title

バスパー(ブスピロン)の効果効能

バスパーの副作用

バスパーの副作用

バスパーは不眠症の改善の他に不安、うつ病といった症状を和らげる効果のある抗不安薬です。デパスやハルシオンとは違い即効性というのはありません。ですが、即効性がない分依存性も少なく比較的安全な薬とされています。

副作用が少ないといっても個人差があり、体質的にはバスパーが合わないという方も存在します。もし副作用が発症してしまい、全く治まらないという場合はすぐにバスパーの服用を中断し、医師へ相談するようにしましょう。

バスパーを服用することで主に起きてしまう副作用は
めまい
眠気
頭痛
神経過敏

といったところです。

バスパーを服用の際は副作用をよく把握しておくようにしましょう。また正しい服用方法を守らなければごく稀にですが重大な副作用を招いてしまう危険性もありますので服用方法は必ず守るようにしてください。

過剰なアレルギー反応がある方がバスパーを服用してしまうと上記で挙げていない副作用を招いてしまう危険性があります。そのような方は一度医師と相談してからバスパーを服用するようにしましょう。

バスパーを服用した後に車の運転など機会の操作はしないようにしましょう。強い眠気が副作用としてあらわれてしまった場合、事故に繋がる可能性もありますので十分注意してください。

バスパーの依存性

バスパーは副作用も少なく依存性がデパスやハルシオンに比べてかなり少ない安全な薬です。デパスの代わりとして、ハルシオンの代わりとしてバスパーを服用している方も多いです。

デパスやハルシオンはベンゾジアゼピン系の薬と分類されており、ベンゾジアゼピン系の薬は依存性がとても高い事で有名でした。

依存性が強い薬の条件として効果が強く、半減期が短いという条件があります。バスパーの場合は効果は強いですが、半減期は長いため、依存性がとても少ないと言えます。

バスパーの離脱症状

バスパーは依存性も少ないため離脱症状もかなり少ない薬です。ですが、離脱症状にも個人差があり体質によっては減薬、断薬した際に症状が出てしまう可能性があります。

主に報告される離脱症状としては
不眠
不安
筋肉痛
震え
頭痛
吐き気
食欲不振

などです。

どの薬にも言える事ですが、常用薬として服用していた薬を無理に断薬してしまうと脳がパニックになり身体に異常を起こしてしまい、離脱症状が起きるのです。

離脱症状を抑えるためには少しずつ減薬していくことが大切です。時間はかかるかもしれないですが、自分に合った形で減薬していくようにしましょう。

バスパーとの飲み合わせで重大な副作用が起きる

バスパーは基本的にはとても副作用の少ない薬とされています。ですが、飲み合わせに注意しなければ思わぬ副作用を招いてしまう危険性がありますので注意しましょう。

バスパーの飲み合わせが悪い薬としては下記の薬になります。

バスパー以外の抗不安薬、睡眠薬
鎮痛剤や鎮静剤
筋弛緩剤
喘息薬
アレルギー薬
風邪薬
精神安定剤
抗ヒスタミン剤

上記のような薬とバスパーを併用してしまうと効果をより一層強くしてしまう比例して副作用も強く出てしまい危険性があります。また、バスパーで起きてしまう副作用以外も発症してしまう危険性がありますので必ず併用は避けるようにしましょう。

バスパーの効果

バスパーの効果

バスパーは睡眠薬として使用されることも多いですが、元々はアザピロン系の非ベンゾジアゼピン系に分類される抗不安薬です。

そのためバスパーは入眠障害といった不眠症以外にも不安感、緊張感、焦燥感などに効果を発揮する薬です。睡眠薬としても抗不安薬としても役割を持っているのでどちらにも使用することができます。

有効成分にはブスピロンという成分を含んでいます。このブスピロンはセロトニンの濃度を高め活発化させることにより、ドーパミンやノルアドレナリンなどの量を増やしてくれます。

ドーパミンやノルアドレナリンが増え、働きが高まり安定することで神経を落ち着かせ、不安、緊張、憂鬱な気持ちなどを抑制してくれます。

不眠症の原因としても様々ありますが、特に多いのが不安が押し寄せて寝れなくなってしまうという方です。そのような方の場合はバスパーを服用することで脳内の興奮が抑えられ、不安が和らぐのでバスパーの服用はとてもおすすめと言えます。

効果はゆるやかに効いてくる特徴があり、服用しはじめてから1週間~2週間程度経つことでしっかりとした効果を実感できると言われています。

効果の持続時間は約12時間~24時間です。ですが、これには個人差もありますので体質によっては短かったり長かったりします。

バスパーの半減期

半減期というのは薬の血中濃度が半分になるまでの時間です。つまり薬を服用してから最大限の効果が発揮して半分になるまでにどれくらいかかるのかということです。

バスパーの半減期は約6時間~7時間程度とされているので服用してから6時間~7時間の間に効果が半分になると考えておいて良いでしょう。だからといって必ずではありません。服用する方それぞれの体質によって左右されるということを頭の中に入れておきましょう。

バスパーはデパスの代わり

バスパーはデパスの代わり

バスパーはデパスが向精神薬となったため代わりの薬として使用している方が大勢います。デパスとは違い副作用、依存性、離脱症状どれも少なくなっています。ですが効果は強く、抗不安薬としてじゃなくとも睡眠薬としての効果も期待できます。

デパスを睡眠薬として使用する場合は主に入眠障害を改善するためでした。それはデパスの効果が強く、半減期が短いため、入眠障害を改善するにはぴったりだからです。ルネスタという睡眠薬も即効性が高いためデパスの代わりとしてよく使用されています。

ですがバスパーは先程も説明したように副作用も少なく安全性も高いですがデパスやルネスタと比べる若干即効性が低い印象をもたれます。即効性は低いといっても入眠障害にはとても効果的です。

そのためデパスを入眠障害の改善のために使用していた方ならバスパーはとても合うかと思います。

また、同じく向精神薬となっているアモバンやハルシオンの代わりとしても使用することができます。

バスパーのジェネリック

バスパーにはジェネリックという薬があり、これは成分、効果、副作用、服用方法など全てバスパーと同じでかなり安く購入することが出来る薬です。

ですがバスパーのジェネリックは病院で処方される事は一切ありません。日本国内では認可が降りていないためです。そのため購入を考えている方は通販を利用しましょう。

バスピン

バスピン

バスパーのジェネリックで一番有名な薬といったらバスピンです。バスパーのジェネリックとなっているため成分はブスピロンを含んでおり、効果、副作用、服用方法は全てバスパーと同じです。唯一違う点で言えば値段です。

バスパー10mgは1箱50錠入りで約6,000円~7,000円程度でした。ですがバスピン10mgの場合は1箱100錠入りで約5,000円程度です。

1錠単価にするとバスパー10mgは1錠約120円~140円程度。バスピン10mgの場合は1錠約49円程度となります。半分以上の値段の差があります。

また、バスピン5mgになると1箱200錠入りで5,400円程度で販売されています。1錠単価にすると約27円です。

バスピン10mgをピルカッターなどで半分にカットする事でもっとお得になります。

この値段で新薬のバスパーと成分、効果が全て同じというのでバスピンを購入したほうが断然お得ですね。

バスパーの服用方法

バスパーは睡眠薬として服用するか、抗不安薬として服用するかで服用方法が異なってきます。

睡眠薬として服用する場合は1錠~3錠を1回寝る前に服用しましょう。寝る前の直前に服用すればバスパーの血中濃度が最大に達する時間を逃さしません。確実に睡眠改善の効果を得るためにも必ず服用方法は守るようにしましょう。

また毎日服用しなくとも、眠れない時にのみ服用でも大丈夫です。そこで重度な不眠症ではないのに毎日服用していると断薬した時に離脱症状があらわれる可能性がありますので注意してください。

抗不安薬として服用する場合は1日1回~2回、1錠~3錠を1回につき服用しましょう。1回の最大量というのは60mgまでと決められています。またこちらも症状があらわれた時にのみ服用でも大丈夫です。

バスパー服用の際の注意点

バスパー服用の際の注意点

バスパーは副作用の少ない薬ですが、服用方法を間違えたりしてしまうと危険な副作用を招いてしまう可能性があります。バスパー服用の際に注意しなければならない事をまとめましたので頭に入れておきましょう。

飲み忘れた分の服用

バスパーは睡眠薬としてと抗不安薬としての服用方法は異なってくるというのは説明しました。飲み忘れたからといって飲み忘れた分を服用するといったことは控えるようにしてください。

飲み忘れ分も服用してしまうと思わぬ副作用を招いてしまう危険性があります。1日の服用量に決まりがあるので必ず守るようにしてください。

服用後の運転は避ける

バスパーは副作用としてめまいや眠気といった事が起きる可能性があります。そのためバスパーを服用後に運転をしてしまうと、めまいや眠気が襲ってきて事故に繋がってしまうかもしれません。そのような事態を避けるためにも服用後に車の運転などはせず、安静にするようにしましょう。

妊婦や授乳中の方は服用禁止

妊婦の方や授乳中の方がバスパーを服用するというのは安全が確認されていません。そのため、バスパーを服用したことで思わぬ副作用を招いてしまう危険性があるため、妊婦の方や授乳中の方はバスパーの服用を避けるようにしましょう。

グレープフルーツとの併用

バスパーを服用中にグレープフルーツを摂取してしまうとバスパーの効果を半減させてしまう可能性があります。効果を半減させると共に大きな副作用を招いてしまう危険性もありますので注意しましょう。また、グレープフルーツのジュースでも同じ事が言えますので必ず併用しないようにしてください。

飲酒は控える

バスパーの服用中に飲酒してしまうとグレープフルーツと同じで効果を半減させてしまう可能性があります。こちらも効果を半減させると共に大きな副作用を招いてしまう危険性がありますので注意してください。アルコールが好きな方は辛いかもしれないですが、バスパーの最大限の効果を発揮させるためにも我慢するようにしましょう。

バスパーの通販

バスパーはデパスやハルシオンとは違って向精神薬には指定されていません。そのため病院やクリニックで処方される他、通販でも購入することが可能となっています。

また通販の場合はバスパーのジェネリックも取り揃えているのでかなり安く購入することもできます。

バスパーは薬局やドラッグストアには販売されていませんので通販といってもamazonや楽天などでも購入することは不可能です。

購入するには個人輸入代行の通販を利用しなければなりません。大手通販以外を利用したことがないという方でも購入方法としては何も変わらないので簡単に注文することができます。

バスパーの値段

バスパーは1箱50錠入りで約6,000円~7,000円程度です。これは10mgの値段となります。この値段で1回に1錠~3錠服用するため1ヶ月程度しか持たないでしょう。

ですが、バスパーのジェネリックならばもっと安く購入することができます。先程バスパーのジェネリックとして説明したバスピンの場合は1箱100錠入りで約5,000程度程度です。こちらも10mgの値段となります。

バスパー10mgの場合は1錠120円~140円程度。バスピン10mgの場合は1錠約49円程度となります。半分以上も値段の差があり、効果も同じならバスピンを購入したほうが経済的と言えるでしょう。

また、バスピンは5mgの販売もされています。こちらは1箱200錠入りで約5,400円程度です。1錠単価では約27円となります。

軽度の不眠症ならばそこまで用量も必要とされていないのでバスピンの5mgを服用するだけで効果を十分に実感できるでしょう。

バスパーの効果は世界の医者が認めている!

バスパー

バスパーとは有効成分ブスピロンと主成分としたうつ症状・不安障害・睡眠障害のかたが抱える不安や緊張、不眠症状、興奮状態、あがり症といった症状を抑制し、改善する効果をえられる非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。 国内では抗不安薬というとデパスが有名ですが、日本だけではなく世界的にみると医者の処方する頻度が高く、精神系以外の全ての薬物を合わせたランキングでも40位くらいに入るほどの人気な薬です。

バスパーの効果

バスパーの効果は有効成分となるブスピロン塩酸塩の作用により、うつ症状や不安障害やあがり症の症状を改善します。また不眠症などの睡眠障害にも効果があります。

ブスピロン塩酸塩の効果

バスパーの主成分となるブスピロン塩酸塩は5-HT1A-受容体作動薬であり、うつ症状といった気分の低下に関与するセロトニン5-H1A受容体をピンポイントで活性化させ、気分や神経のたかぶりといった内容を抑制します。同時に人間の幸福や快感、意欲などに関係するドーパミンやノルアドレナリンの神経伝達物質のはたらきを高めます。

バスパーの即効性

パスバー即効性(薬を服用後効果があらわれるまでの時間)ですが、服用後すぐに効果があらわれるわけではなく、服用し続けることでゆっくりと徐々に効果があらわれる薬になります。デパスやデパスのジェネリックのエチラームは頓服薬としても使われるくらい即効性に優れた薬でした。これらの薬と比較をすると即効性に欠けると感じるかもしれません。

バスパーの睡眠誘発効果

バスパーの睡眠誘発効果ですが、一般的に不眠の状態に陥る場合は生活の中で不安や心配ごとを抱え、そのことが気になり気持ちや神経がやすまることができず、興奮状態で寝付けないことが多いです。

バスパーはこの状態になっている脳内の神経物質に効果的に作用し、高ぶる神経を抑え不安や緊張の状態をリラックスさせます。気持ちや神経の状態がやすまることで睡眠誘発効果をもたらします。

このようにバスパーはブスピロン塩酸塩の効果により心配や不安、うつ状態の症状を緩和させて、逆に幸福や快感、意欲を高め、うつ症状や不安症状、睡眠障害の症状を和らげます。

バスパーの半減期

バスパーの半減期はおおよそ6時間~7時間となるため、効果の持続時間はおおよそ12時間~24時間くらいです。
効果を実際に体感できるのは服用をはじめてから1週間から2週間ほど経過したころからとなります。

半減期とは

半減期とは薬を服用した時点から薬の成分が血液中の最高血中濃度に達し、その後血中濃度が半分まで低下する時間のことです。

半減期の時間は、汗をかいたり、食事や運動をしたりで変動するため個人差があります。

バスパーの特徴

バスパーは非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬となります。
非ベンゾジアゼピン系は薬の効果がちゃんとあり、重い副作用になりにくい特徴があります。

ベンゾジアゼピン系に属すデパスは即効性や効果も高い薬です。そのぶん副作用として耐性や依存性になる可能性が高い薬でした。

バスパーは抗不安効果もきちんと備えて安全性が高く、耐性や依存性に非常になりにくい薬です。 また、筋弛緩作用もあらわれにくく、転倒・ふらつきといった副作用になりにくいのが特徴です。

バスパーの副作用

バスパーの副作用についてですが、基本的に副作用の症状がおこるリスクはとても少ないです。しかし、全くないということではなく下記の症状が起こることがあります。

これらの副作用には症状が起こる、起きない、強い、弱いなどの個人差があります。
もし、服用後に身体の調子がおかしいと思ったら医師に相談をしてください。

バスパーの依存性

バスパーは依存が起こりやすいベンゾジアゼピン系の薬ではないため、副作用も少なく、依存になる可能性も低いです。ただし、まったくないというわけではありません。
服用時の摂取量が多かったり、服用期間が長いほど依存になる確率は高まります。そのため、自己判断にて過度な服用をしないように注意が必要です。

バスパーの離脱症状

バスパーは離脱症状が起こりづらい薬になります。
離脱症状とは、日常的に服用していた薬の服用を急にやめたり、服用する量を急激に減らした場合に起こる症状です。これは薬の成分が体内に入ってくることがあたりまえとなってしまっている状況で、急に服用をやめたり減らしたりした場合に、状況の変化に対応ができずに起こってしまいます。

離脱症状があらわれやすい条件としては、

とこのような内容があります。

バスパーは効果が強すぎる薬ではありませんので、よほど長期にわたって服用をしていたり、過剰な量を服用していなければ離脱症状が起こる可能性は低いです。

バスパーの注意点

バスパーの注意点ですが、日常的に抗うつ剤や安定剤を使用している場合には副作用が強く出てしまうため服用できません。また、服用時に定められた量や服用回数を自分の判断で多くしたり減らしたりなどと変えると副作用の症状があらわれやすくなるため気をつけましょう。

車の運転や機械類の操作

バスパー服用後は眠気やめまい、立ちくらみ、そして神経が過敏になることがあるため車の運転や機械類の操作は控えることが望ましいです。

アルコールやグレープフルーツ

服用中にアルコールやグレープフルーツ(ジュースも同じく)を摂取すると薬の効果が下るため、こちらも服用時には摂取しないようにしましょう。

授乳中や妊娠中の方

妊娠中であったり授乳中の方、乳幼児や高齢の方や腎臓や肝臓に病気のある方は、安全の確認がされていないため服用は控えましょう。

バスパーの併用禁忌薬について

抗不安薬であるバスパーには服用時に併用してはいけない薬があります。

パーキンソン病の薬で使われているモノアミン酸化酵素阻害薬や抗ヒスタミンとは併用はしてはいけません。
また常時抗うつ剤や安定剤を使用している人も併用すると副作用が強く出ることがあるため服用しないでください。

バスパーのジェネリック薬

抗不安薬のバスパーにはジェネリックがあります。
ジェネリックもバスパーとおなじ有効成分ブスピロンが主成分となるためほぼ同じ効果を得ることができます。 後発薬であるジェネリックなので同じ効果でも価格がとてもお得になっています。

製造するメーカーの違いによって価格に差異はありますが、先発薬であるバスパーとほぼ同等の効果があります。

バスパーのジェネリックは以下となります。

バスパージェネリック(バスポン)

バスパージェネリック

抗不安薬バスパーのジェネリックです。
有効成分ブスピロン塩酸塩を主成分とし、効果・副作用などはほぼ同等です。
薬の価格は成分量5mgで1錠あたり約60円弱となります。

バスピン(バスパージェネリック)

バスピン

抗不安薬バスパーのジェネリックです。
有効成分は同様のブスピロン塩酸塩です。効果、副作用はバスパーと同等です。
薬価は成分量により異なりますが、5mgで1錠あたり約30円弱です。

バスパージェネリックの通販

バスパージェネリックは個人輸入代行の通販で購入できます。
国内でバスパージェネリックは厚生労働省の認可が下りおらず、薬局や一般的な通販サイト(楽天やアマゾン)では購入が出来ません。
ただし、個人輸入代行の通販であれば注文し購入できます。

通販での購入(個人輸入代行について)

個人輸入の通販ですが、使ったこがない人はあやしいと思うかも知れません。
個人輸入というのは個人での使用に限り海外から直接購入ができる内容です。個人が海外のお店と直接やり取りをするには言葉やそのほかにもなにかと手間がかかります。個人輸入代行者はあいだに入り手間となる部分を代行してくれる方になります。

通販サイトを利用のしかたは楽天やアマゾンといった有名なネットショッピングと同じように行えるため、難しいことはなく注文ができます。

病院で受診をし、処方箋を出してもらい、薬を手に入れる流れと比較をすると、通販であれば病院に行かずともパソコンやスマートフォン操作で簡単に注文ができ大変便利です。
薬価についても病院での処方よりも安価で購入できます。

バスパージェネリックとデパスの違い

バスパーのジェネリックとデパスの違いについてわかりやすくまとめてみました。

この内容から有効成分が異なりますので薬の作用の仕方は異なりますが、ともに抗不安薬なのでほぼ同じ症状に効果があります。

効果の強さや即効性はデパスのほうが高いです。そのぶん副作用や依存の症状になるリスクも高くなります。バスパージェネリックはマイルドな効果となりますが、安全性が高く副作用になりづらいところや経済的な部分で利点があります。

薬の効果については症状の度合いによって異なりますので、即効性や効き目が強いというだけで選ばずに自分の症状にあった治療薬を選ぶことが望ましいです。

バスパーのまとめ

バスパーについて書いてきましたが、まとめるとバスパーはうつ症状や不安や緊張、あがり症を和らげる抗不安薬としての効果や、睡眠障害の改善効果を得られる治療薬です。

ストレスで精神状態を悪化させてしまい、それが原因で不眠状態が続いてしまうと心身共に疲れてしまい症状がさらに悪化してしまいます。

服用したことのない方には抵抗があるものだと思いますが、バスパーであればゆっくりとした効果で副作用を過度に考えずに症状の改善につなげられます。

病院へ出向くことに抵抗がある方にはお得通販で購入することもできるので、症状を良い方向へ向けるための一つの選択肢として考えてみることも良いかもれません。

バスピンとは

バスピンは不安障害全般や、緊張、不眠といった精神的な疾患の改善に効果がある抗不安薬バスパーのジェネリックになります。

バスピン

バスパーと同じ有効成分ブスピロン塩酸塩を主成分として作られているため、ほぼ同等の効果を得ることができます。
ジェネリックであることから薬の価格がお求めやすくなっていることもあり、抗不安薬のジェネリックの中でも人気のある薬です。インドにあるインタスファーマ社から販売されています。

バスピンの効果

バスピン

バスピンは非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬になります。日々の仕事やさまざまなことで抱えてしまったストレスや気持ちの落ち込みなどからおこる不安や緊張の症状、また、これらが原因で起こる不眠症状の改善にも効果があります。

抗不安薬で知名度の高いデパスやエチラームはエチゾラムを成分としたベンゾジアゼピン系の薬であり、効果が強く、即効性もありましたが、そのぶん副作用や耐性、依存性といった症状になってしまうことがありました。バスピンはデパスとは異なる非ベンゾジアゼピン系の薬となるため副作用などのリスクは非常に少なくなっています。

効果や即効性についてですが、バスピンは服用後睡眠効果はすぐにあらわれますが、その他の効果はすぐにあらわれるわけではなくマイルドに効果があらわれてくるタイプとなります。

バスピンの副作用

バスピンは副作用が非常に起こりづらく安全性の高い薬です。個人差はありますが服用することで起こるとされている副作用は以下の症状となります。

これまでよく処方をされていた抗不安薬は効果が強いが、副作用のリスクも高いベンゾジアゼピン系の薬が主流でした。しかし、ベンゾジアゼピン系は副作用だけでなく、続けて服用していくことで薬に慣れてしまい耐性がついてしまったり、薬に依存してしまう依存性の症状になるリスクがありました。

バスピンは非ゼンゾジアゼピン系の薬となるため、耐性や依存性のリスクがほとんどありません。 そのため安全性が非常に高い治療薬となります。

バスピンの購入方法

バスピン

バスピンの購入方法ですが、国内ではまだ認可が下りていない薬なので、薬局などでは販売されていないため購入することができません。購入する方法は個人輸入代行者が行っている通販サイトから注文をすることです。

個人輸入の通販サイトであれば、海外医薬品であるバスピンを日本国内で注文ができて、購入することもできます。個人輸入の通販サイトではバスピン以外にも必要とせずに国内では購入ができない海外医薬品を処方箋を必要とせずに購入することができるのでとても利便性の高い通販サイトになります。

バスピンの価格

抗不安薬であるバスピンには薬の成分量が5mgのものと10mgのものがあります。成分量により値段は多少の前後をしますが、いずれも購入しやすく経済的負担が少ない薬となります。

価格は5mgが27円。10mgが49円です(いずれも1錠あたりの価格)

バスピンの服用時の注意

バスピンの服用時の注意点ですが、服用し始めは5mgからスタートするようにする方が良いです。そして1日に服用できる最大の量は60mgとなるため注意しましょう。

バスピンを服用すると薬の効果で眠気が起こります。服用するタイミングはすぐに寝付ける就寝前をおすすめします。また、服用した後に車の運転や機械類の操作をすると事故につながる恐れがあるため、しないことをおすすめしますが、やむえない場合は細心の注意を心掛けましょう。

バスピンの併用禁止薬

バスピンを服用する際に、以下の薬の服用がある方は危険となるため服用を避けた方が良いでしょう。

上記の薬の服用がある方は一度医師に相談をし、確認をしてから服用するようにしてください。

バスピンはデパスの代わりに使われている

抗不安薬や睡眠薬として有名なデパスの成分であるエチゾラムは向精神薬に指定されたため、通販サイトでデパスやエチラームを購入することができなくなってしまいました。

パスピンはデパスと同じ抗不安効果や睡眠効果を持つ抗不安薬なので、通販購入することのできなくなったデパスの代用薬として選ぶかたが増えてきています。

他にもデパスの代わりとして使われている薬は以下になります。

グランダキシン

グランダキシンはベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。抗不安効果としてよりも自律神経調整薬として使用されています。

グランダキシン

ソナタジェネリック

睡眠薬ソナタのジェネリックです。
即効性があり抗不安効果、睡眠導入効果があります。

ソナタジェネリック

バスパージェネリック(バスポン)

バスパーのジェネリックになります。マイルドな効き目で安全性が高い抗不安薬です。

バスパージェネリック(バスポン)

セディール

セディールはこれまでの抗不安薬とは作用基準が異なる。アザピロン系抗不安薬です。デパスとは作用基準が異なる薬で耐性や依存性がおこらず安全性が非常に高い薬です。

セディール

上記の治療薬の抗不安効果、睡眠効果などがデパスの効果に近いことから代わりに検討されている薬になります。うつ病の治療には抗うつ剤であるレクサプロパキシルエビリファイなどの利用が向いているでしょう。

pagetop