title

クラリスロマイシンとは?クラミジアに効果的な薬

クラリスロマイシン

クラリスロマイシン

クラリスロマイシンはジスロマックと同じマクロライド系の薬に分類されています。そのため副作用はかなり少なく安心して服用することの出来る薬です。妊婦の方や小児でも安心して服用でき、一般的には錠剤ですが、小児でも服用できるようにドライシロップタイプなども存在します。

クラリスロマイシンというのは一般名となっており、商品名ですと「クラリス」や「クラリシッド」という名前になっています。中耳炎の薬として使われる事も多く、中耳炎になったことがある方は一度耳にしたことはあるのではないでしょうか。

ジスロマックやクラビット同様、クラリスロマイシンはクラミジアにはもちろん、淋病、梅毒といった性感染症にとても効果を発揮してくれます。クラミジア治療としてクラリスロマイシンを用いた時には服用しはじめて2週間程度で除菌率が約90%と報告があります。クラビットよりかは若干効力は落ちますが副作用も少なく安心して服用することの出来る薬です。

クラリスロマイシンの効果としてはマクロライド系の薬と分類されているのでジスロマックと同様です。細菌の成長を阻止することで増殖を抑えて殺菌してくれます。また、先程挙げた中耳炎やニキビにも効果があるとされています。

クラリスロマイシンを服用することで軽度のニキビの場合は数日で効いてきます。また、ニキビ跡も約1ヶ月あれば改善され、背中やおでこのニキビも2週間程度あれば改善されます。クラリスロマイシン幅広い分野に効果があり、クラミジア以外でも使用される方が多数います。

クラリスロマイシンはセフィム系の薬やペニシリン系の薬が登場してからは使用される機会が少なくなりました。ですが、セフィム系、ペニシリン系の薬が効かない細菌があるとクラリスロマイシンが使用される事があります。また、セフィム系の薬が使えないとなると代替薬としてクラリスロマイシンが用いられる事もあります。

クラリスロマイシンの効果・副作用

クラリスロマイシンはジスロマックと同じマクロライド系の薬となりますので副作用は全く感じません。クラリスロマイシンというのは成分名で商品名ではクラリス、クラリシッドなどと呼ばれています。クラビットよりも効果は緩やかで安心して服用することができます。また、クラミジアや淋病といった性病以外にも中耳炎やインフルエンザ菌といった様々な感染症にも効果的です。通販でクラリスロマイシンを購入することで、クラミジアを誰にもバレる事なく治療することが可能です。比較的安く購入することが可能で、コストパフォーマンスに優れている薬です。

クラリスロマイシンの効果

クラリスロマイシンの効果

クラリスロマイシンはマクロライド系に分類される抗生物質です。クラミジアや淋病といった性病にはもちろん、その他の中耳炎や皮膚感染症など様々な感染症に効果的とされています。

ただし、抗生物質となるので細菌に対してはとても効果的ですがウイルス性の症状に対しては一切効果がありません。風邪などをクラリスロマイシンで治療しようと考える方がいますが、服用したところで一切効果はありませんので注意してください。

また、クラリスロマイシンは通販で購入することでとてもお得でメリットが多数あります。クラミジアの治療を誰にもバレたくないという方は通販でクラリスロマイシンを購入しましょう。クラミジアの検査キットも同時に購入しておくことで誰にもバレず、自宅にいながら1人で検査から治療まで全て行う事ができます。

クラリスロマイシンのクラミジアへの効果

クラリスロマイシンは様々な感染症に効果的というのは先程説明しました。

良く使用される病気でいうとクラミジア、淋病、梅毒といった性病。それ以外にも皮膚感染症や中耳炎、呼吸器感染症、インフルエンザ菌といったものに対しても効果的です。

中でもクラミジアの治療にはとても効果を発揮し、2週間程度の服用で除菌率が約90%と報告があります。ただし、この治療中に飲酒をしてしまうと治癒率が一気に下がってしまうので注意しましょう。また、性行為をしてしまうと再感染する恐れがあります。

「クラミジアの治療薬」というとクラビットが病院で処方される確率が非常に高いです。ですが、クラビットは性病に効く薬の中でも比較的効力が高く、妊婦の方などは服用できないとされています。

クラリスロマイシンはクラビットと比べると少し効力は抑えめとなっていますが、副作用もかなり少なく安心して服用することのできる薬です。ただ、妊娠中の方や授乳中の方が服用する場合は必ず医師への相談が必要となります。

クラリスロマイシンのクラミジアへの効果

クラビットは細菌を死滅させる効果があるのに対し、クラリスロマイシンは細菌の増殖を抑える働きとなります。細菌の増殖を抑えるため細菌が自然と消えていくのです。

直接細菌に対して攻撃するわけではないため、クラリスロマイシンは副作用も少なく効果を発揮できるのです。

クラリスロマイシンというのは一般名で、商品名では「クラリス」や「クラリシッド」など言われています。中耳炎になった事がある方なら聞いたことあるのではないでしょうか。ちなみにクラリスロマイシンは小さな子どもでも処方されるほど安全な薬で、錠剤の他にもドライシロップなど存在します。

クラリスロマイシンはマクロライド系の薬に分類されています。マクロライド系というと有名なのはジスロマックです。ジスロマックも副作用が少なく、クラリスロマイシンと同じ細菌の増殖を抑える効果があります。

セフィム系やペニシリン系の薬が登場してからクラリスロマイシンはあまり使われなくなりました。ですが、セフィム系やペニシリン系の効かない細菌によってはこのクラリスロマイシンが使われることがあります。また、セフィム系の薬が使えないという方にも代替薬として使用されることがあります。

クラリスロマイシンは風邪に効く

クラリスロマイシンがクラミジア、淋病、梅毒といった性病の他にも様々な感染症に効果的というのは上記で説明しました。上記で説明した以外にも風邪を引いた時にクラリスロマイシンが解熱剤や咳止めの薬と共に処方される事があります。それはなぜなのか。

それは風邪を引いてしまったことで起こる二次感染などの恐れを防ぐためです。風邪の二次感染として細菌感染と合併してしまうというのが非常に多く見られます。ただの風邪なのに2日も3日も治らないという方もいるでしょう。そのような場合は二次感染を起こしてしまっている可能性が非常に高いです。気管支に細菌が感染してしまうと膿のような痰が出てしまったり、激しい咳を起こしてしまったりします。そのまま放置していると細菌による炎症が起こります。そうなると肺炎となってしまい、胸が痛くなったり高熱、また呼吸困難という症状が出てきます。このような二次感染を防ぐ、また治療するために風邪を引いてしまった場合でもクラリスロマイシンが処方されるのです。

クラリスロマイシンは感染症にはとても効果的です。ですが、実際に風邪に対しての効果というのはありません。クラリスロマイシンが風邪に効くという記事をネットで少し目にしますが、実際は効きません。風邪は80%~90%がウイルス性と言われています。そのため、クラリスロマイシン単体を服用することで風邪が治るという事はまずありません。細菌が原因で起こるマイコプラズマや溶連菌感染症、百日咳となると感染症に効果的な薬が必要となってくるため、クラリスロマイシンが用いられる事があります。

クラリスロマイシンはニキビに効果あり

クラリスロマイシンはニキビの原因であるアクネ菌を死滅させる効果があります。白ニキビや黒ニキビといった軽度のニキビなら数日で効いてきます。赤ニキビといった炎症を起こしたニキビの場合は1週間。ニキビ跡は約1ヶ月程度で改善されます。背中やおでこといった場所でも2週間程度で効いてきます。またクラリスロマイシンはアクネ菌だけではなく黄色ブドウ球菌やマラセチア菌といった細菌にも効果的です。

黄色ブドウ球菌はニキビの化膿を悪化させてしまう原因です。マラセチア菌は背中のニキビやおでこのぶつぶつの原因となっています。

ニキビや吹き出物の原因であるアクネ菌という細菌は皮膚に常在しています。クラリスロマイシンはこのアクネ菌を死滅することは可能でニキビを出来なくさせることがあります。ですが、アクネ菌というのは常在菌と言われる細菌で、ニキビを作るだけの細菌ではありません。外からくる病原菌から皮膚を守る役目もあります。そのため、クラリスロマイシンでアクネ菌を死滅させてしまうと、ニキビはできなくなりますが、バリアの機能がなくなり、何らかの皮膚のトラブルを生む可能性が出てきます。また、クラリスロマイシンというのは長期間服用する薬ではありません。クラリスロマイシンを服用期間中はニキビが消えるかもしれないですが、服用を辞めた時に再びニキビが生まれてくる可能性がありますので注意が必要です。

クラリスロマイシンの副作用

クラリスロマイシンの副作用

クラリスロマイシンはクラミジアに対してとても効果的とされており、淋病やその他の感染症など様々な症状に用いられることが多い薬です。マクロライド系に分類される薬となっているため、とても副作用は少ない薬です。ただし、絶対に出ないというわけではありません。体質によっては出やすい方や出にくい方というのが存在するため、服用を考えている方は必ず副作用のリスクも頭に入れておくようにしましょう。

クラリスロマイシンを服用することで発症しやすい副作用というのは下記の症状になります。

吐き気
下痢
食欲不振
発疹

上記の4つが主に報告されている副作用となっています。

中でも一番多い副作用というのが下痢です。下痢は抗生物質で起こりやすい副作用となっているのでクラリスロマイシンに限った話ではありません。ジスロマックやクラビットでも同じ事が言えます。

抗生物質を服用することで下痢は起こりやすくなっているため病院で処方してもらう時は一緒に整腸剤や胃腸薬も処方してもらうのです。上記で挙げた副作用以外にも

めまい
動悸
頭痛
倦怠感

といった副作用が発症する可能性もあります。基本的にどれも軽い症状で治まる事が多いですが、治まらなかった場合は直ちにクラリスロマイシンの服用を中断し、医師に相談するようにしましょう。

クラリスロマイシン服用で下痢を起こしてしまう理由

クラリスロマイシンを服用することで下痢になりやすくなってしまうという副作用は多く報告されています。ですが、なぜ下痢が多くなってしまうのでしょうか。詳しく説明していきます。

クラリスロマイシンはクラミジアに対してとても効果的とされていますが、攻撃するのはクラミジアの原因となっている細菌のみではないのです。攻撃する細菌を選別することができないため、善玉菌も巻き込んでしまうのです。そのため、クラミジアの細菌とともに善玉菌も多少減少してしまいます。

善玉菌が減少することで影響を受けやすい器官というのが腸や胃なのです。そのため腸内バランスが乱れてしまい下痢などの副作用が出てしまうのです。また、消化器系の副作用が出やすくなっており、腸の副作用が発症する原因と同じ理由で吐き気や腹痛のような副作用が出てしまいます。

人によっては下痢や吐き気のような副作用ではなく、お腹にガスが溜まってしまいおならが出やすくなるといった症状もあるようです。

下痢の対処法

クラリスロマイシンを服用すると下痢になりやすくなってしまうという点から中々服用出来ないという方も多いでしょう。そのような方は整腸剤や胃腸薬といった薬を併用するようにしましょう。整腸剤や胃腸薬はクラリスロマイシンと併用禁忌薬というわけではないので、安心して併用できます。ただし、若干の効果半減に繋がる事もありますので、注意しましょう。

また、下痢が起こりやすい原因として善玉菌の減少と分かっているため、善玉菌を増やすようにすれば対処することもできます。ヨーグルトやケフィアなど、善玉菌が多く含まれている食品を摂ることで善玉菌が増え、クラリスロマイシンを服用しても下痢などの副作用が発症しない強い胃腸を作ることができます。

クラリスロマイシンで副作用が発症する確率

クラリスロマイシンは最初に説明した通り副作用がとても少ない薬です。体質によっては出やすい方や出にくい方がいますが、基本的にはあまり出ないと考えておいても良いでしょう。クラリスロマイシンを服用することで副作用が発症する確率としましては、成人の方で約3%、小児の場合は約2%となっています。ここから見るにクラリスロマイシンを服用することで副作用が発症する確率というのは30人~50人に1人の割合です。

これを高いと取るか低いと取るかは人それぞれになってきますが、それほど高い確率とはいえないでしょう。また、その中でも各副作用の症状によって発症する確率が変わってきます。

下痢
腹痛
吐き気
嘔吐
悪心

などの副作用の場合は0.1%~0.5%の割合で発症する副作用とされています。

食欲不振
口内炎
胸焼け
便秘

などの副作用の場合は0.1%未満の割合で発症すると言われています。

先程クラリスロマイシンを服用することで下痢が起こりやすいと説明しましたが、実際はこの程度の確率でしか発症しません。そのため、クラリスロマイシンはかなり安全な薬と言えるでしょう。

クラリスロマイシンの重篤な副作用

クラリスロマイシンは正しい服用方法を守っている事で副作用はかなり少ないと言えます。ですが、早く治したいからといって多く飲んだり、飲み忘れた分も含めて飲んだりしてしまうと思わぬ副作用を発症させてしまう危険性があります。重篤な副作用は以下のようなものです。

アナフィラキシー様症状

かゆみ、くしゃみ、吐き気、嘔吐、呼吸困難、血圧低下、発熱などの症状

ショック

じんましん、顔が赤くなる、かゆみ、動悸、しびれ、息切れなどの症状

けいれん

吐き気、めまい、ぼんやりする、よろめく、興奮状態になるなどの症状

肝機能障害

倦怠感、食欲低下、吐き気、常に眠い状態、呼吸困難、黄疸などの症状

>

肝機能障害

倦怠感、食欲低下、吐き気、常に眠い状態、呼吸困難、黄疸などといった症状があらわれます。

黄疸

吐き気、嘔吐、足浴不信、発熱、発疹、倦怠感、皮膚や白目が黄色くなるなどの症状

溶血性貧血

だるさ、息切れ、めまい、頭痛、動悸、鼻血、歯茎の出血などの症状

間質性肺炎

発熱、呼吸困難、息切れ、動悸などの症状

間質性腎炎

発熱、吐き気、下痢、尿が濁る、関節の痛みなどの症状

急性腎不全

下痢、吐き気、脱力感、むくみ、腹痛、関節の痛みなどの症状

低血糖

動悸、脱力感、冷や汗、急激な空腹感などの症状

クラリスロマイシンを通販で購入

クラリスロマイシンを通販で購入

クラリスロマイシンというのは病院でも処方される事がある薬です。ですが、病院以外にも販売している場所があります。それが通販です。通販でクラリスロマイシンを購入する場合は病院よりも都合が良くとてもお得と言えます。通販であれば24時間いつでもどこにいても注文でき、誰にもバレずに購入することが出来るのでおすすめです。クラミジアという事がバレたくなかったり、治療は秘密に行いたいという方の場合はクラリスロマイシンを通販で購入するようにしましょう。通販であればクラミジアの検査キットも同時に購入しておくことでクラミジアの検査から治療まで即座に行う事ができます。

通販のメリット

クラリスロマイシンが通販で販売されているということは説明しましたが、実際に通販でクラリスロマイシンを購入することで、どのようなメリットが存在するのでしょうか。それぞれ説明してきます。

通販であれば誰にもバレない

クラリスロマイシンを通販で購入する際、一番のメリットとしてはこの誰にもバレずに購入することが出来るという点です。病気にかかったから病院へ行くというのは一般的な考えです。ですが、性病となると話は別になってきます。病院で診察してもらうのが恥ずかしいという方も多いでしょう。1人でバレないように行ったとしても知り合いにバッタリ遭遇する可能性もないとは言い切れません。

また、病院へ行くことで医療通知が届き、それで家族にバレてしまう事も多いです。医療通知を防ぐために保健所を提示しないという選択肢もありますが、その時はかなりの高額となってしまいます。そのため、どんな状態であっても病院へ行くことでバレる危険性というのは数多くあるのです。ですが、通販であればそんな心配もいりません。

通販でクラリスロマイシンを注文すれば友達や家族には当然バレることもなく、梱包の際に中身は記載していないので、配達員も中身に何が入っているのかも分かりません。

誰かと同居しているという方で自宅に届くのが嫌という事であれば、郵便局留めにすることで自宅に荷物は届きません。このように一切誰にもバレずにクラミジアの治療をすることが出来るのです。もちろん通販なので診察代は必要としません。純粋に薬代だけとなりますので、とても経済的と言えます。

場所や時間が問われない

病院でクラリスロマイシンを処方してもらう場合は、その病院の時間や場所を調べて足を運ばなければなりません。場所によっては半日~1日休みを摂らなければならないという方も存在するかもしれません。

ですが、通販を利用するのであれば、そのような事を気にする必要性はありません。どんな時間でもどこにいてもスマホ1つあればすぐに注文することが出来るのです。

朝の出勤中、休憩中、帰宅中などちょっとした時間があればすぐに注文することが出来ます。購入する薬が決まっているのであれば1分もかからずに注文することができます。

病院へ行く時間がない、面倒くさいと感じている方は通販を利用することで時間を無駄にせず過ごすことができます。

処方せんを必要としない

クラリスロマイシンというのは基本的に処方せん薬となっています。そのため、薬局やドラッグストアといった場所には販売されていません。病院へ行き、処方せんを貰うことではじめてクラリスロマイシンを購入することが出来るのです。

ですが、通販であれば処方せんを必要とせずに購入することが出来ます。大手通販サイトと同じような感覚で購入することが出来るのでとても便利と言えます。

また、クラリスロマイシンを通販で購入するというのは自己責任となります。医師が出す処方せんというのは責任は医師にあります。そのため、何か問題があった場合はその医師に責任が求められます。処方せんというのはそのような役割を持っているのです。

逆に通販の場合は処方せんが必要とされないので、全てが自己責任となるのです。クラリスロマイシンは基本的に問題の起きるような薬ではないですが、用量や用法、自分がちゃんと服用出来るのかをしっかり調べてから購入するようにしてください。

通販のデメリット

通販で購入するというのはメリットがとても多いですが、デメリットも当然あります。一番のデメリットとしては注文してから到着までに少し時間がかかるという点です。

理由としては発送が国内からではないからです。海外から日本へ発送となっているため、どうしても時間がかかってしまいます。目安としては1週間程度とみておくと良いでしょう。

ですが、これはあくまでも目安となっているので、混雑状況によっては2週間程度かかってしまう可能性もありますので、その点を十分理解して通販を利用するようにしましょう。この点が一切気にならない、我慢できるという方であれば、とても通販に向いていると言えるでしょう。

また、到着までに日数が必要となってくるので、必要なものは出来るだけ1回で購入しておくようにしてください。例えばクラミジアの検査キットを購入して後からクラリスロマイシンを購入するというのではなく、一緒に購入しておくようにしましょう。

その他にも注文する量で本当に足りるのか不安を感じるようであれば、予備として少し多めに購入しておくようにしましょう。足りなくなった場合にもう1度注文するとなると、間に合わない可能性もありますので、十分注意して下さい。

クラリスロマイシンの値段

クラリスロマイシンは病院でも処方されると説明しましたが、病院の場合は診察代も含まれてきますので、薬代だけの出費とはなりません。その病院によって様々な値段となってきます。

通販の場合は薬のみの販売とされていますので、診察代もかからず薬代だけの出費となります。クラリスロマイシンを通販で購入するとなると3000円もせずに購入することが出来るのです。1錠単価では約200円前後となり、一番安く1錠180円程度です。

クラリスロマイシンを通販で購入する場合と病院で処方してもらう場合には、その病院によって値段も様々となってくるので、通販の方が安かったり、病院の方が安かったりするのでどちらのほうが絶対に安いとは言い切れません。

ただし、通販でクラリスロマイシンを購入したほうが出費よりも多くのメリットがありますので、通販で購入することをおすすめします。また、同時にクラミジアの検査キットも購入しておくことでクラミジアの検査から治療までスムーズに1人で行う事が可能となっています。

クラリスロマイシンの併用禁忌薬

クラリスロマイシンの併用禁忌薬

クラリスロマイシンは副作用の少ない薬として有名ですが、以下の薬と併用してしまうと重篤な副作用を招いてしまう危険性がありますので必ず服用する前に目を通しておいてください。1つ1つ説明していきます。

・オーラップ
・クリアミン、シヒデルゴット
・アドルシカ
・スンベプラ
・バニヘップ
・ベルソムラ

オーラップという薬は主に統合失調症などに使われている薬です。このオーラップには「ピモジド」という成分が含まれており、併用してしまうと、QT延長といった症状や心室性不整脈といった心血管系の副作用が多く報告されています。もともとの副作用に心室頻拍といった症状があるため、血中濃度が上昇し、このような副作用が高確率で起こると言われています。

クリアミン、シヒデルゴットといった薬は主に偏頭痛に用いられる薬です。こちらは「エルゴタミン」という成分が含まれており、クラリスロマイシンと併用することで血管攣縮といった重大な副作用が発症してしまう危険性ががあります。こちらもオーラップに含まれている成分の「ピモジド」と一緒で血中濃度が上昇したため高確率で起きてしまうと言われています。どちらも常に服用しているという薬ではなく、その時その時に服用する薬なので、うっかり併用してしまうといった事のないよう注意しなければなりません。

アドルシカという薬は肺動脈性肺高血圧症治療薬として主に使われている薬です。こちらは主成分に「タダラフィル」という成分が含まれており、作用が想像以上に強く出過ぎてしまう恐れがあります。作用が大きくなれば比例して副作用も大きくなってしまうので注意が必要です。「タダラフィル」というと有名なのはED治療薬の「シアリス」です。「シアリス」にもこの「タダラフィル」が使用されているので注意しましょう。

スンペブラという薬は主にC型肺炎に用いられている薬です。こちらは「アスナプレビル」という成分が含まれており、併用することにより血中濃度が上昇し、肝臓に関連した副作用が強く出てしまう危険性があります。

バニヘップという薬もC型肺炎に用いられている薬です。こちらは「バニプレビル」という成分が含まれており、スンベプラの併用と同じように血中濃度が上昇してしまい、嘔吐や下痢、悪心といった症状が強く出てしまう恐れがあると言われているので注意しなければなりません。

ベルソムラという薬は新型の睡眠薬として登場した薬です。こちらは「スボレキサント」という成分が含まれており、併用することで血中濃度が上昇され、疲労、入眠時麻痺、夢遊症、睡眠時随伴症といった副作用が強く出てしまう危険性があります。睡眠薬を常に服用し、クラリスロマイシンを服用しようと考えている方は注意しなければなりません。

クラリスロマイシンを服用するという方は上記であげた薬を常用していないかしっかり確認してから慎重に服用するようにしましょう。

クラリスロマイシンの副作用を出さない飲み方

服用方法

年齢や症状によって少々飲み方が変わってきてしまいます。一般的には250mgを1回1錠、1日2回服用し、合計500mgになるようにしましょう。飲み忘れた場合に2回分の量を1回で服用しないようにしましょう。

飲み忘れが多かったり、途中で治ったと勘違いして治療を中断してしまうとクラリスロマイシンに対しての耐性菌が体内で作られる危険性があります。この耐性菌ができてしまうとクラリスロマイシンではもうどうやっても治らず、別の治療薬を使用しなければならなくなります。
そのため、もしもの事を考えて通販でクラリスロマイシンを購入する際は、自分が購入しようと思っている量よりも少し多めに購入しておくことを推奨します。そうすることで服用し続けたけど足りなかったから耐性菌ができてしまったという事を防ぐ事ができます。

クラリスロマイシンの注意点

クラリスロマイシンはマクロライド系の薬となっており副作用がとても少ない事で有名です。だからといって何も調べずに服用するのは辞めましょう。自己流で服用した場合は思わぬ副作用を招いてしまう危険性があります
クラリスロマイシンの服用の際は注意しなければならない事がありますので必ず頭の中に入れておきましょう。

服用量を守る

クラリスロマイシンは必ず服用量は守ってください。早く治したいからといって多く服用したところで効果はほとんど変わりません。ですが、副作用がかなり強く出てしまう危険性が高いです。副作用のリスクを減らすためにも気をつけるようにしてください。

飲み忘れた時の対処

クラリスロマイシンを飲み忘れてしまった場合、気付いた時に飲み忘れの分を服用するといったことは絶対に辞めましょう。先程の服用量と同じで一気に多く服用してしまうとかなり強い副作用が発症してしまう危険性があります。

グレープフルーツとの併用

クラリスロマイシンはグレープフルーツとの組み合わせは禁止です。クラリスロマイシンとグレープフルーツを併用してしまうとクラリスロマイシンの成分が中々代謝されずに、体内にずっと溜まってしまう事になります。

体内に溜まり続けるということはその分副作用のリスクも高くなっていきます。そうならないためにもクラリスロマイシンとグレープフルーツの併用は控えるようにしてください。これはグレープフルーツジュースでも同じことが言えます。

また、前日や翌日にグレープフルーツ、またはグレープフルーツジュースを飲んでも異常が起きる可能性がありますので、クラリスロマイシンを服用期間中はグレープフルーツは控えるようにしてください。

アルコールとの併用

クラリスロマイシンとアルコールの併用が禁止というのはクラリスロマイシンの添付文書には記載されていません。厳密には禁止ではないですが、副作用のリスクを減らすためにも控えたほうが良いと言えるでしょう。

理由としてはアルコールを摂取しすぎると吐き気や頭痛といった症状があらわれてきます。これはクラリスロマイシンの副作用の中にも含まれている症状です。

となるとクラリスロマイシンとアルコールを併用することで吐き気や頭痛が起きてしまうリスクを上げてしまう事となります。アルコールに強い人でも副作用のリスクというのは確実に上がりますのでクラリスロマイシンの服用期間中はアルコールは控えるようにしてください。

pagetop