title

【チャンピックス通販】amazonでの購入方法

チャンピックスで禁煙成功

チャンピックスを使った禁煙方法

私が実際に禁煙に成功した方法というのがこのチャンピックスという禁煙補助薬を使用した禁煙方法となります。チャンピックスというのは禁煙外来でも処方されるほど効果が高いと認められているもので、ニコチンパッチやニコレットよりも高いとされています。チャンピックスを使用した8割の方が禁煙に成功したと報告があがっています。

過去に3回も禁煙に失敗した私がチャンピックスを使用しただけで簡単にタバコを辞めることが出来たので、とてもおすすめと言えます。

「何回も禁煙に挑戦してみたけどダメだった…」

「禁煙したいけどどんな方法をどればいいのかわからない」

という方はチャンピックスを使った禁煙方法を1度チャレンジしてみる価値はあるかと思います。

チャンピックスは禁煙外来でも処方はされますが条件があり、その条件に達さなければ保険適用外となってかなりの高額となります。1日のタバコの量が少ない、1度禁煙外来に通ったことがあり失敗しているという方は保険適用外になる可能性が高いです。

チャンピックスというのは禁煙外来以外にも通販を利用することで簡単に購入できます。通販の場合は保険適用外となった禁煙外来よりも安く購入することが出来ますので、気になっている方は1時度チェックしてみても良いかもしれません。

実際のチャンピックス体験談

私がチャンピックスを使った禁煙方法を知ったのはたまたまネットサーフィンをしていた時にたまたま見つけました。禁煙外来で処方されると知ったのですが、禁煙外来となると通院も必要となってくるので自分のタイミングでやりたい私は通販でチャンピックスを購入しました。

その時はもう3回禁煙に失敗していた時で、「この禁煙方法でダメならもう無理だ」と思ってチャンピックスが最後の砦のような気持ちでしたね。

注文したチャンピックスが無事届き、早速禁煙開始です。ただ、チャンピックスは使用しはじめて7日間はタバコを吸いながらの服用で大丈夫なのです。

ただし最初の1週間だけです。8日目からがチャンピックスを使用した禁煙方法の本番と言うんですかね。そこからはタバコを全部捨てて一切吸ってはいけません。

チャンピックス使用1日目

チャンピックスというのは先程も説明したように、最初の1週間はタバコを吸いながらできる禁煙方法となっています。そのため、いつも通りタバコを吸いながらチャンピックスを服用していました。

ただ、チャンピックスを服用したからなのかこの時でいつもとは違う味に変わっていたような感覚がありました。だからといってすぐに禁煙することはせず、そのまま1箱吸っていました。

正直「これで本当に大丈夫なのかな?」と思うくらいでしたね。もしかしたら使用方法間違えてるのかな?とは思いましたがとりあえず様子を見ようと1日目はいつもの生活に加えてチャンピックス1を服用するだけでした。

チャンピックス使用3日目

チャンピックス使用3日目には1日目と同じようにタバコを吸いながら使用していました。1日目と比べると、やはり若干ですが「タバコの味が変わってきてる?」という感覚はありました。

チャンピックスを使用する前と比べると「タバコ自体の美味しさが半減」したような感覚ですね。それに加えてヤニクラも少し現れてきたので自ずと吸う本数も少なくなってきました。

この時にはもうタバコを吸うことでだるさや吐き気が出てきたのでタバコを受けつかない身体になったんですかね?でも無理して禁煙するよりもタバコ自体を嫌いになったほうが簡単に禁煙できそうです。

チャンピックス使用1週間

ようやくチャンピックスを使用して1週間が経ちました。ここからは完全に禁煙しなければなりません。チャンピックスを使いはじめて少しずつ「味が変わってきている?」「以前よりもまずくなった」と感じました。

この調子なら簡単に禁煙できそうだなと思ったんですが、まだまだ気を抜いてはいけません。タバコを吸いたいという欲求は以前よりも少なくなりましたが、これから完全に禁煙すると決意の1本を吸ってタバコとライターを捨てました。

チャンピックス使用8日目

ここからが禁煙の本番です。1本も1口も吸ってはいけません。以前までと比べたらタバコを吸いたいという欲求はかなり減っていましたが、0というわけではなかったですね。

ただ全然我慢出来る程度ではあったので、そこまで苦しいものではありませんでした。8日目からはチャンピックスの服用量も変わり、朝と夕方の2回になりました。

チャンピックス使用10日目

ニコチンというのは身体から抜けるのに2日~3日程度かかると言われています。ちょうどタバコを辞めて3日なのでこの時は結構苦しかったですね。仕事中でもかなり眠気が出てきたり全然集中出来ませんでした。

タバコを吸いたいという欲求も出てきてしまい、一番苦しかった時かもしれません。なんとか気を紛らわそうとガムを永遠に噛んでましたね。さすがに仕事がある日に禁煙はしないほうが良かったなと後悔してしまいました(笑)

チャンピックス使用1ヶ月

なんとか我慢できて1ヶ月が経ちました。正直吸いたいという気持ちがなくなったわけではありませんが、そこまで強い欲求というのは出なくなった時ですね。

「ここまでくればもう安心かな~」なんて思っていたんですが、チャンピックスの服用はまだまだ続きます。「もういいだろう」と中断してしまうと悲惨な結果を生むことは分かっていたので、絶対に飲み忘れはなく毎日飲んでましたね。

それとこの時まではまだ飲み会とかの誘いは全部断ってました。タバコを吸いたくなる状況はなるべく避けたほうが良いですからね。私の場合は上司や同僚に最初から「禁煙します」と宣言していたので、皆分かってくれていました。

チャンピックス使用3ヶ月

この時はもう吸いたいという気持ちは全くありませんでした。ですが、油断したらいつタバコに手を出してしまうかわからなかったので、口が寂しくなったらガムを噛んで気を紛らわせていました。

禁煙をはじめた方のほとんどが3ヶ月くらいできっぱり辞めれたと自覚できるのではないでしょうか。チャンピックスもフルで3ヶ月分となっているので、ここで終了です。

ですが、私の場合は油断すると「1本くらいなら…」と思ってしまいそうだったので、まだここでは禁煙成功とは言わず、気を引き締めてまだまだ禁煙に取り組んでいました。

チャンピックス使用6ヶ月

6ヶ月も経てばまずタバコを吸いたいとは思いません。逆にタバコが嫌になってきます。過去に3回も失敗した私でもここまで続ける事が出来たので、チャンピックスには本当に感謝ですね。

正直、チャンピックスを使用している中でもタバコを吸いたいと思う場面は多々ありましたが、それでも我慢出来る程度だったのでここまで禁煙することができました。

チャンピックスを服用しなくなった今でもタバコを吸いたいという欲求はなくなったので、苦もなく過ごせるかと思います。タバコを吸いたいと思う状況の飲み会などでも私は一切吸いたいと思わなくなりました。

禁煙成功したと上司や同僚に報告したのですが皆びっくりしていました。周りからは私は絶対禁煙できない人だと思われていたみたいです。そんな私でも簡単に禁煙を成功させる事が出来たのでチャンピックスは是非おすすめします。

チャンピックスで禁煙のまとめ

チャンピックスは非常に簡単に禁煙できる禁煙補助薬です。過去に3回も禁煙に失敗した私でもこの通り、禁煙できました。現在でも禁煙成功から2年程経っているのですがタバコを1本も吸ってません。

むしろ、タバコが嫌いになるくらいにまでなっています。禁煙したことで周りの環境なども一新され、楽しみが増えた気がします。もし禁煙を考えているけどどんな方法をとっていいのか分からないという方であればチャンピックスを使った禁煙方法をおすすめしますね。

禁煙で実感できた効果

禁煙の効果

禁煙の効果といってもどのような効果があるのかわからないという方も多いと思います。実は分刻みで禁煙の効果というのは表れてきます。少しですが、説明していきます。

金銭面が楽になる

金銭面が楽になる

私のように1日1箱吸っている方ならば、単純計算で1ヶ月でも1万以上は浮くんです。喫煙者の頃はなんとも思っていなかったのですが、今考えたら月にこんな使ってるとなると馬鹿らしくなってしまいます。

味覚や嗅覚が治る

喫煙時と比べると味覚がかなり改善されました。今までは細かい味の違いはわからなかったのですが、今でははっきりと味がわかるようになりました。そのせいか喫煙時と比べて5kg程太ってしまいました。タバコを吸って空腹を紛らわすみたいな部分もあったのですが、禁煙してからは紛らわすものがないぶん少々食べすぎてしまったのかと思います。また、嗅覚もかなり改善され、タバコの臭いははっきりとわかります。喫煙者の方はタバコの臭いに全く気づかないというのが大半ですが、禁煙するとタバコの臭いというのは嫌でも分かってしまいますね。そのせいか、タバコが本当に嫌いになってしまいました。

目覚めが良くなる

目覚めが良くなる

禁煙すると目覚めがよくなると良く言われていますが、これも本当でした。今まで嫌々起きてた部分もあったのですが、禁煙してからはスッキリと起きれるようになりました。正直目覚めがよくなるという部分に限っては半信半疑な面もあったのですが、実感できるほど変われました。

肌にツヤやハリが戻る

これは自分では気付かなかったのですが、禁煙してからは周りから良く言われていました。ちょっと見ただけであきらか違いが分かるほど変わったらしいです。肌のくすみなども取れているらしく、総合的に肌が若返っていると言われました。女性の方等で肌を気にしている方がいたら禁煙を始めてみるのも良いかもしれないです。

薄毛が治る

薄毛が治る

これは自分でも違いが分かる程改善できました。禁煙を始めて髪の毛が増えるというよりかは抜け毛がなくなるといった感じでした。少し髪の毛をかきあげると数本抜けていたのですが、禁煙してからはかなり減りました。また、コシが出てるような感じが実感できました。薄毛で悩んでいる方などいたら禁煙から始めるのも良いと思います。もしかしたらあのまま喫煙し続けていたら将来は禿げていたのかもしれません。ここで禁煙しておいてラッキーでしたね。

禁煙の効果のまとめ

禁煙の効果としては金銭面、味覚や嗅覚、目覚めの改善、肌のツヤやハリが戻ったり薄毛が治るといった上記に挙げた以外にもいっぱいあると思います。ただ、デメリットとなると全くと言っていいほどないですね。まさに百害あって一利なしです。禁煙というのは成功するだけで自分にメリットがある他、副流煙もなくなりますので周りにもメリットがあるといえます。ほとんどのメリットが目に見えて分かるようなものばかりです。禁煙をした時のメリットを挙げるだけでも禁煙への第1歩になるでしょう。

禁煙成功率

今では禁煙ブームとなっており多くの方が禁煙にチャレンジしています。ですが実際に禁煙の成功率というのはどのくらいなのでしょうか。

禁煙をはじめて1年後も禁煙出来ているという人は全体の約6%程度しかいないそうです。1年間禁煙できていれば禁煙成功といえますので全体の約6%程度しか禁煙に成功していないという結果ですね。

周りでは意外と禁煙に成功してる方が多かったのでこの数字には正直驚きました。これほど低い数字なのかと。

チャンピックスやニコチンパッチ、ニコレットなど1ヶ月、3ヶ月の短期間では一定の効果をあげています。ですが、禁煙補助薬を使わなくなったとたんに精神力で禁煙を維持することとなります。

我慢できるのであれば大丈夫ですが、1年後にはだいたい3人に2人が我慢できずにタバコを吸ってしまっているというのが現実です。

禁煙というのは禁煙補助薬の期間を終えたら成功ということではありません。タバコを吸いたくなっても我慢できる、もうタバコが吸いたくなくなったという気持ちになることで禁煙成功とはじめて言えるでしょう。

女性の禁煙は難しい

厚生労働省が調査した成人喫煙率の結果によると男性の場合は平成10年には約50%、平成26年には約32%と約20%近く落ちていることがわかります。ですが、女性の場合は平成10年が約11%、平成26年が約8.5%と約2%近くちか落ちていません。元々喫煙者の母数も男性の方が多いので同じように比較するというのは難しいですが、数字を見ただけなら男性よりも女性の禁煙の方が難しいと分かるでしょう。それではなぜ男性よりも女性の禁煙の方が難しいのかいくつか記事を見てまとめましたので目を通してみてください。

ホルモンバランスにより左右される

女性の場合はエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの状態によって身体の中が全て変わってきます。生理が来れば疲れやすく、精神的にイライラしやすい状態となっています。そのためこの期間に無理矢理タバコをやめるというのはとても難しいことと言えます。禁煙を始めた場合必ずこの時期を乗り越えなければなりません。ここで禁煙失敗してしまうという方も多いようなので注意しなければなりませんね。

感情に左右される

女性は男性とは違い感情で生きています。男性はタバコが身体に悪いと理論的に納得することができれば禁煙を決意することが出来ますが、女性の場合はなかなかそうもいきません。例えるなら食べれば必ず太ると分かっていてもつい食べてしまうという感覚と同じですね。タバコを吸うことでリフレッシュされる事を分かっています。その快楽を覚えると離れられなくなってしまうのです。女性の場合はタバコを吸った時の快楽が「タバコは身体に悪い」という理論を全て吹き飛ばしてしまう程感性が強いのです。

女性の禁煙開始におすすめなタイミング

女性が禁煙を開始するのにおすすめなタイミングは生理直後と言われています。理由としてはエストロゲンという女性ホルモンが優位になる時期だからだそうです。このエストロゲンというのは別名で幸せホルモンとも呼ばれているそうで、集中力を高めたり気楽な気持ちを作ったりしてくれるようです。このホルモンが優位になった時期に乗っかって禁煙を開始すればスムーズに禁煙を成功させる事が出来るかもしれないですね。

禁煙を失敗しないために

禁煙を失敗しないために

禁煙を失敗しないためにはタバコを吸うようなタイミングや場所を避けることが大切です。特に飲み会などではタバコに手を伸ばしてしまいがちになるので出来るだけ避けるようにしましょう。チャンピックスは通販でも売っているので病院に行くのが面倒くさいという方や時間がないという方は通販でチャンピックスを購入して禁煙に望むと良いでしょう。

また、習慣を変えることも大切です。例えば、朝起きたらタバコを吸うだったり、食後や寝る前に1本タバコを吸う習慣がついてる方は中々辞めることができません。そのため、そのような習慣を根本的に改善していくことが大切となっています。この様な形で習慣がついているとタバコを吸いたいという欲求がなくても自然と吸ってしまうことが多いです。私もチャンピックスを服用しながら、根本的な部分を改善していったので簡単に禁煙に成功することができました。まずは自分がいつどのような場面でタバコを吸っていることが多いのかを調べて禁煙に望むようにしましょう。

なぜ禁煙しなければいけないのか

禁煙はしたいと思っているけどどの方法を試せば良いのか分からないという方は多くいるでしょう。正直、一番いい方法というのはその方にしか分かりません。そこで、自分がなぜ禁煙をしようとしているのか考える事から始めましょう。健康のため、お金のため等理由は多数あると思います。自分がどうして禁煙を成功させたいのかハッキリと分かれば簡単に禁煙は成功します。逆に、なんとなく辞めたいという状態なら難しいと言えるでしょう。

チャンピックスは楽天やamazonでは買えない

チャンピックスは第1類医薬品となっています。そのため、楽天やamazonといった大手の通販サイトでは取り扱いがないため購入することはできません。また、ドラッグストアなどで市販薬としても売っていません。購入するには個人輸入代行サービスを行っている通販サイトを利用しなければなりません。聞いたこともない通販サイトを利用するのは怖いという考えもあるでしょう。私も最初は不安がありました。本当に送られてくるのか。偽物ではないのか?など。ですが、1回利用すればそんな不安もなくなりました。

私が利用したサイトというのは「お薬なび」という通販サイトです。日本語のサポートも充実しており、電話での問い合わせもあるので何かあった場合でも安心です。お薬なびで販売されているチャンピックスは「スターターパック」「2週間パック」「フルセット」の3種類があります。最初は「スターターパック」から始めてなくなったら「2週間パック」に移行という形です。「フルセット」はその2つがもう揃っているパックですね。私は完全に辞めようと意思があったのでこの「フルセット」を購入しました。少し高額と思うかもしれないですが、値段以上の効果が期待できるので絶対に買いですね。

amazon以外の通販

個人輸入代行の通販サイトは医薬品を多く取り揃えています。mazonや楽天といった大手通販サイトでは販売されていない医薬品があるので欲しかったけどamazonはおろか病院でも処方されなかったなんて薬も購入することができます。

チャンピックスの他にもニコチンパッチやニコレットがありますので自分に合った薬を見つける事も可能です。

amazon以外の通販は安全?

個人輸入代行サービスを行っている通販サイトで医薬品を購入するというのは今ではとても一般的なものと言えます。私も購入する前に色々と調べたのですが、その通販サイトの日本語が怪しかったり、電話サポートがない、他の通販サイトとくらべて明らかに薬価が安すぎるという通販サイトは注意したほうが良いそうです。確かにパット見で怪しすぎるサイトは利用しないほうがいいですね。そのようなサイトは商品が届かなかったり、届いたけど偽物だったなんてこともあるそうです。バイアグラの偽物が出回ってるなんてニュースも聞いたことありますし、注意しなければなりませんね。

逆に言えば、日本語がしっかりしていて、電話サポートがあるという通販サイトなら信用が高いと言えるでしょう。私が購入したサイト「お薬なび」ではそのような点はしっかりしていました。また、注文してから配送番号が届きます。その番号を入力すれば今商品がどこにあるのかも分かるのでとても便利です。なので商品が届くのか不安と思ってる方でも安心でしょう。調べてみると「お薬なび」は長年やっている通販サイトです。偽物が届いたなんて記事も見ませんでしたし、信用して大丈夫ですね。

amazonと同じ購入方法

個人輸入代行の通販といっても購入方法はamazonや楽天といった大手通販サイトと一切変わりません。

欲しい商品をカートに入れてご注文フォームへ行きます。

そこで自分の氏名、住所、電話番号などを記入して注文するだけです。これで注文は終了です。あとは商品が届くのを待つだけです。

注文する時に自分の自宅に送りたくない場合は郵便局留めもできますので利用してみても良いでしょう。

チャンピックスはどれがおすすめ

通販でチャンピックスを購入する場合は3種類が販売されています。自分の用途に合ったチャンピックスを購入するようにしましょう。

チャンピックス・スターターパック

チャンピックス・スターターパック

チャンピックス・スターターパックはその名の通りチャンピックスをはじめて利用する方向けのものです。内容量は0.5mgが11錠で1mgが14錠入っています。

最初の1週間は0.5mgで始めるようにしましょう。いきなり1mgを服用してしまうと体質的に合わない方の場合は強い副作用を招いてしまう危険性があります。

チャンピックス2週間パック

チャンピックス2週間パック

チャンピックス2週間パックは先程のスターターパックとは違い、内容量が全て1mgとなっています。スターターパックからの続きとして継続的に1mgを服用するようにしましょう。

最初の1週間は喫煙しながらでも大丈夫でしたが、2週間目からは完全に禁煙開始となります。2週間パックはその名の通り2週間分のみとなっていますので、3ヶ月間服用となるとその分のチャンピックスが必要となってきますので注意してください。

チャンピックス禁煙フルセット

チャンピックス禁煙フルセット

チャンピックス禁煙フルセットはスターターパックと2週間パックを組み合わせたものです。0.5mgと1mgが入っています。最初から確実に禁煙しようと考えているかたはこちらを購入したほうがいいかもしれません。

実際に私も最初からこのフルセットを購入して禁煙に挑みました。90日分入っていますのでこのフルセットだけで禁煙することができます。そのためこのフルセットが禁煙するには一番おすすめですね。

チャンピックスの通販でかかる費用

先程説明したチャンピックスの種類の値段はこのようになっています。

チャンピックススターターパック…6,400円
1錠単価…256円

チャンピックス2週間パック…6,800円
1錠単価…242円

チャンピックスフルセット…32,800円
1錠単価…198円

チャンピックスは約3ヶ月間服用し続けなければなりません。スターターパックは先程も説明した通り最初の2週間用のものなのでスターターパック1つで禁煙出来るというわけではありません。スターターパックを服用し終えたら2週間パックに移行しなければなりません。

2週間パックの場合は28錠、84錠、140錠の3種類があり、多くなればなるほど1錠での単価も安くなっていきます。

チャンピックスフルパックならそれ1つで3ヶ月分なのでそれ以上の費用がかかる事はありません。チャンピックスは1日2錠の服用なので、フルセットの場合は198円×2錠で396円です。1日396円かかるということです。

396円というとタバコ1箱よりも安いです。タバコを毎日1箱吸う方ならかなりお得と言えますね。

病院と通販の違い

チャンピックスは禁煙外来でも処方されると説明しましたが、通販で購入したほうがとてもお得と言えます。

例えば病院の場所が遠いとなると時間を多く取らなければなりません。病院の混み具合によっては1日休みを取らなければならないという事になりかねません。ですが、通販の場合はどこにいてもどんな時間でも購入することが可能です。

また、禁煙外来は保険が適用されない事もあります。その時は自由診療となり10割負担となるためかなり高額になってしまいます。保険が適用される条件も少し厳しい面がありますので、事前に調べておいた方が良いでしょう。

通販の場合は薬代だけとなりますので、保険うんぬんを心配する必要がありません。私も実際に「もしかしたら保険が効かないかも」と不安があったので通販にしました。

通販でのデメリット

チャンピックスは通販で購入するのはもちろんおすすめですが、通販にもデメリットがあります。それはチャンピックスを注文して自宅に届くまでに時間がかかってしまうことです。どうしても海外発送となってしまうので、1週間~2週間程度時間が必要となってきます。基本的には1週間程度で届くと思っていて良いですが、土日祝日だったり、税関の関係もあってか2週間ほど時間が取られる場合があります。そのため、日時を指定することはできません。この点が我慢できるという方ならば通販は向いてるといえます。実際に私はチャンピックスを通販で注文して10日くらいで届きました。

チャンピックスの通販と禁煙外来の比較

チャンピックスは禁煙外来でも処方されると説明しましたが、通販の利用と禁煙外来では値段の差はあるのでしょうか。

チャンピックスを禁煙外来で処方してもらう場合、全てが保険適用というわけではなく、条件があります。それは下記の通りです。

1、判定テスト(ニコチン依存症)が5点以上
2、(1日の喫煙本数×今までの喫煙年数)が200以上
(こちらは2016年4月から35歳未満にはなくなりました)
3、すぐに禁煙を始めたいと思っている
4、禁煙治療を受けると文書で同意している

上記の条件が満たされると判断された場合のみ保険が適用されます。また、保険が適用されたとなった場合は約3ヶ月かけての治療スケジュールが決まります。

大体この約3ヶ月間で出費の合計としてはニコチンパッチの場合は約12,00円、チャンピックスの場合ですと約18,000円程度となります。保険が適用されてこの値段です。

上記で説明した条件に満たされず、保険適用外となってしまった場合は最低でも50,000円~70,000円程度の費用となってしまいます。

正直、チャンピックスを通販で購入するよりも保険適用で処方してもらったほうが安いです。通販の場合は3ヶ月分のフルセットで32,800円となっています。この費用を払えば後は1円もかかりません。ちょっと試してみたいという方のためのスターターパックでは6,400円となっています。これは2週間分の薬が入っています。

しかし、保険適用外となってしまった場合は通販の方が断然安いです。もちろん各病院で値段の差というのはありますが、保険適用外の場合はどこも通販の方が安いと言っても良いでしょう。

また、禁煙外来の場合は専門の医師と相談しながら禁煙を進めていく形になるので通院の面倒もあります。その面を考えたら通販でチャンピックスを購入したほうが良いかもしれませんね。

チャンピックスを通販で購入したほうが良い人

チャンピックスは禁煙外来で保険適用された場合は通販で購入する方が少し高くついてしまいます。ですが、費用の面ではなくともチャンピックスを通販で購入したほうが良いメリットというは多くあります。禁煙外来よりも通販で購入したほうが良い人というのも存在しますので紹介していこうと思います。

過去に禁煙外来で失敗した人

過去に禁煙外来で失敗した人というのはもう一度禁煙外来へ行くと自由診療となりかなり費用が高くなってしまいます。そのような時は通販でチャンピックスを購入すると良いでしょう。

禁煙外来の初診日から1年経過していなければ再度保険は適用されないのです。そのため、過去に禁煙外来で失敗して初診日から1年経過しない内にもう一度チャンピックスで禁煙したいという方は通販を利用して購入しましょう。

チャンピックスを自由診療で処方してもらうのと通販で購入するのではかなりの値段の差がありますので、1度挫折し、もう一度禁煙に挑戦するという方は通販でチャンピックスを購入するようにしましょう。

自分のタイミングで禁煙したい人

通販の利点としてはいつでも自分の好きなタイミングで購入することが出来るという点です。病院処方であれば、その病院に合わせて足を運ばなければなりません。

忙しい方であれば休みをとって行かなければならないという事もあるでしょう。また、通院の必要性もあるので1回だけでは終わりません。そこが面倒だと感じるのであればチャンピックスは通販で購入したほうが良いと言えるでしょう。

私も実際にそんな時間は取れず、面倒だったので通販でチャンックスを購入しました。また、最初に禁煙外来へ行けても通院ができないという方もいます。

そうなると考えられるのは禁煙失敗です。禁煙失敗するとなると次は保険適用外の自由診療となってしまいます。それなら最初から通販で購入したほうが費用としてはお得ですね。

いつだって休みは取れる、だから通院も全然大丈夫という方以外は通販でチャンピックスを購入したほうが安心かもしれないですね。

喫煙でおこる症状

喫煙でおこる症状

タバコの煙には400以上の化学物質が含まれています。その中でもタール、ニコチン、一酸化炭素はタバコの3大有害物とも言われています。

タールには発がん物質、一酸化炭素には動脈硬化を促進させる作用が含まれています。喫煙者の中でも最も現れやすい症状というのが呼吸器系の症状です。
喫煙によって慢性気管支炎や肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患への危険が増大になり、肺機能検査により、閉塞性障害の頻度が高いということが観察されています。
また、循環器系の疾患も起こりやすいよ言われています。喫煙することで脳血栓やクモ膜下出血などの先進動脈硬化により起こってしまう閉塞や血塊が起こります。高血圧の方や高脂血症の方が喫煙しているとなると危険性というのは高まります。

女性で喫煙者の場合は性機能にも影響を及ぼしてしまいます。非喫煙者と比較すると不妊になりやすく、閉経も早くなってしまうため、更年期障害も非喫煙者の方と比べて早く訪れることとなります。

子供が早いふちからタバコを吸うことによって、ニコチン依存症になりやすく、意志も弱いため禁煙しにくくなります。そして、吸う年齢が早いほどがんや心臓病といった病気にかかりやすくなってしまうのです。
また、タバコを吸うだけで難聴や味覚、嗅覚の低下、脳萎縮や老化の促進などもみられます。

タバコを吸うことによりニコチンを摂取し、ストレス解消や気分が落ち着くといったことがあります。ですが、根本的な部分でいうとこれは間違いです。非喫煙者ならば体内からニコチンを摂取することができ、喫煙者の場合はタバコのみからの摂取となります。そのため、タバコを吸っていない時間にニコチン切れを起こしてしまい、イライラなどが起きてしまっているだけで、タバコを吸っていなければそんなことにはなりません。

その点から見ると、喫煙者になることでイライラを起こし、タバコを吸って気分を落ち着かせているということがわかります。喫煙者でなければそのようなこともありません。この部分に気付くとリセット禁煙というのもやりやすくなりますのでおすすめです。

タバコの依存症

タバコを吸っていて起きる1つの症状としてニコチン依存症というものがあります。依存症とつくくらいなので禁煙もとても難しいという事が分かります。

それではどのような状態なら依存症と呼ばれるのでしょうか。自分がニコチン依存症かどうかのチェック項目がありますので試してみましょう。

1.禁煙しようとして断念してしまったことがある
2.本数を減らす禁煙方法をとったときにどうしてもタバコが吸いたくなってしまったじことがある
3.禁煙を始めた時に禁断症状が出た
4.禁断症状を消すためにタバコを吸ってしまったことがある
5.自分が思っていた本数よりも多く吸ってしまったことがある
6.健康問題に異常が起きていると知っていてもタバコを吸うことがある
7.精神的に異常が起きていると知っていてもタバコを吸うことがある
8.身体に悪いと分かっていてもタバコを吸うことがある
9.タバコを吸える状況や場所を避ける事がある
10.タバコに依存していると自分で感じることがある

以上の10個になります。

この中で5個以上当てはまっているようであればニコチン依存症の可能性が高いとされています。この項目はTDSと呼ばれるニコチン依存症判定テストです。日本循環学会という団体が記載しているしっかりとしたチェック項目となっています。

私も昔は上記の8つ程度当てはまっているほどのニコチン依存症でしたが、チャンピックスで簡単に禁煙に成功することができました。自分はニコチン依存症だから禁煙は絶対に無理という事はありません。

ニコチン依存症だった私も禁煙中は禁断症状がでましたが、思っていたよりも簡単に禁煙することができました。禁煙は無理と諦めている方も1度チャンピックスを使用した禁煙にチャレンジしてみてはどうでしょうか。

チャンピックスの効果

チャンピックスの効果

チャンピックスはED治療薬で有名なバイアグラを販売しているファイザー社が開発した禁煙治療薬です。過去に3度禁煙に失敗した私でも禁煙成功できたほどチャンピックスは簡単な禁煙方法なので気になっている方はおすすめです。

チャンピックスはニコチンパッチ等のニコチンを取り入れるようなタイプとは違い、ニコチンを一切しようせずに、タバコを吸いたいという気持ちを減少させる薬となっています。
チャンピックスは神経伝達物質とニコチンが結合する前に酒石塩酸というものと結合させることで神経伝達物資の分泌を防止させます。そのため、ニコチンとは長時間結合させなくし、タバコを吸いニコチンが入ってきたとしてもただの煙として認識させるのです。
また、チャンピックスを服用し始めた最初の1週間は禁煙しても良いのがなぜかと言うと、いきなりニコチンが無くなってしまうと離脱症状が起きてしまう可能性があります。それを回避するために最初は喫煙しても良いとされています。
いきなりではなく最終的に禁煙を成功させようというのがチャンピックスでの禁煙方法となっています。ですので、私も簡単に禁煙を成功することができました。

主成分バレニクリンの効果

チャンピックスにはバレニクリンという成分を主成分として使っています。この成分はどのようなものなんでしょうか。いろいろと記事を見てまとめてみます。

まずタバコを吸うとニコチンが脳にある受容体と結合するようです。結合してしまうと開放感、快楽感といった気持ちをもたらしてくれるようです。そのため依存性強くなるのでタバコをやめることが難しい状況となります。

バレニクリンもその受容体と結合します。ということはチャンピックスを服用することでタバコよりも先に受容体と結合してくれるのです。その後にタバコを吸っても受容体は埋まっている状態で結合ができません。このような事からタバコに満足感が起きなくなり、美味しいと思う事もなくなるようです。

簡単に説明すると
開放感や快楽感を得るためには「受容体+ニコチン」が必要です。
「受容体+ニコチン」で依存性が強くなってタバコを辞めづらくなります。
チャンピックス服用で「受容体+バレニクリン」となります。
「受容体+バレニクリン」となっている状態だと受容体の空きがないため、タバコを吸っても「受容体+ニコチン」にはなりません。
「受容体+ニコチン」とならないためタバコがマズいと感じます。

こんな感じですね。

チャンピックスの副作用

チャンピックスの成功率

副作用は私も出ましたが、公式で言われている副作用としましては
吐き気、頭痛、上腹部痛、便秘、お腹のはり、普段と違う夢を見る、不眠等があります。

私が経験したのはこの中だと吐き気と頭痛ですね。3日目あたりから出てきましたが、そこまでひどいというものではありませんでした。

チャンピックスの副作用でうつになる

チャンピックスを服用し続けているとうつ病になってしまうという噂があります。私の場合は何も変化はなく禁煙に成功することができましたが、実際これは本当の話なんでしょうか。色々な記事を読んで調べてみました。

結果としては実際にうつ病になってしまうというのはあるようです。ですが、それはかなり低い確率です。海外ではごく一部の方に発症した副作用として衝動的な行為に至ったり、重い抑うつになったりと報告されているようです。

チャンピックスを服用することでうつ病になってしまうという因果関係はハッキリはしていないようですね。しかし、アメリカのFDAでは重大な結果を招く恐れがあるのではないかと注意喚起されているようです。

チャンピックスを服用してうつ病になるというのはかなり低い確率です。元々軽度のうつ病を持っていた方がタバコで気持ちを落ち着かせていたというのであれば、禁煙したと同時にうつ病になってしまうというのも少なくないようです。そこから考えるとうつ病になってしまうというのはチャンピックスを服用した時の副作用と一概には言えない気がしますね。

チャンピックスの成功率

チャンピックスの使用方法

気になる成功率で言いますと、禁煙開始からの8週目~12週目までの4週間でタバコを1本も吸っていない人の割合は78.5%と言われています。この割合から見て、約8割方の方が禁煙に成功してると言えます。
男女別の割合も出ており、
男性が79.1%
女性が76.6%と言われています。
男性の方がやや成功率が上です。
なぜ、女性の方が成功率が少し低いかと言うと、家庭内で喫煙者がいると成功率が下がってしまうという統計があります。そのため、女性は男性に比べて、喫煙者が家庭内にいるケースが多いため女性の方が少し成功率が低くなってしまっているのです。

チャンピックスの通販

チャンピックスは禁煙外来で処方してもらう以外にも通販で購入することができます。通販の場合は通院の手間もなく、薬代だけの出費となります。そのため、禁煙外来で保険適用外、自由診療だった場合は通販のほうが安く購入することができます。

チャンピックスとニコチンパッチの併用

原則としてチャンピックスとニコチンパッチの併用はNGとされているようです。理由としては副作用が別々で使用した時よりも強く出てしまう危険性があるからです。ですが、2014年に米国医師会雑誌であるJAMA誌で発表されている論文ではチャンピックスとニコチンパッチの併用といのはチャンピックスを単体で使用するよりも禁煙成功率が高いと報告されています。

チャンピックス単体でとチャンピックスとニコチンパッチの併用でどのくらい違うのか実際にアフリカ7施設で446人を対象に2011年~2012年に研究がされました。

結果としては24週経過した時点でチャンピックス単体の場合は約30%の方が禁煙に成功。ニコチンパッチを併用の場合は約50%が禁煙に成功したと報告されています。24週以降でもニコチンパッチと併用の場合は禁煙成功率がどんどん高くなっています。半年経過した時点での禁煙成功率はチャンピックス単体の場合は約46%に対し、ニコチンパッチとの併用の場合は約65%です。

チャンピックスとニコチンパッチを併用するのは効果もより一層強くなるというのが実証されています。

副作用も強くなる?

チャンピックスとニコチンパッチの併用がなで原則NGなのか、それは副作用が強く出てしまうからとお話しました。ですが実際はどうなのでしょうか。上記の実験中に多く報告されたものは吐き気や不眠などチャンピックスの副作用です。ですが、どれも誤差の範囲とされており、そこまで強くは出ていないというのがわかりました。

チャンピックスとニコチンパッチを併用することで明らかに変わったというのがニコチンパッチによる皮膚のかぶれだそうです。ニコチンパッチを単体で使用するよりも高い確率で出るようです。

チャンピックスとニコチンパッチを併用するとチャンピックス自体の副作用は強くならずにニコチンパッチの副作用が強く出てしまう傾向があるようですね。

併用しても大丈夫?

上記でお話した研究でわかるのはニコチンパッチの副作用が少し強く出てしまうという事です。ですが、効果もより一層強く、成功率も格段に上がっている事が分かります。実際重い副作用も出ていない事からチャンピックスとニコチンパッチを併用しても問題はなさそうです。

ですが、研究ではあまり副作用が出ていないといっても体質的に強く出てしまうといったこともありますので注意はしておきましょう。併用した場合に必ず副作用が出るということもありませんが、絶対に安全ということでもありません。副作用のリスクを減らしたいという方の場合はチャンピックスとニコチンパッチの併用はしないようにしましょう。

ZEROニコチンパッチなら併用可能?

ZEROニコチンパッチというのはニコチンを含まない新しいタイプの禁煙補助薬となっています。通常のニコチンパッチの場合はニコチンを外部から摂取し、徐々に摂取量を少なくしていくことで禁煙成功に導きます。ですがZEROニコチンパッチの場合はニコチンを含まないので併用しても副作用が強く出てしまうというリスクも少ないと言えるでしょう。

だからといって必ず副作用が出ないという事でもありません。多少なりともチャンピックス単体で使用するよりもリスクはあります。そこまで心配する必要もないと思いますが、チャンピックスとニコチンパッチの併用は原則NGとされているので併用しないようにしましょう。

チャンピックスの使用方法

チャンピックスは最初の1週間は服用しながら喫煙しても良いとされています。ですが、最初の1週間のうちに禁煙できるのならばそのうちにしてしまった方が良いと思います。
チャンピックスの服用方法としましては
1日目は0.5mgを食後に1錠服用します。食後ならいつでも大丈夫です。
2日目と3日目には初日とは違い、朝に0.5mgを1錠服用します。
4~7日目は0.5mgを朝と夕の食後に1錠ずつ1日2錠服用します。

8日目からは完全に禁煙となりますので、ここからはチャンピックスの量が0.5mgから倍の1mgになります。
禁煙を開始した8日目からは1mgを朝と夕の食後に1錠ずつ1日2錠服用します。
これを残りの11週間続けます。

もうそろそろいいかと言って服用を中断することは絶対にしないようにしてください。

チャンピックスを服用し続けて3か月経ったくらいにはもうタバコも吸わず、チャンピックスも服用しなくても苦ではなくなります。

チャンピックスの使用できない方

チャンピックスを使用することで副作用が強く出てしまう可能性があるため使用することができないという方が存在します。チャンピックスの公式サイトにも記載されている以下の方は必ず使用の前に医師に相談するようにしてください。

以前薬を飲み、かゆみ、発疹などアレルギー症状が出たことがある方
腎臓の病気がある方
精神疾患の方
チャンピックス以外に服用中の薬がある方
妊婦、または授乳中の方
未成年の方

上記の方が自分の判断でチャンピックスを使用してしまうと危険な副作用を招いてしまう危険性があります。

チャンピックスとお酒

チャンピックスを使用期間中はお酒の量は必ず減らすようにしてください。アルコール耐性にチャンピックスが影響を及ぼすとも言われています。どうしても飲みたいという場合は一気に飲まずに少量からはじめましょう。

チャンピックス使用でお酒が弱くなる

チャンピックスを使用していると使用する以前よりもお酒が全然飲めなくなったと報告があります。実際に2015年にFDA(米国食品医薬品局)が「チャンピックスがアルコール耐性を変化させる可能性がある」と警告を出したほどです。

実際にチャンピックスを使用している期間中にお酒を飲んだら記憶をなくしてしまうほど弱くなってしまったという報告も届いています。

チャンピックス使用でお酒が不味くなる

お酒自体が美味しくないと感じる方ならそこまで影響はないと言えるでしょう。ですが、普段からお酒を好んで飲んでいる方の場合はチャンピックスを使用した際にお酒が美味しく感じなくなってしまうことがあるようです。これはチャンピックスの副作用の1つ味覚異常が原因ではないかと思われます。発症する確率は0.5%~5%とかなり低い確率ですが、お酒が好きな方からしたら少しさびしい思いをすることでしょう。

また、チャンピックスを使用したことで起こる味覚の変化というのはお酒の種類によって感じ方が様々あるようです。逆にチャンピックスを使用しはじめてからお酒が飲めるようになった、以前よりも美味しく感じるようになったという方もいます。禁煙することで食べ物が美味しく感じると言われているので、これと同じ効果と言えるでしょう。

チャンピックスQ&A

チャンピックスは禁煙外来以外では入手できない?

チャンピックスは禁煙外来以外でも入手は出来ます。薬局やドラッグストアといった場所には置いていませんが、個人輸入代行の通販サイトならば購入できます。処方せんも必要とせず、一般的な通販サイトと購入方法は同じになっていますので誰でも簡単に購入できます。

チャンピックス購入は禁煙外来と通販のどっちがいい?

これは正直、人それぞれです。私は通販で購入しました。禁煙外来となると通院などもあるので面倒になり途中で挫折してしまうという方も多いです。そうなると次は保険適用外となって自由診療となります。その場合は通販よりもかなり高額になります。専門の医師に見られながらじゃないと禁煙できないという方の場合は禁煙外来が良いですが、時間もあまり取れず通院が面倒と考える方は通販を利用すると良いでしょう。

チャンピックスを使用期間はタバコは吸えない?

チャンピックスを服用し始めた1週間はタバコを吸居ながらでも大丈夫です。ですが、2週間目からはきっぱり辞めないといけません。

チャンピックスを飲み始めるベストなタイミングは?

可能であれば仕事を休んでいる時期が良いかと思います。禁煙期間中はどうしても禁煙で禁断症状というものが起こってしまいます。症状の度合いは人それぞれですが、私も仕事中に起こったことがあり、あまり仕事に集中出来ませんでした。
ニコチンが身体から完全に抜けるのは2日~3日程度と言われています。この期間は可能であれば仕事を休み、自宅でゆっくりしていた方が良いでしょう。

副作用は公式で言われている以外は出ない?

チャンピックスの正しい使い方を守っていれば基本的には公式で発表されている以外の症状は発症しないと考えていて良いでしょう。ですが、もっと効果を得たいからといって毎日多く服用していたりすると思わぬ副作用を発症させてしまう危険性があります。また、体質によっては副作用が出にくい方や出やすい方もいます。ちなみに私は吐き気と頭痛が襲ってきました。

チャンピックスで頭痛が酷い

チャンピックスで頭痛が頻繁に起こるという方はロキソニンなどの鎮痛剤と併用すると緩和されるでしょう。チャンピックスとロキソニンは併用禁忌というわけではないので、併用して大丈夫です。

チャンピックスは妊娠中に飲んでも良い?

チャンピックスは妊娠中、授乳中の方が服用しても影響は少ないと言われています。ですが、少ないというだけで全く影響がないというわけではありません。もしかしたら胎児に何らかの影響を及ぼす危険性もあるのでチャンピックスの服用は極力控えた方が良いでしょう。

チャンピックスとニコチンパッチの成功率はどっちが高い?

チャンピックスとニコチンパッチの比較試験ではチャンピックスの方が成功率が13%程度高いと報告されています。もちろんチャンピックスが合わないという方だったりニコチンパッチが合わないという方もいますので、自分に合った禁煙補助薬を使うのが一番ですね。

チャンピックス使用2週間目からは電子タバコも吸ってはいけない?

チャンピックスは2週間目からは完全な禁煙のスタートとなっています。紙タバコだけでなく、ニコチンを含むIQOS(アイコス)やglo(グロー)、Ploom TECHなどは使用してはいけないと考えて良いでしょう。VAPEの場合はニコチンを含んでいないので、どうしてもという場合では吸って良いのではないでしょうか。

チャンピックスのリアルな口コミ

チャンピックスを使用した方の口コミを紹介します。Twitterから取ってきたものなので、かなりリアルなものかと思います。

このようにチャンピックスは効果は高いですが、副作用が出やすい状態となっています。実際に私も吐き気と頭痛が発生してしまいましたが、そこを乗り越えたおかげでなんとか禁煙に成功しました。禁煙したいと思っている方はチャンピックスを使用して禁煙すると良いかと思います。

pagetop