる可能性が高まる牽引性脱毛症などいくつか薄毛に至るものがあります。

びまん性脱毛症(女性男性型脱毛症)

最近多い女性の薄毛のタイプにこのびまん性脱毛症が挙げられます。これがいわゆるFAGAで女性男性型脱毛症とも呼ばれる脱毛症です。原因は男性ホルモンによって発症する脱毛症で、薄毛の箇所は頭頂部や前頭部ではなく一面に至ります。「びまん」とは一面に広がるという意味で、その通り頭皮全体が薄毛になってしまうのです。「男性と同じAGAでいいのでは?」と思いますが、男女で症状の現れ方が違うので区別する為にそう呼ばれています。

円形脱毛症

AGAが有名になるまではこの円形脱毛症が最も有名な薄毛のタイプとして挙げられたのではないでしょうか?病名の通り何らかの原因で円形に髪が抜け落ちてしまいます。10円ハゲと表現されることもあり、気付かないうちに発症していることもある非常に厄介な脱毛症です。

これは女性に限らず男性にも起こりますし、年齢も老若男女問いません。原因はストレスによって起こるとされているのが定説でしたが、近年は自己免疫疾患の1つではないか?という説が有力となっています。脱毛の面積が小さければ自然に治癒するとされていますが、円の面積が大きくなったり、度重なる再発は治療が必要となるため軽く考えずに、医療機関で相談をするべきでしょう。

牽引性脱毛症

髪の長い女性に多く見られます。髪を引っ張る(牽引)行為が長い間に渡って行われる事で起こり、女性ならではの脱毛症と言えるかも知れません。ポニーテールにしたり、髪をきつくしばり過ぎてしまうと毛根がダメージを受け、分け目や生え際が薄毛として現れます。対策としては髪型を変えることが最も大事です。その際は当然強い力のかからない髪型を選びましょう。

分娩後脱毛症

この脱毛症もあまり聞き馴染みがありませんが妊娠や出産が出来る女性だけに起こる脱毛症です。妊娠中や出産時にはホルモンバランスが大きく変わります。その間に一時的ですが薄毛になる事があり通常は1年とかからずに治癒すると言われています。ですが高齢出産の場合は治癒までに時間がかかってしまう。または完治しない事もあるため注意をしなければなりません。対策としては生活習慣を正しいものにしていったり、不足しがちな栄養を積極的に取ることで改善していきます。

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因

女性の薄毛は男性のようにホルモンが関係するものもありますが、多くは自身の生活に気をつければ防げるものが多いです。特に近年の女性は社会における影響も大きくなっており、抱え込んでしまうストレスも以前からの比ではありません。そのためさまざまな不調が体に起こり、女性ホルモンの分泌が少なくなったり睡眠が十分の取れなかったりと次第に変化が出てくるのです。

自覚したときにはすでに進行している場合も多く、女性特有の症状(婦人病など)や各脱毛症による薄毛が発症したりなど悪影響しか与えません。また加齢によってもホルモンの分泌は少なくなってしまいます。生物としては当然の事ですが歳を重ねていくことでも様々な問題が起きてしまい、大きな悩みとなることも珍しくありません。

加齢

年を取れば人間、いや、生物である以上衰えは必ず起きます。もちろんそれは女性でも例外ではありません。細胞の入れ替わりである新陳代謝の低下、女性ホルモンの分泌量が低下するなど様々な機能が衰えていきます。その結果として薄毛になって現れる事があり、悩みのタネとなることも考えられるのです。

栄養不足

近年では女性も仕事へ取り組む比重が大きくなってきています。その理由により生活習慣が変わるのは致し方ないとはいえ、食事に対する観念も変わり、惣菜や外食で済ませる方も多くなってきました。そうなるとやはり栄養バランスが乱れがちになってしまいます。また塩分過多、脂肪過多など何かに偏りがちになり何らかの症状として現れる事があるのです。その1つが薄毛で、改善にはバランスの良い食事や髪に良いとされる食物を積極的にとっていくことで可能となります。

ストレス

栄養不足と被ってしまいますが生活の上で仕事の比重が大きくなってきたことで、様々なストレスが生じホルモンバランスを崩したり睡眠不足になることで薄毛が起きてしまう事があります。特にFAGAは若年層にも多くなってきているといいます。原因にはストレスが大きく関係しているためです。生きていくためには仕事をすることももちろん大事なのですが、休みの日には思いっきり息抜きをし、ストレスの解消をしなければ絶対に解決しない問題です。たまには力を抜き自身を甘やかしてあげましょう。

頭皮の状態

頭皮の状態はどうなっていますか?これは男性にも言えるのですが、固くなっている場合血行不良が起きていると考えられます。血液の中には栄養素が含まれており髪の成長にも欠かせません。血行が悪ければ当然栄養不足となりひどい場合は薄毛として現れてしまうのです。改善は頭皮マッサージや姿勢の悪さを正すこと。そしてパソコンやスマートフォンの見すぎに注意しましょう。眼精疲労も頭皮のコリに繋がっていくためです。

薄毛改善方法

薄毛改善方法

現代を生きる女性に起きることが多くなった薄毛。生活習慣が主な原因となり、これよりご紹介する方法を試せば良い方向に向かっていくはず。その改善方法について説明して参ります。すぐに出来る事もありますし、何かを使う場合もあるのであらかじめ用意をしなければなりません。

特に何かを用意し薄毛を改善するために便利なのが通販。海外医薬品を扱っており、日本ではなかなか購入出来ない製品がたくさん揃っています。まずは女性にとっては特に重要な要素である事を改善していく方法をご説明していきます。

女性ホルモンを補う

びまん性脱毛症、あるいは女性男性型脱毛症(FAGA)や分娩後脱毛症を発症する主な原因はホルモンの乱れにあります。男性とは違い女性ホルモンが無くなる事は無いため完全にハゲてしまう事はありません。しかし女性には耐えられない薄毛として進行してしまうので、その対策として女性ホルモンを補うことで改善していきます。

特にエストロゲンが髪の生成に関わっていますのでこれを増やしていけば問題は解決していくのです。最も早く女性ホルモンを補充する方法としてはやはりホルモン剤。ただ使用した場合に髪が生えてくるのか?という臨床結果はまだ無いようです。服用したい場合は医師の指導の元に行ってみると安全に出来ると思います。

食生活を改善

男性の薄毛でもそうですが女性の薄毛に関しても食生活は大きく関わってきます。体を構成するために栄養分を取るわけなのでもちろん髪に対しても同じことが言えるわけです。何度か申しておりますが近年の女性は生活の中で仕事の比率が高まっていますので、食生活は乱れがちです。また甘いものが好きだったり過度なダイエットなど、栄養が偏ってしまうことも多々あります。そういった点からも見直す事が必要なのです。

髪に良い食品・食事を挙げていきますと大豆製品が最もおすすめ!イソフラボンはエストロゲンに類似している成分として有名です。大豆製品を食べることでバランスが整えられるでしょう。しかもタンパク質も含まれているので髪の生成に関してもより効果が見られます。

その他はアミノ酸を多く含む肉類・牡蠣・卵など積極的に食べていきましょう。もちろんこれらばかりではなく野菜などバランスを意識して下さい。先程紹介した大豆製品も多くのアミノ酸を含有しているので忘れずに。ビタミンやミネラルも女性の薄毛に効果がありますので合わせて取っていきましょう。

まずビタミンB群も髪にとっては非常に良い成分です。レバーやカツオなどが多く含まれています。ビタミンCは血管を丈夫にしてくれる成分なのでこちらも。また免疫力を高める・肌を綺麗にしてくれる事でも有名なので毎日取っていきたい成分です。柑橘類、赤・黄ピーマン、ブロッコリー、パセリなどいくつもあります。ビタミンEにも血流を良くする効果があるのでナッツ類(クルミなど)、ウナギ、魚卵、あとは植物油もいいそうです。ひまわり油や紅花油などおすすめ。

ミネラルでは亜鉛が特に良いとされています。なぜならタンパク質の合成に必須であるため。多く含む食品としては肉類(特にレバー)、魚介類、卵、チーズ、そして大豆製品なども挙げられます。これらを毎日バランスよく、というのは難しいので不足しがちな栄養分に関してはサプリメントで補うのも良いでしょう。ただし手軽なため過剰摂取をしないよう気を付けて下さい。

シャンプーで頭皮を綺麗にする

ホルモンバランスもそうですが頭皮の環境を整えなければ炎症を起こしやすくなり抜け毛につながります。そこでシャンプーを変えてみることも検討してみましょう。合うものが見つからなければ頭皮の健康は保たれません。最近では特に「ノンシリコン」が謳われています。シリコンは少量であれば髪のツヤやサラサラな状態を維持してくれますが多い場合、頭皮トラブルに繋がる可能性もあります。そしてよく言われるのがアミノ酸系のシャンプー。こちらも頭皮に良いとされているので選ぶのであればぜひ使うことを検討してみて下さい。

洗い方も工夫してみましょう。ただ付けて洗えば良いのではなく、正しい方法で行えば頭皮ダメージが少なくなりそれに伴い抜け毛も減っていくはずです。簡単に順序を説明していきますので今日から実践していきましょう。

特にすすぎはしっかりと行って下さい。髪の長い方は特にこの点に注意です。洗い残しは頭皮トラブルになりやすいのでここはしっかりと意識します。その後はコンディショナーやトリートメントでケアをして、こちらもまたすすぎ忘れの無いようにしてしっかりと乾かしていきましょう。

ニゾラルシャンプー

突然ですが女性が発症する脱毛症はFAGAだけではありません。先程挙げた例はあくまでも薄毛改善のための方法であり、発症はそこまで無いという話ですが「脂漏性皮膚炎」の場合、それに適したシャンプーを使わなければなりません。なぜなら真菌(カビ)によって発症するため。フケが多かったりかゆみがおさまらなければその可能性は高いです。毛穴に脂が詰まり炎症を起こしてしまいます。

普通のシャンプーではなく「ケトコナゾール」という真菌の増殖を抑える成分が配合されているシャンプーでなければ改善が出来ないため、もしも発症してしまった場合は今使っているシャンプーから変える必要があります。中でも有名なのがニゾラルシャンプーです。殺菌効果が高く、過剰に繁殖を抑えます。また育毛効果もあるようなのでダメージを負った髪に対して良い効果をもたらすのです。

ケトコナゾールは医薬品成分なので医療機関で処方されなければなりませんが、「海外医薬品の通販」なら処方箋を持っていなくても購入する事が出来ます。時間があまりないという方は「選んで代金を支払うだけ」で購入出来る通販の利用がとても便利です。

ヘアカラーやパーマを控える

おしゃれの一環としてヘアカラー、またはパーマをかけることは当たり前になってきました。それは別にかまわないのですが過度に行いすぎれば頭皮や髪に大きなダメージを負ってしまいます。カラー剤やパーマ剤は成分が非常に強いのでどうしてもダメージが与えられてしまいます。もしかけ直したいのであれば1ヶ月は最低でも空けるようにして下さい。出来れば2ヶ月間は間隔を空けてもらいたいです。

特にセルフは手軽に出来るためしがちですが、ヘアサロンなどで行えばより優しいカラー剤で行ってもらえるので少々高く付くかもしれませんがそういった場所で行うのがおすすめです。またその後のケアについても注意しましょう。特にカラー、パーマを行った後はしっかりと頭皮ケアを行って下さい。

ストレスを溜めない

ストレスによってホルモンバランスが崩れたりするため、特にFAGA(女性男性型脱毛症)が近年発症しやすい脱毛症として挙げられています。仕事でもそうですし、専業主婦の方が育児に追われてストレスが溜まるなどどんな要素でも注意しなければなりません。適度な運動は血流の改善にも良く、もちろんストレス解消には最も良い方法です。

また睡眠不足や食事バランスの崩れもストレスが解消しない悪い方向に繋がるので、生活習慣の見直しも重要です。実行するのはなかなか難しいかもしれませんが、一度に取り掛かるのではなく少しずつやっていくという方法を実施してみて下さい。他には趣味を作り休日に没頭するなど、いつもとは違った刺激を与えるとうまく解消が出来るのでぜひ試してみて下さい。

女性用の育毛剤を使う

抜け毛が増えたりして頭皮が寂しくなる=薄毛がはっきりと分かる場合には育毛剤を使って髪を強くしたり、発毛効果のあるものを選んで髪を増やすことが重要です。もちろん頭皮環境を整えた上での話になるので、髪に良いシャンプーやストレスの軽減も合わせて行えばより効果がアップするでしょう。いくつもある育毛剤の中でおすすめの製品をご紹介しますので、何を使えばいいのかわからない方はぜひ参考にして下さい。きっと薄毛の改善が見られるはずです。

ロゲイン

ロゲイン

ロゲインは男性専用と思われていますが、実は女性用のロゲインも販売されています。もちろん含有されている成分はミノキシジル。女性用は男性用よりも含有量が少なく、副作用は起きにくいので一層安心して使えるでしょう。

ただ女性が発症する脱毛症はホルモンバランスによるものが多いので、ホルモンバランスを整えてくれる育毛剤も一緒に使ってみてください。

パントガール

パントガール

日本ではあまり知名度がありませんが、海外(特にヨーロッパ)では有名な女性用の育毛剤です。医薬品ではなくサプリメントなのですが効果に期待が出来るとのことです。ロゲインのような外用薬ではなく内服なので簡単に使う事が出来ます。FAGA(女性男性型脱毛症)や分娩後脱毛症でお悩みの方は特にパントガールの使用がおすすめです。

有効成分はパントテン酸カルシウム、L-シスチン。髪を作るためには欠かせない成分として知られています。

ルグゼバイブ

ルグゼバイブ

パントガールと並び有名な女性用の育毛剤のルグゼバイブ。こちらも医薬品ではなくサプリメントになります。女性にとって嬉しい成分が凝縮されているプラセンタエキス(馬プラセンタ)を始め、パントテン酸カルシウム、L-シスチン、コロストラムも配合されています。ちなみにコロストラムは出産後24~48時間に出る初乳のこと。普通の牛乳よりも栄養素が高く、髪に良いビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

そういうわけでルグゼバイブにも抜け毛予防や髪質を高めるといった効果と、発毛にも期待が持てる育毛剤です。FAGAや分娩後脱毛症などの改善に有効です。副作用に関しては特に報告がありませんので安心して使用が出来ます。効果を高めるにはやはり生活環境の改善やストレスの軽減も一緒に行う必要があるので実践してみましょう。

プリオリン

プリオリン

プリオリンも女性用の育毛サプリメントです。あのバイエル薬品が販売しているため、非常に効果に期待が出来ます。パントガール、ルグゼバイブと同様に有効成分にはパントテン酸カルシウムとL-シスチンが配合されています。発毛・育毛を促し抜け毛やそれに伴う薄毛を防いでくれる効果があるので、改善に導いてくれるでしょう。

パントガールには配合されていないミレットエキス(雑穀エキス)が配合されており、この成分は育毛効果に期待が持てる成分として今非常に注目されています。もしもパントガールで効果が現れなければプリオリンに切り替えてみて下さい。

スピロノラクトン

利尿剤として有名な「アルダクトン」の有効成分です。心不全や高血圧の治療に用いますが、女性ホルモン作用も持ち合わせているため、にわかに育毛剤として注目を浴びています。女性の薄毛はホルモンバランスが関係することが多いため、スピロノラクトンで育毛、そして発毛効果を高められるのです。

本来は利尿剤ですから、排尿のサイクルがとても早くなってしまいます。仕事中や外出中の使用は控えてください。かなりの回数行くことになりますので。アルダクトンは医薬品となり、医療機関や海外医薬品の通販を利用て手に入れましょう。

早めの薄毛対策で明るく美しい女性に

まず何と言っても見た目に現れるためコンプレックスになってしまいます。好きな髪型にも出来ないですし、人の目が気になってしまうため休日どころか仕事に行くのも嫌になってしまうかもしれません。近年では中高年だけではなく、若い女性にも多く見られる薄毛。ただ、男性に比べれば抜け毛の原因となる男性ホルモンの量が薄いので、的確な治療を行えば治りやすいた育毛サプリメント、育毛剤を使い早めのケアを行いましょう。

また育毛剤を使うことももちろんですが、生活習慣の改善、そしてストレスの軽減を出来るだけなくしましょう。これらが女性ホルモンのバランスを乱してしまう原因になってしまいます。また女性に多い冷え性なども頭皮の血流に影響しますので、体を温める食べ物や食品を食べて育毛環境を整えて下さい。

まずは自身がどの脱毛症になったかを把握し、的確な改善方法を実施することが重要です。もし分からないことがあれば医療機関で相談をし、こんな症状が出ていると分かれば通販を使ってサプリメントや育毛剤を購入して改善していきましょう。

正しい頭皮ケアは育毛シャンプーで!

正しい頭皮ケアは育毛シャンプーで!

薄毛に悩む多くの方に共通しているのは「頭皮環境の問題」も挙げられるのではないでしょうか?AGAはホルモンバランスの乱れが原因なのですが、その抜け毛に拍車をかけるのは頭皮環境だと思います。抜け毛予防、そして育毛・発毛のためにミノキシジルなどの育毛剤を使う事は薄毛改善の大前提ですが、頭皮ケアも同じタイミングで取り組むべきでしょう

その頭皮ケアでまず思い浮かぶのはシャンプー。しかしただやみくもに行えば良いのではなく、頭皮の事が考えられた優しい成分のシャンプーを選ぶこと。さらにいえば「育毛シャンプー」の使用をおすすめ致します。一般的なシャンプーよりも値は張りますが育毛促進にも期待が出来るので薄毛改善が捗るでしょう。

たかがシャンプーと侮ってはなりません。しっかりと取り組めば良い方向に向かっていくはず。絶対に悪い事ではありませんよ。その手助けになるおすすめの育毛シャンプーもご紹介しますのでぜひ頭皮ケアの参考にして下さい。

頭皮ケア(スカルプケア)とは?

スカルプケアという呼ばれ方も非常に浸透している頭皮ケア。その方法には何種類かあり、最低でも1つは実行してみましょう。地道ですが毎日行う事で頭皮環境を整える事ができ、抜け毛を減らす事に繋がります。冒頭でも挙げましたが特にシャンプーはやりやすさ、頭皮へ直に影響するのでかなり重要です。

頭皮ケアは抜け毛予防もさることながら、フケの予防、炎症(かゆみなど)の予防など様々な頭皮トラブルを回避する事が出来ます。その原因としてひとつ挙げられるのが皮脂。悪者だと思われる存在ですが落とし過ぎも頭皮トラブルの原因になるのでうまくコントロールしなければなりません。

頭皮ケア(スカルプケア)の方法

頭皮ケア(スカルプケア)で最も簡単に行えるのはシャンプーです。まず最初に意識してみましょう。合わせてその他の方法も取り入れると効果も上がるはず。血行の促進に役立つ頭皮マッサージはシャンプーと同時に行えるのでおすすめです。

ミノキシジルの効果を思い出してみて下さい。血管拡張作用により育毛効果をもたらしますよね?血の巡りというのは酸素や栄養を運び込むためにとても重要です。それがうまく出来なければ髪に必要な栄養も足りなくなり、成長させる事が出来なくなってしまいます。

その他の方法は生活環境を変える事です。今の状況を一度見直してみましょう。そしてもし体に悪いと思っている事をやっているのであれば変えなければなりません。それは大抵悪い影響を及ぼしますよ?どういうところを変えていけばいいかのか?いずれの方法について説明をしていきましょう。

シャンプー

シャンプー

最も簡単に行え、かつ効果も期待出来る頭皮ケア(スカルプケア)がシャンプー。皮脂汚れを落とすためには必要不可欠であり、これが正しく行われていなければ抜け毛が増えてしまうかもしれません。特に合わないシャンプーを使い続けていると頭皮トラブルが起きやすくなります。

「毎日洗っているのにかゆみが続く」「フケがおさまらない」といったお悩みを抱える方はまずシャンプーを変えてみましょう。その際は頭皮環境を整えてくれるスカルプシャンプーがおすすめです。洗浄力は市販のシャンプーより弱い低刺激の物が多く、必要以上に皮脂を落としません(中には洗浄力が強いものもある。

そしてスカルプシャンプーには育毛促進に期待出来る成分が配合されているものもあります。それがいわゆる「育毛シャンプー」です。髪にいい成分はいくつもありますが、その中でも目を引くのがなんとミノキシジルが配合されている育毛シャンプーもあるのだとか。

他にも抗真菌作用を持つシャンプーにも育毛が期待出来る事が判明しています。こちらは比較的洗浄力が強いので合わない場合は使用を中断するようにして下さい。冒頭でもお伝えしましたがこれら育毛シャンプーの詳細は後程ご紹介致します。

頭皮マッサージ

マッサージも簡単に出来る頭皮ケアの1つです。毎日続けることで頭皮環境の改善、さらにアンチエイジングにも期待が持てるのだとか。血行が良くなるので頭皮も健康になるということでしょう。ツボを押すことでさらに効果が高くなるので試してみましょう。

薄毛にも良いとされるのが百会(頭頂部)、天柱(首の後ろ)というツボ。適度に刺激してあげましょう。もちろん爪は立てず、力を入れすぎないようにして下さい。また専門のサロンへ行きマッサージを受けても良いかもしれません。少々お値段は張りますがやはりプロの技は違います。たまのご褒美として行ってみるのも気分転換になるのでおすすめです。

間違った頭皮ケア(スカルプケア)

間違った頭皮ケア(スカルプケア)

頭皮ケア(スカルプケア)は正しい方法で行わなければ逆効果になります。薄毛改善どころか抜け毛が増えてしまう可能性もあるので、間違った知識で行うのは危険です。上記に挙げているような正しい方法を覚えて実行しましょう。

ただしその正しい方法でもやり方を間違えていれば、薄毛に繋がってしまう可能性がありますので気を付けましょう。それでは頭皮ケアを行う上で、間違った方法についてご説明致します。もしこの方法が当てはまっていたのであれば今日から頭皮ケアの方法を変えていって下さい。

合わないシャンプーを使い続ける

まずはシャンプーの際に注意する点です。洗浄力の強すぎるシャンプーでは皮脂を落としすぎてしまうので頭皮が乾燥しやすくなります。フケの原因となるので、洗浄力のマイルドなアミノ酸系シャンプーを使いましょう。その他少し価格は高いですが育毛シャンプーもおすすめします(アミノ酸系シャンプーも多いです)。

抜け毛の症状がAGAではない

真菌(カビ)が原因で起こる脱毛症があるのですが、その際は専用のシャンプーを使って下さい。後程ご紹介するニゾラルシャンプーが該当します。AGAとは原因が違うのでプロペシアなどの育毛剤では治療出来ない点に注意です。もしも炎症(かゆみやフケ)がおさまらなければ真菌による脱毛症を発症している可能性が高いので一度医療機関へ行かれることをおすすめします。

過度な刺激を与える

続いて頭皮マッサージを行う際の注意事項です。マッサージの際は爪を立てないように注意をして下さい。頭皮が傷ついてしまうからですね。特に薄毛が進行している方はとてもデリケートな状態になっているので優しく扱わなければなりません。また力を入れすぎるのも逆効果です。ちょっと痛く感じるけど気持ち良い力加減で行いましょう。

ブラシやマッサージ用の器具を使う際も気を付けなければなりません。加減を間違えてしまうと自分の手で行うより容易に頭皮が傷ついてしまいます。慣れていない場合は特に起こりやすいと言われているので、心配であれば自分の手で行うマッサージを継続したほうが良さそうです。

頭皮ケア(スカルプケア)に最適なシャンプーの方法

薄毛改善のために使うシャンプーの選び方と製品(育毛シャンプー)をご紹介しましたが、それだけではいけません。正しいシャンプーの方法(洗い方)も知っておく必要があります。皆さん多少気は使われていると思いますが、本当に正しい手順で行っているでしょうか?実際は違っているかもしれませんよ?

間違えたシャンプーの方法を続けたままだと抜け毛の量は減りません。むしろ知らない間に頭皮を傷付けてしまったいることさえあるのです。そこで正しいシャンプーの方法を行い頭皮環境を改善していって下さい。まずは簡単にその方法をまとめ、その後1つ1つ要点をご説明しましょう。

最適なシャンプーの方法のチェック・実行

それでは先程まとめた内容を順番に沿ってもう少し分かりやすく説明して参ります。必ず各項目全てを実行して下さい。出来ていないと思われるところは意識して直していきましょう!

1.ブラッシング

髪をセットする時、あるいは入浴後にはされると思いますが入浴前に行うブラッシングも重要です。知らないうちに髪はもつれ絡んでしまうので、それを梳いておくと洗いやすくなります。単純に指通りが滑らかになるからですね。目の粗いブラシが良いようなので用意をしておきましょう。

ブラッシングを行わないと、シャンプーの際結構力を入れて髪の間に指を入れて洗っているはずです。もちろんそれは髪・頭皮にも伝わります。特にAGAは髪自体が弱っているので抜け毛を起こしやすくなってしまうのです。ちょっと面倒でも習慣にして下さい。これは薄毛の方に限りません。男性、女性とも有効なので覚えておきましょう。

ただ髪の短い方はブラッシングをしなくても問題ないので、次のステップから実行していって下さい。またジェルやスプレーで髪をセットされている方も次のステップから実行します。髪が梳けないですし、無理に力を入れると抜けてしまうからです。

2.シャンプーをする前にお湯で頭皮を洗う

それではいざシャンプーを行いましょう!の前に、まずはシャワーでしっかりと頭皮を洗います。実はこのシャワーの段階で頭皮の汚れの大半は落ちるのだとか。数年前に流行ったお湯シャンのような感覚で頭皮を洗い流しましょう。ささっと濡らすだけではだめです。

その際はもちろん力を入れすぎず、爪を立てないように。頭皮にストレスをかけないように流していって下さい。目安は2~3分ほど。これもまた薄毛の方に限らず、健康な男性・女性も行うと頭皮の負担を減らす事が出来るのでおすすめです。

3.シャンプーをする際の注意事項

では今度こそシャンプーをしていきましょう。手の平に取りそのまま洗う…のはいけません。そのまま頭皮へ付けて洗うのは非常にまずいです。泡立っていない状態から行うわけですからその分時間も長くなってしまいます。

それに余計な力が入っているかもしれません。極力頭皮へのダメージを抑える必要がありますので、必ず泡立ててから洗うようにして下さい。泡立てネットを使うか、もしくは少量の水を加えしっかりと泡立てましょう。

実際にシャンプーを頭皮に付けて洗う際にもいくつか注意するべき点があります。まずは余計な力を入れないことと、爪を立てないようにすること。頭皮のダメージを防ぐためです。そして時間にも気を付けます。1分程度でいいそうなので、時間をかけていた方は少し短くしましょう。

4.流し残しがないようにしっかりすすぐ

最後はすすぎです。もしかすると一番重要な項目かもしれません。なぜならば、シャンプーの流し残しが日常化してしまうとそれが蓄積し、毛穴に詰まっていくので頭皮が傷む原因になってしまいます。いくら頭皮に優しい育毛シャンプーであろうがそれは変わらないです。

次第に炎症を起こすようになり、結果として抜け毛が増えて薄毛になる可能性が高まります。そのためしっかりとすすいでシャンプーを洗い流して下さい。[2.シャンプーをする前にお湯で頭皮を洗う]でもご説明した、2~3分ほどかけてしっかりと流しましょう。コンディショナーやトリートメントを使ったも同様に、しっかりとシャワーで洗い流して下さい。

頭皮ケアの後は育毛剤で薄毛改善

頭皮ケアを行う理由。それは育毛剤を正常に、そしてその効果を高めるために行います。頭皮ケア、シャンプーだけでは当然は薄毛改善は出来ません。あくまでもそれを補助するために行います。ただ、頭皮ケアを行った場合と行わない場合では差が出てくるので必ず行いましょう。

育毛剤は非常に沢山の種類がありますが、厚生労働省から「医薬品」として承認されているものは極わずかです。個人差によるので絶対髪が生えるわけではありませんが、使われる70%以上の方が薄毛改善を実感出来るといいます。

ミノキシジル・プロペシア・ザガーロがまさにその育毛剤で、それぞれ特徴があります。また組み合わせることにより相乗効果が生まれるため、うまく使えばより髪を増やす事が出来るでしょう。ではそれぞれの育毛剤をご紹介致します。

育毛シャンプーで頭皮ケア(まとめ)

頭皮ケア(スカルプケア)を侮ってはなりません。きちんと習慣づけることで抜け毛は減らせます。また育毛剤を使った時の効果も正しく現れてくれるでしょう。シャンプーやマッサージなど、直接頭皮に行う頭皮ケアはもちろんのこと、生活習慣の見直しも髪に影響してくるので良くないと思われる事は控えるべきです。

シャンプーに関しては市販されているシャンプーは強い界面活性剤が使われているものが多いので炎症を起こしやすくなり、抜け毛が増える原因にもなります。そこで育毛シャンプーと呼ばれている頭皮に優しいシャンプーに切り替えましょう。そしてシャンプーの仕方を正しい手順で行うことで抜け毛を抑える事が出来るので薄毛改善を考えるのであればぜひ選んでみて下さい。

育毛シャンプーは通販を利用して購入をします。普通のシャンプーより少し価格は高めですが頭皮ケアをするのであればやむを得ない出費です。と言ってもしばらくの期間使えますからそう身構えなくても大丈夫です。通販は育毛剤も販売しているので、合わせて購入すると薄毛改善が捗りますよ。

pagetop