title

ミノキシジルの育毛剤で薄毛対策|通販で購入してコストを抑える

育毛剤ミノキシジルの効果で薄毛からフサフサ髪へ!

育毛剤ミノキシジルの効果

男性のコンプレックスで1、2を争うほど嫌悪されている「薄毛」。その原因はAGA(男性型脱毛症)という脱毛症で、ゆっくりではあるものの確実に抜け毛が増えていきます。気付いた時には薄毛に、なんて事も!しかし対策が早ければ髪は再び生えるのです。その方法とは育毛剤を使うこと。育毛剤は高額なイメージがありますが、通販を利用すればリーズナブルな価格で購入出来るのです!

ミノキシジルで発毛促進・薄毛対策

ミノキシジルで発毛促進・薄毛対策

薄毛改善に忘れてはならないのが「発毛」。髪が生えなければAGAによってハゲた頭皮は結局そのままの状態です。髪が健康になり多少見た目は変わるものの、その量を増やさなければ意味がありません。発毛作用は数ある育毛剤の中でもミノキシジルだけが持っており、長らく検証されてきたデータがあります。

厚生労働省を始めさらに基準が厳しいと言われるアメリカの機関FDA(アメリカ食品医薬品局)にも認められている確かな育毛剤なのです。正しい薄毛改善方法として、出来る限りミノキシジルを使う事を推奨致します。

AGAが抜け毛・薄毛の原因

薄毛の原因になるAGAは男性にのみ発症する脱毛症で、男性ホルモンの1つであるテストステロンが深く関係しています。と言っても直接的に抜け毛を増やす力は持っていません。5αリダクターゼと呼ばれる酵素によりDHT(ジヒドロテストステロン)に変換される事で抜け毛に関わる力を持ち、過剰に増えてしまうとAGAが発症してしまいます。

なぜDHTが増えると抜け毛が多くなってしまうか?それはヘアサイクル(毛周期とも)が乱されてしまい、その中で最も長い期間を要する成長期が極端に短くなってしまうからです。通常、ヘアサイクルは約6年程度の期間があるのですが、AGAの場合1年程度で終わってしまいます。

一番長い期間の成長期がすぐに終わり、その状態を維持する退行期に移行してしまうと、もう髪が伸びる事はありません。そこからさらに2~3週間経過すると休止期に移行し、あとは抜け落ちてしまう状態へ。AGAを発症すると抜け毛が多く、髪の生成が追いつかなくなるので、その結果薄毛という形で現れてしまうのです。しかもAGAは進行性のため、何も対策を立てなければ進行してしまいます

薄毛対策をしなければ二度と髪は生えない!?

何も対策を立てない(つまり放置した状態)、効果が実証されていない育毛剤を使う、といった間違った対策を選んでしまうと二度と髪が生えてこないという取り返しの付かない事態を招く可能性も!

そこでミノキシジルの使用が推奨されるのです。AGAで弱っていた再び髪が黒く・太く・長く・ツヤのある強い状態へと変わりスカスカな頭皮も見違えて変わることでしょう。また毛包を刺激して発毛を促す作用も持っており、新しい髪の生成も盛んに行われるため薄毛改善には欠かせません。

しかしミノキシジルは抜 け毛予防にあまり特化していないので、抜け毛も同時に減らしたいのであればプロペシア、もしくはザガーロの併用を強くおすすめします。ふたつの薬は5αリダクターゼの働きを抑える作用を持っており、DHTの過剰な生成を防いでくれるのです。ミノキシジルで発毛促進・薄毛対策を行うならば合わせて使っていきましょう。

ミノキシジルによる育毛剤としての効果

ミノキシジルによる育毛剤としての効果

本題の前にミノキシジルが育毛剤として使われるようになった経緯をざっとお送りします。元々は高血圧の治療に使う薬として1960年代に開発されました。しかし血圧を下げる効果だけではなく、体毛が濃くなったという報告が多数上がったため、育毛剤としての研究も行われたのです。

その結果「ロゲイン」が誕生しました!元祖ミノキシジル育毛剤とも言え、現在も高い知名度・安定したブランド力により高い人気を誇っております。ただ残念ながら国内では未承認なので販売されておりません。ですが海外から個人輸入すれば手に入れる事が出来るので後程その方法もご紹介致します。

そのミノキシジルが持つ効果とは一体どういうものなのか?と言いましても実は未だ詳しい作用機序は判明していません。どのような経緯で育毛に作用するのか分かっていないのです。ただ最も有力な説が、頭皮の毛細血管を拡張し、血流が活発になることで育毛に必要な栄養が多く届きます。それにより毛包も刺激され活性化。AGAにより細くなってしまった髪を再び太く、そして新しい髪を作り出すのです。

皆さんも御存知の通り、数多く育毛剤は販売されていますがその中で発毛を促進させる効果を持つのはミノキシジルのみ。厚生労働省、FDA(アメリカの機関)にもその効果は認められいる確かな成分です。しかもただ血管拡張作用を有するだけでは育毛・発毛は見られないと言うので、ミノキシジルには特有の何かがあるのでは?と言われています。他の育毛剤ではなく「ミノキシジルでなければ髪を増やせない」、と覚えておきましょう。

しかしその効果を実感するためには時間がかかります。ミノキシジルに即効性は無く、髪の成長には最低でも半年は毎日続けていかなければなりません。なので効果が見えてこないと思い、使用を中断すると結局元の状態に戻ってしまい再びAGAによる薄毛が進行してしまいます。時間、あるいは育毛剤を購入した代金も無駄になってしまうのでまずは半年間続ける事を目標に頑張りましょう。

たださらに長い期間の使用もすすめられており、1年継続していただいた方がより高い確率で効果を実感出来るようです。外用であれば1日2回(朝と夜がおすすめ)、ミノキシジルタブレットであれば1日の上限が10mgでこれも1~2回服用とそこまで難しいわけでは無いですが何よりも継続は辛いと思います。諦めない気持ちも非常に大事なのです。強い気持ちを持ち、薄毛の改善をしていきましょう。

参考:ミノキシジルについて(Wikipedia)

初期脱毛は効果の証

ミノキシジルを使っているとしばらく経過してから脱毛の量が今までより多く感じてしまうでしょう。これは多くの方に起きる一種の副作用ともいえます。しかしこの脱毛はとても良い兆候なのです。ミノキシジルを使い始めてしばらくすると起きるので、「初期脱毛」と呼ばれています。

先にも申したように、恐らく育毛剤を使われている皆さんに起こることなので、初期脱毛は気にしなくても問題ありません。しかし抜け毛がいつも以上に多くなってしまうのでやはり心配にはなると思います。ですが大丈夫です。初期脱毛は良い方向に向かっているサインなのです。

なぜこのように抜け毛が多くなってしまうのかというと、ヘアサイクルが関係しています。ヘアサイクルには成長期・退行期・休止期と3つの期間があるのですが、髪が抜け落ちる状態の期間が休止期になります。そしてAGAを発症すると休止期の髪が多くなってしまうのです。

この時点で察しがついたかと思いますが、初期脱毛でいつも以上に抜け落ちるということは、AGAにより休止期を迎えた髪が抜け落ちているということなのです。ミノキシジルの作用で発毛が促され、新しい髪が毛穴から出て古い髪を押し出す(休止期の髪を押し出す)ため、抜け毛の量が多くなります。

初期脱毛はいつまで続く?

初期脱毛は1~2ヶ月ほど続きます。そのため「体に合っていないのではないか?」「副作用なのではないか?」と不安に思われるかもしれませんが大丈夫です。しばらくすると、ミノキシジルの効果で産毛が多く生えてくることでしょう。後は健康的な髪へ育てるため、引き続きミノキシジルの使用を続けて下さい

ただ注意してもらいたいこととして、初期脱毛が2ヶ月以降も続いた場合、医療機関へ行くことをおすすめします。もしかするとミノキシジルが体質に合っていないため抜け毛が起きている可能性が。診断の後に問題が無く、医師から許可が出れば再びミノキシジルを使い薄毛改善を行っていきましょう。

5αリダクターゼ阻害薬との併用

ミノキシジルによって生えてきた髪はとても質の良い状態です。健康で以前とは見違えているはずでしょう。しかしAGA(抜け毛)の原因となる男性ホルモン:DHTの生成を抑える作用はありません。つまりAGA自体を止めているわけではなく、決定的に抜け毛がおさまったとは言えないのです

では何をすれば良いのかと言うと、抜け毛を抑える薬とミノキシジルを一緒に使えばいいのです。DHTの生成を促す5αリダクターゼの働きを抑える作用を持つ、「5αリダクターゼ阻害薬」という少し小難しい呼び方の薬が該当します。それこそがかの有名な「プロペシア」。そして「ザガーロ」なのです。

プロペシアは「飲む育毛剤」とも呼ばれ、ミノキシジルと同様に薄毛改善にとても役立ちます(ザガーロも)。それぞれの有効成分は5αリダクターゼの働きを抑え、ヘアサイクルを正常化させ、次第に抜け毛を減らしていく効果があります。そのためミノキシジルの作用とも相性が良いのです。

DHTの生成が少なくなればAGAも次第におさまってくるので抜け毛が減り、ミノキシジルの効果で生えてきた髪も抜けづらくなるでしょう。より薄毛改善が出来ている事を実感出来ると思います。なお、プロペシアとザガーロには明確な違いがあり、薄毛の状態により使い分ける事が重要です。

プロペシアについて

プロペシアについて

プロペシアはAGA治療薬のパイオニアとして非常に有名です。AGAによる抜け毛を減らし薄毛を予防する事が出来ます。有効成分のフィナステリドが5αリダクターゼを阻害し、AGAの発症リスクを抑えるのです。特に前頭部や頭頂部の薄毛に効果があると言われ、これまで多くの男性を救ってきました。

さらにミノキシジルと一緒に使う事で育毛効果が高まります。プロペシアにも育毛効果はありますがさほどその作用は強くありません。一方、ミノキシジルは5αリダクターゼを阻害する作用が無く、抜け毛の量を減らすには単体の使用では厳しいでしょう。そのため併用する事で互いの長所と短所を補え、薄毛対策として理想的な効果をもたらします。プロペシアを使われる時際にはぜひミノキシジルも使いましょう。

ザガーロについて

ザガーロについて

ザガーロもプロペシアと同じく5αリダクターゼ阻害薬であり、1型・2型どちらの5αリダクターゼも抑えられるので、プロペシアよりも効果が高いと言われています。1型が関係する側頭部と後頭部の薄毛はザガーロを使わなければ改善が見込めません。そして2型も抑える事ができ、前頭部と頭頂部の薄毛の改善にも使えます。しかもプロペシアの3倍ほどその作用が高く、さらに発毛効果は1.6倍も高いのだとか。そのためいずれAGA治療薬の主流はザガーロに置き換わるのではないでしょうか?

まだ確かな研究結果は無いものの、ミノキシジルとの併用も行って構いません。ザガーロは発毛効果にも期待出来るとはいえ、ヘアサイクルの乱れを止めるだけでは発毛はままなりません。頭皮の血行不良・栄養不足もAGAの原因です。そのため血管拡張作用を持つミノキシジルを使い、より薄毛改善の質を高めていく必要があります。

ミノキシジルの形状

ミノキシジルの形状

ミノキシジル配合の育毛剤には2つの形状があります。

1つは外用薬です。先述したロゲインはこちらのタイプで、ローション(液状)やフォーム(泡状)が該当します。リアップx5プラスもそうですね。その他、ロゲインのジェネリックである「ツゲイン」「フォリックス」「カークランド」なども外用薬です。副作用が少ないのでどなたでも使いやすいでしょう。

もう1つは内服薬。ミノキシジルタブレットと呼ばれている錠剤です。実はミノキシジル製剤、開発当初は内服薬でした。外用薬は後に開発された形状なのです。それはともかくとして、ミノキシジルタブレットは体内で作用するため外用薬よりも育毛剤としての効果が上と言われています。

なぜならばミノキシジルは外部からの吸収率が低いためです。体内で吸収されればダイレクトに作用するので育毛・発毛効率をより得たいのであればミノキシジルタブレットの選択をおすすめします。ただしその高い効果の反面、副作用も出やすいというデメリットもあるので注意をしましょう。

外用薬(塗り薬)とは?

ミノキシジルを配合している液状・泡状・クリーム状といった、頭皮に直接塗る形状の育毛剤が外用薬です。先述したようにマイルドな効果であり、副作用も出にくいことから多くの方がこのタイプを使われています。ただし塗りムラやしっかりと乾燥させなければならないので慣れもある程度必要です。

使い方も良く勘違いされがちですが「」ではなく「頭皮」に塗らなければなりません。その後は頭皮マッサージ、自然乾燥といった流れで使いましょう。有名な製品には、元祖育毛剤のロゲイン。そして国内唯一のミノキシジル配合育毛剤のリアップx5プラス。その他には海外製のロゲインジェネリックも多数あるのですが、この2つを簡単にご紹介致しましょう。

元祖ミノキシジル育毛剤のロゲイン

ロゲイン

ロゲインはミノキシジルを配合した最初の育毛剤として販売されました。そのため「元祖育毛剤」として国内はおろか海外でとても有名な育毛剤です。そんな圧倒的知名度を誇るロゲインですがなんと、国内では購入する事が出来ません。薬局で見かけた事は無いですよね?

それもそのはず。実は海外のみで販売されている育毛剤なのです。そのため今までは海外旅行のお土産として持ち帰るのが主流だったようですが、現在は「海外医薬品の通販」を利用すれば自宅にいながら購入出来ます。リアップx5プラスよりも安価なのでかなり人気のようです。

リアップx5プラス

リアップシリーズは国内で唯一ミノキシジルを配合している育毛剤です。その中の1つ、リアップx5プラスは最もミノキシジル含有量の多い育毛剤です(ミノキシジル含有量5%)。他の成分と違い、ミノキシジルは「発毛」作用もあるので、国内にある他の育毛剤とは一線を画していると思います。

いわゆるOTC医薬品に分類されているので(第1類医薬品)、ロゲインと違い薬局ですぐに手に入れる事が可能です。そのため非常に高い人気があります。しかしその価格はロゲインよりも1.5倍ほど高く、続ける事が大切である薄毛改善にはその費用が多少ネックとなるかもしれません。

ミノキシジルタブレット(内服薬)とは?

内服薬とは?

ミノキシジルタブレットは略してミノタブとも呼ばれている内服薬タイプの育毛剤です。体内から作用するので外用薬と比べると格段に育毛・発毛効果を実感出来ます。AGAの進行でかなり頭皮がスカスカな状態であったり、そこまで進行はしていないけど、薄毛改善をより一層早くされたい方におすすめです。

その一方で副作用も強く、使用の際はリスクがあることを十分理解する必要があります。頭皮だけではなく全身の血管を拡張してしまうため、体毛が濃くなる多毛症が多くの方に見られるでしょう。心臓への影響もあり動悸や狭心症も報告されています。

メリット、デメリットがはっきりしているミノキシジルタブレットは国内では医療機関でのみ処方してもらえる医薬品です。あるいは通販を利用してもいいでしょう。医療機関と比べるとかなり安価に手に入れる事が出来ます。どちらかといえば通販の方がおすすめです。

商品ラインナップが非常に多いので初めて使おうと思われている方にとっては迷うかもしれません。しかしサイト内の口コミや価格、あるいはインターネットからの情報を参考に選ばれると良いでしょう。ノキシジルという商品が一番人気のようです。もちろん他にも海外のメーカーから発売されています。

ミノキシジルによる副作用

ミノキシジルによる副作用

ミノキシジルには副作用もあるので注意が必要です。育毛剤の形状としてふたつありますがどちらかに起きやすい副作用と、どちらでも起きる可能性のある副作用があります。どのような事が起きてしまうのかそれぞれ見ていきましょう。

外用薬よりもミノキシジルタブレットのほうが強い作用があるため、こちらを使われる場合は特に気を付けて下さい。ですがきちんと守れば重大な事故に発展する事はありません。ただ何か異変を感じたのであればすぐ医療機関で診断をしてもらって下さい。

また過度な不安を抱くのであれば1回使用を止めましょう。精神衛生上良くありません。この場合も医師に相談をしてみると不安が和らぐはず。ミノキシジル配合の育毛剤は間違った使い方によるトラブルが多いようなので、使い方をしっかりと覚え副作用のリスクを限りなく低くしましょう!

外用薬で起きる可能性のある副作用

外用薬はその性質上頭皮トラブルが起きやすいです。「頭皮に直接付ける」わけなのでかゆみやかぶれ、ほてり感が現れてしまいます。特にミノキシジル濃度が高いと起きやすくなるので、一般的な濃度(5%)から使い始めましょう。

頭皮トラブルの予防としては、清潔な状態で利用すること。これが第一です。頭皮に優しいシャンプーで洗い上げ、すすぎもしっかりと行いましょう。しかしミノキシジルや添加物によるアレルギーという可能性もあるので、その判断が難しいと思われたら医療機関で相談をして下さい。

頭皮トラブル以外にも頭痛、めまい、むくみ、血圧低下が起きるという報告もあります。心機能、腎機能が弱い方はなるべく使用を控えた方が良さそうです。

ミノキシジルタブレッドで起きる可能性のある副作用

ミノキシジルタブレットは外用薬と違い、体の中から作用するので副作用に関してもダイレクトに出てきます。多毛症、血圧の低下、心臓への負担などの報告が多いようです。そのため併用が推奨されている薬があり、なるべく利用して下さい。それによりリスクを下げる事が出来ます。

特に用量が多ければそれだけ発毛にも期待が出来るという考えから、1日の摂取量上限である10mg錠を使い続ける方は注意しましょう。副作用のリスクが非常に高いです。用量は5mgにするか、その半分の2.5mgでも十分に効果は期待出来ます。また日にちを空けて使用するのも有効だと思います。

多毛症で全身の毛が濃くなる

ミノキシジルタブレットによる副作用は多毛症の報告が多いです。外用薬と違い、全身の血管を拡張するわけなので頭部だけではなく、全身にその作用が起きてしまいます。こちらも個人差はありますが、本当に毛深くなったり、あるいは目立つ程度など差はあるようです。

全く気にならない方も中にはいらっしゃると思いますが、体毛が濃くなるのはちょっと・・・と思われる方は外用薬を使われた方が良いでしょう。ちなみに多毛症はあらゆる部位に見られます。髭・腕・脇・胸・すねであったり、珍しい部位としては手足の指にも生えてくるようです。

ミノキシジルタブレットの使用を止めると多毛症もおさまるといいますが、それと同時に頭皮の育毛・発毛にも影響が出る可能性があります。せっかく生えてきた髪がまた抜けるのはなんとも言い難い悔しさがこみ上げてくるはず。なので多毛症はあらかじめ覚悟しておいた方が精神的にも楽になるでしょう!

むくみやすくなる

ミノキシジルタブレットは降圧剤なので血管を拡げる作用があります。それにより血液の濃度は下がるため、体内で今度は逆に血液の濃度を上げようとするのです。細胞に水分や塩分を溜めこもうとするのでそれがむくみとして現れるのです。特に顔に起きることが多く、酷い時には首周りなどがパンパンに膨れてしまうことも。

しかしむくみを予防する事も可能で、そのためには「利尿剤」を使います。水分を排出させる効果があるのでとても有効です。ただ利尿剤にももちろん副作用はありますし、頻繁にトイレに行かなければなりませんのでタイミングには注意して下さい。

形状に関係無く起きる副作用

どちらの形状を使っても起きる可能性のある副作用があります。ミノキシジルが持つ血管拡張作用によることが多いので、再三申していますが体調の把握をしておきましょう。特に低血圧の方は使用に十分注意をして下さい。

また先述したむくみに関しては外用薬を使っても起きる可能性があります。それに付随した心臓への負担が大きくなることも報告されているので、動悸が起きやすくなったり息苦しくなるようであれば一旦使用を中止しましょう。

低血圧の方は過度な血圧低下を招く恐れがあります

ミノキシジルは血管拡張作用により育毛と発毛を促す成分です。血管が拡がるということは血圧が下がるということなので、低血圧の方は使用する際には注意をして下さい。過度に血圧が下がってしまい、頭痛や吐き気をもよおしてしまう事があります。血圧の低下が続けば体の機能も低下する事があるので気にせずに使用していると重篤な副作用に発展する恐れもあります。

どちらの形状でも血圧低下は起きるようですが、ミノキシジルタブレットの方がやはり発現は多いようです。まずは自身の血圧を把握してから使われた方が良いでしょう。不安があれば最初は外用薬を使ってみて下さい。副作用の発現がかなり少ないためです。

心臓への負担が大きくなる可能性

最も気を付けなければならない副作用として心臓に負担がかかってしまう事が挙げられています。動物実験でも確認され、特にミノキシジルタブレットにより水分が溜まりやすくなるために起きるそうです。

むくみの原因とも関わりが深いので、余分な水分を排出して下さい。先述した利尿剤との併用や、「β遮断薬」も使えばより安心出来るでしょう。ミノキシジルによる不整脈や狭心症などの心疾患を予防する効果があります。

これらを併用するケースはミノキシジルタブレットを使われる場合のみで結構です。外用薬で薄毛改善をされるのであれば併用しなくても問題はありません。ただし動悸が起きやすいと感じたら使用を中止し、なるべく早く医療機関へ行きましょう。

ミノキシジル製品の購入は通販がおすすめ

ミノキシジル製品の購入は通販がおすすめ

ロゲインやそのジェネリック、ミノキシジルタブレットでそれぞれご説明をしましたが改めて。ミノキシジル製品は海外医薬品の通販で購入するのが特におすすめです。その理由はこれまでご紹介したように多くのラインナップがあることと、そして価格が安いため。国内で購入出来るミノキシジル配合の育毛剤はリアップのみですがかなり価格が高いため、毎月の購入が厳しいと感じる方も多いことでしょう。

「それで薄毛が改善出来るなら安いものだ」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、多くの方はもう少し安ければと思われている方の方がきっと多いはず。その点通販であればリアップよりも安い製品がたくさん販売されています。逆に迷ってしまうこともあるかもしれませんがそれほど魅力的なラインナップが揃っているといえます。

通販の購入方法レクチャー

通販で実際にミノキシジル製品を購入するにはどうすればいいか?と分からない方がいらっしゃると思いますがとても簡単です。特に通販サイトを日常的に利用されている方ならばすぐに行なえます。慣れていない方でも1回購入すれば次回から迷わずに行えるはず。ここでは慣れていない方へのレクチャーとして簡単にご説明を致します。

1.製品の選択

まず購入するためには製品を見つけ出さなくてはいけませんよね?どの通販でもだいたい一番上、もしくは両サイドに検索窓があります。「ミノキシジル」と打てば関連する商品が検索されますので購入しようと思う製品か、一度説明を読みたいのであれば各製品をクリックして詳細ページへいきます。

2.実際に購入

欲しい製品が決まったらページ内にある「購入する」というリンクをクリックします。すると購入ページへ移動しますので自身のh\情報を入力していきましょう。特に間違えやすいのが郵便番号。海外から発送されるので正確に入力しなければ、現地へ送り返されてしまいます。

また家族がいる場合に知られたくないからと言って配送先を職場にすると、これもまた税関の検査が通らない事があるため、最寄りの郵便局の住所を記入しましょう。購入が完了すると発送番号が通知されるのでそれをホームページで調べると現在どの位置にあるかが分かります。

支払はクレジットカードか銀行振込です。完了しなければいつまで経っても発送されず、しばらく経つとキャンセル扱いになってしまうので注意をして下さい。代引きを希望する場合は扱っている通販サイトもありますがとても少ないです。どちらか2つの支払方法が主流ですので、対応する方法を用意しておきましょう。

3.製品の発送、到着

発送は国内のショッピングサイトのように即日配達、翌日配達といったように迅速ではありません。10~14日は見ておく必要があります。先に触れましたが海外から発送されるため時間がかかってしまうのです。通販のデメリットは到着が遅いという事が良く挙げられます。

しかしこの部分に関しては避けられないため寛容な心で到着を待ちましょう。通販に慣れている方であればある程度の到着日時を予想して早めに注文をするそうです。リピートされるのであればこんな購入の仕方もありますので試してみてはいかがでしょうか?より効率よく通販を活用していきましょう。

相性の良いプロペシアやザガーロも購入出来る

またプロペシアやザガーロなど相性の良い薬も購入出来るので合わせて注文することも可能です。このふたつは処方箋医薬品のため医療機関へ行かないとは手に入れられませんが、通販であれば個人輸入であるため処方箋が無くても購入する事が出来ます。しかも医療機関で処方されるよりも安く販売されており、さらに費用を抑えた いのであればジェネリックの選択も可能なのです。

ロゲインのジェネリック、ミノキシジルタブレット同様非常に安価なので、合わせて購入すればかなりお得だと思います。それこそ医療機関へ行き先発薬をもらう。その後薬局で育毛剤を購入する。結構な費用が発生しますので節約しつつも薄毛を改善していきたいのであれば断然通販が良いでしょう。薄毛対策としてこれほど良い方法はありません。

育毛剤の体験談

当サイトにアクセスしていただく方がかなり増えてきました。そこで皆さんの体験談や育毛剤の口コミなどを募集しています。良かったこと・悪かったこと、どちらでも構いません。ぜひ投稿して頂ければ幸いです。また、その体験談・口コミはユーザーの生の声です。

これから育毛剤を使って薄毛改善をされる方には最も参考になるでしょう。そういった意味も込めてぜひ意見をお聞かせ下さい。育毛剤の種類はミノキシジル・プロペシア・ザガーロ、そして各ジェネリック何でも構いません!よろしくお願い致します。

育毛剤ミノキシジルで薄毛対策(まとめ)

育毛剤ミノキシジルで薄毛対策

ミノキシジルは非常に優れた薄毛の改善策です。ミノキシジルで薄毛対策をする場合、塗り薬(外用薬)かタブレット(飲み薬)のどちらかで行います。効果の高い形状はタブレットの方ですが副作用が強く出やすいというデメリットもあるのでAGAによる薄毛が深刻である場合の方がおすすめです。様子見としてはロゲインなどの塗り薬で様子見をする方が良いでしょう。ただ育毛剤としてしっかりと薄毛の改善が出来るので心配はいりません。

これらミノキシジル含有の育毛剤を購入するのであれば通販を使うのが最も効率的です。費用の節約が出来ますし、併用することでより効果が高まるプロペシアやザガーロも購入出来るため。薄毛対策は医療機関へ行かなくても通販を使えば簡単に出来るのです。最後にもう一度いいますがAGAは進行性のため、治療を行わなければ薄毛どころかハゲ頭になってしまいます。

AGA特有の弱々しい細い毛も生えてこなくなりきっと後悔するはずです。気にならなければそれで良いのですが、その時に薄毛コンプレックスになったとしても時既に遅しです。そんな悲しい思いをする前に「ミノキシジルで薄毛対策」をして強く健康な髪を再び取り戻していきましょう!

ロゲインでいざ薄毛改善!

ロゲインでいざ薄毛改善!

ロゲインは「元祖育毛剤」とも呼ばれている世界的に人気の育毛剤です。主成分のミノキシジルによる作用で育毛、そして発毛を促し薄毛改善が可能となります。AGAによる薄毛に効果てきめんなのですが、国内では販売されておりません。しかし通販を使えば問題無く使う事が出来ます。

通販と言っても有名どころの通販サイトではありません。海外の薬を個人輸入出来る「海外医薬品の通販」を利用することでロゲインは購入出来ます。小難しい言い回しですが、使い方は一般的な通販サイトとなんら変わりありません。

そして非常にリーズナブルな価格で購入する事が出来ます。ライバルとも言える、国内で唯一ミノキシジルを配合する育毛剤のリアップx5プラスよりもかなり安く購入が出来るので、価格面を重視される方はロゲインを選ばれる事が多いようです。

ミノキシジルの濃度はどちらも5%。そのため効果に大きな差はありません。しかしロゲインがおすすめ出来る理由があるのです!このページではそのロゲインのメリットを皆様にお伝えしていきます。まず効果を中心に、使い方、副作用、通販で購入する方法をお伝えしますので、ぜひ最後までご覧下さい。

ロゲインの効果について

ロゲインの効果について

元々は血圧を下げるための治療薬として開発されていた成分でしたが、使用していた患者より髪が増えたという報告が多く寄せられたため、薄毛に効果的なのでは?との事で研究が始まりました。そして1980年に育毛剤として発売されたのがロゲインです。

その効果は頭皮へ塗ることで血管を拡張させ(高血圧治療にも有効な血管拡張作用)、血流を良くします。薄毛の原因は頭皮の血流の悪さや、それにより栄養が十分髪に行き渡っていない、頭皮が清潔ではない、毛穴に皮脂が詰まっている、などいくつかの要素が関わっているのです。

ロゲインではそのうち頭皮の血流を改善することと、それに伴い栄養を十分に行き渡らせる事が出来ます。AGAの発症により細く短い髪が、長い・太い・ツヤのある髪に成長するのはこのためです。確認してみていただきたいのですが頭皮が固くありませんか?これは血流が悪い証拠です。

そして他の育毛剤に使われている成分とは違い、ロゲインの主成分であるミノキシジルには発毛を促進させる効果もあります。それによりヘアサイクルの乱れで生えてこなくなった休止期の毛穴も活性化するのです。

他の育毛剤に配合されている有効成分では駄目です。厚生労働省、海外で言えばFDA(アメリカ食品医薬品局)でその効果が認められているミノキシジルでなければ薄毛改善は出来ません。もちろん、体質により合わない方もいらっしゃるでしょう。その場合は日本皮膚学会が公表している成分を参考にして下さい。

ロゲインの主成分ミノキシジル

ミノキシジルは日本皮膚学会が公表しているガイドラインで堂々の「Aランク」で評価されています。これは最高ランクであり、AGAによる薄毛はミノキシジルを使い治療をする事が強く進められている証拠と言えるでしょう。

同じくAランク評価が与えられているのがプロペシアの有効成分フィナステリド。こちらもまた、薄毛改善における使うべき成分として真っ先にその名前が挙がります。日本のみならず世界中でも実績があり、他の育毛剤では得られない「発毛作用」も得る事が出来るのです。

すなわちロゲインを使う事で薄毛は改善していくのです。ただし即効性はありません。最低でも半年は使っていきましょう。そのため、費用も抑えていかなかれば少しきついはず。ロゲインならば続けられます。負担としてはそこまでかかりません。それが今日まで使われている理由なのではないでしょうか?

ロゲインの使い方

ロゲインは1日2回使わなければなりません。12時間の間隔を空ける事が望ましいので、ほぼ全ての方が朝と夜に使われていると思います。ミノキシジルの効果を絶えず得られることになるので、毎日続けていくと違いが見えてくるでしょう。

回数も重要ですがその間に取る行動にも気を付る必要があります。まず最初にお伝えしたいのは、ロゲインだけではなく全ての育毛剤に言える事です。必ず頭皮を清潔な状態にしてから使用して下さい。言わずもがな皮脂が毛穴に詰まっていたり汚れが付いているとミノキシジルは浸透しません。必ずシャンプーをして頭皮を清潔にしてから使います。

その流れから続いて、髪が濡れた状態で使うのは当然駄目。理由はお分かりだと思いますが流れてしまうからです。全く使った意味がありませんよね?ですから必ず髪を乾かしてからロゲインを使いましょう。たまにドライヤーで乾かさず、タオルドライをした後にすぐ使う方がいいという情報もあります。

しかしそのままで乾くのを待つと時間がかかるしますし、生乾きになるので頭皮に悪影響です。その後にドライヤーを使えば当然成分を蒸発させますから、結局意味が無くなってしまいます。そのためロゲインを使うのであればきちんと乾かし、12時間間隔を空けて毎日使いましょう

ロゲインの副作用

ロゲインの副作用

ミノキシジルも医薬品成分なので、ロゲインを使っていると副作用が現れることがあります。早速ですがどのような副作用が起きるかをご案内したいと思います。まず最初に挙げられるものが、「血圧の低下」です。ロゲインの有効成分であるミノキシジルには血管を拡張する作用があり、それによって血流が良くなり育毛・発毛作用が促さ れます。

ですが血管を拡張する、ということは血圧の低下も招くのです。血圧が正常値の方であれば全く問題はありませんが、普段から血圧が低い方はロゲインの使用には注意をして下さい。過度に血圧が低下してしまう恐れがあるためです。めまいや気分が悪くなってしまうことがあるので使用は控えるべきでしょう。

過度な血圧の低下はミノキシジルを配合する育毛剤ならばロゲイン以外でも起こります。リアップx5プラス、ツゲイン、フォリックス、カークランドなどでも起きる可能性がありますので、ロゲインから切り替えても無意味なのです。気になるのであれば医師に相談をしてから使って下さい。

その他の副作用

血圧低下以外に起きるその他の副作用には「頭皮のかゆみ・炎症」が起きる事が知られています。これはミノキシジルがもたらす血管拡張作用によるもの、もしくはロゲインに配合されている添加物によって引き起こされてしまいます。

どちらかというと添加物によって起きることの方が多いようです。これは一種のアレルギーになるので、赤みや炎症を起こすこともあります。そのためまず最初にかゆみを感じた場合は一度使用をやめ、医師に相談をして下さい。炎症がひどくなってしまうと逆に抜け毛を招く恐れがあります。

頭皮のかゆみ・炎症以外では稀な副作用が多いと思います。頭痛や手足のしびれ・痛み、そしてミノキシジルタブレットで多く見られるむくみの発生です。ただロゲインは外用薬なので基本的には副作用がかなり軽い方だと思います。

どのような薬もそうですが適量を使っていけば、副作用はそうそう起こりえません。アレルギーであれば別ですが、まずは使い方をしっかり覚えて使って下さい。そうすることで発毛・育毛促進としての効果が目立つはずです。

ロゲインの購入は通販

ロゲインの購入は通販

ロゲインはファイザー製薬がかつて販売していたミノキシジルを配合している育毛剤です。現在はその事業をジョンソンエンドジョンソンに売却し、傘下企業のマクニール社が販売元になっています。ちょっとややこしいかもしれませんが、効果などは特に変わりはありません。

ロゲインは男性のみが使う育毛剤というイメージが強いですが、女性用も販売しています。近年は女性が薄毛になってしまうケースも多いため、覚えておくと良いでしょう。またロゲインは国内では販売されておりません。そのため海外医薬品の通販を利用するか、ご自身で海外から取り寄せる必要があります。

こちらのページではその購入方法について、基本的な情報(効果・副作用・使い方)についてお送りしたいと思います。さらに、より効果が上昇する薄毛対策の方法もご紹介しますのでロゲインを使う際にぜひ実行してみましょう。

通販を利用してロゲインを購入するメリット

冒頭でお話したようにロゲインは国内では流通していない育毛剤です。その理由は厚生労働省より承認されていないため。実にシンプルな理由ですね。発売から20年余りが経過していますが一向に日本ではその気配がありません。しかし海外で販売されているロゲインは購入する事が出来ます。

個人輸入」となるので、一般的に販売されている医薬品であれば購入する事が可能です。ロゲインもそれに該当するので問題はありません。ただ、数量には制限があり1回の利用では2ヶ月分しか注文出来ないので注意をしましょう。つまりロゲインだと2本が上限ですね。規定を超える場合地方厚生局に申請をしなければ、税関でチェックを受ける際に没収されてしまいます。

ロゲインを購入するためには決まりを守って注文せねばなりませんし、到着まで10日前後かかってしまいます。すぐに使ってみたい場合、やきもきしますよね?実は国内でもミノキシジルが配合されている育毛剤が販売されています。薄毛に悩む男性であればほぼ全員がご存知なのではないでしょうか?

それは大正製薬の「リアップシリーズ」です。その中でも最上グレードであるリアップx5プラスは国内版ロゲインといっても過言ではなく、内容量や成分濃度(5%)もほとんど同じ!効果もほとんど差がありません。

「ならばロゲインは必要無いじゃないか!?」と思われるでしょう。その意見はごもっともですが、決めつけるのはまだ早いです。これからロゲインを選ぶべき理由をいくつか挙げますので、ご自身で判断して下さい!

価格面で差が生まれる

ロゲインはリアップx5プラスと同じ容量、ミノキシジル配合量なのですが、非常にリーズナブルな価格で購入出来ます。その価格は4000円前後。一方リアップx5プラスの価格は7000円以上します。結構良いお値段ですよね?もちろん効果は確かなので、薄毛改善をされる方にとって見返りはあるはず。

価格なんてどうでもいい!すぐに使って薄毛を改善したい!とお思いの方にとっては、金銭面を抜きにしてもすぐに使えるリアップx5プラスを購入し使うことでしょう。しかしミノキシジルの効果によって発毛が実感出来る時間は、最低でも半年ほど必要なのです。

もう少し早い時間でその効果を実感出来る方もいらっしゃいますが、単純に半年分かかるコストを計算してみれば、その差が分かると思います。薄毛改善にあたりこれは大きな問題で、医療機関は気になるけどコストが心配になるという理由と合致するのではないでしょうか?結局医療機関と変わりありませよね?

金銭的な余裕が生まれ、薄毛改善の選択肢が広がる

その点、ロゲインは価格が安く続けやすい育毛剤です。通販サイトによって差はありますが、平均で見ると1本4000円前後で手に入れる事が出来ます。この時点ですでに3000円ほどの差なのでかなりお得なのがお分かりいただけると思います。

ですがさらにお得感を得たいのであれば、2本セットを選びましょう!セットは7500円前後で販売されています。計算してみると、1本あたりの価格が3800円前後!通販は複数個で購入すると価格が下がるケースが多く、ロゲインも単価が安くなるのです。金銭面のストレスが減るので気分的にもすごく楽になると思いますよ。ロゲインをすすめる理由はこのようなメリットがあるからなのです。

ロゲインのジェネリック

リアップx5プラスと比べると3000円以上安く購入出来るロゲイン。薄毛に悩む男性にとって費用が少なくなるのは助かりますよね?しかし通販にはもっと安価なミノキシジル配合の育毛剤があります。「ロゲインのジェネリック」とも呼ばれています。ジェネリック大国であるインドの製薬メーカーを筆頭に本国のアメリカのメーカーからも発売されており、とても人気があるようです。

ツゲイン

まずはツゲインからご紹介。インドの大手製薬メーカーのシプラ社が販売するロゲインのジェネリックです。ミノキシジル濃度は2%と5%。そして10%配合のタイプもあり、こちらを選ばれればロゲイン以上に発毛が実感出来るかもしれません。また価格も1本だと3500円前後。3本セットだと1本あたり3200円程度になるのでかなりリーズナブルです。

ただミノキシジルが10%以上になると「かなりベトついてしまう」という意見が見られます。使用感が悪くなるといったデメリットもあるようです。しかしロゲインはそこまで不快感を感じないと思います。そういった面も見ながら選んでみて下さい。

フォリックス

フォリックスは厳密に言えばロゲインのジェネリックではありませんが、ミノキシジルを配合している育毛剤のため良く比較対象として名前が挙がります。アメリカのSapphire Healthcare社が販売する最新の育毛剤です。その特徴はリアップシリーズと同様に、商品ラインナップが豊富な点でしょう。

ベーシックなタイプのFR07はミノキシジル濃度が5%で使い勝手はとてもいいでしょう。そしてツゲインなどと同じように高いミノキシジル濃度の商品もあります。FR07はミノキシジル濃度が7%配合。FR12はさらにその上を行く12%を配合し、なおかるフィナステリド(プロペシアの有効成分)も配合されています。これ以外にもまだラインナップがありますので、ぜひフォリックスのページをご覧いただき、その特徴を知って下さい。

カークランド

カークランドもロゲインのジェネリックの中で有名な育毛剤です。カークランドは日本でも展開されているコストコのプライベートブランドとであり、正式なブランド名はカークランドシグネチャーといいます。この育毛剤の商品名にも、その他の商品と同じように例外ではなくブランド名が付けられています。

と言いましても、薄毛の男性にとってはカークランドと言えばロゲインのジェネリックと連想するはずです。ロゲインと同じミノキシジルを5%配合しているにも関わらず、値段が安いのでジェネリックでも気にされない、コスト重視の方はカークランドを選ぶメリットがあります。

カークランドを購入する方法は個人輸入(通販サイト含む)が最も簡単かつ安価であると思います。日本のコストコでは販売されていませんのでご注意下さい。しかし医療機関では処方してもらえます。なんだか少し不思議な感じがしますが、カークランドは国内では未承認の育毛剤なので仕方がありません。

育毛剤はロゲインがベストな選択(まとめ)

リアップx5プラスを購入するメリットは確かにあります。すぐに使う事が出来るのは非常に大きな要素です。しかしロゲインは価格、ミノキシジルの濃度、どれをとっても非常にバランスが取れている育毛剤なのではないでしょうか?

少し雑な言い方をすれば無難な選択といえますが、それすなわち間違いの無い選択であるともいえるのです。初めての方でも安心して利用出来るのがロゲインだと思います。使い方も朝と夜に塗るだけで大丈夫。とても簡単だと思います。

そしてコストが低くなる分、他の育毛剤も購入しやすくなります。ミノキシジルには抜け毛を止める作用が無いので、プロペシアやザガーロも一緒に使う事が望ましいです。抜け毛を止める作用も得られれば、薄毛改善がより効率的になります。

薄毛で悩まれているのであればぜひロゲインを検討してみて下さい。正しく使えば2~3ヶ月で産毛が生え、さらに使い続けることで太く抜けにくい髪となっていくことでしょう。発毛・育毛にはミノキシジルが最も効果的であることを実感出来ると思いますよ。

ミノキシジルタブレットで劇的な薄毛改善

ミノキシジルタブレットで劇的な薄毛改善

ミノキシジルタブレットは、その名称の通りミノキシジルを配合する錠剤です。育毛剤としてはロゲインのような外用薬をイメージされる方が多いと思いますが、本来の形状はこちらになります。ミノキシジルは元々、降圧剤として使われていたためです(現在は使われていません)。

ではミノキシジルタブレットは一体何に使うのか?その用途はずばり、AGAで起きてしまった薄毛を改善するために使います。外用薬とは違い体内から作用するので、非常に育毛・発毛効果が高いのです。使われたい場合は医療機関、または通販サイトで購入しましょう。特に通販だとかなり価格が安いため費用の節約に繋がります。

ただミノキシジルタブレットの問題点として、副作用が外用薬よりも現れやすいのが難点です。多毛症(髪以外の体毛が増える現象)・むくみ・疲労・動悸などが報告として良く上がっています。もしも使っていくうちに体の不調が強くなったのであれば、一旦使用をやめ医療機関へ行きましょう。

ですが副作用のリスクを減らす使い方もありますので、その方法もご一緒にご紹介して参ります。過信は禁物ですが、安心してミノキシジルタブレットは使えるのです!

ミノキシジルタブレットの副作用を十分理解しよう!

ミノキシジルタブレットの副作用

体の中からミノキシジルの作用が発揮されるので、外用薬よりも遥かにその恩恵を受ける事が出来るミノキシジルタブレットはより一層発毛を促す事が可能です。しかし最初は外用薬から始める事をおすすめします。その理由は効果も強いが副作用のリスクも高いためです。良く効く薬であれば避けて通れません。

その中で良く起きるもの、気を付けたいものについてそ説明を行います。ミノキシジルタブレットを使われるのであれば必ず知っておきましょう。

多毛症

多毛症はミノキシジルタブレットの副作用で最も多いです。どのような症状が起きるのかというと、全身の体毛が増えて濃くなります。外用薬とは違い、体内から全身にミノキシジルが行き渡るためといえるでしょう。髪はもちろん、髭や腕毛、脇毛、胸毛、すね毛などそれはあらゆるところに至ります。

ほぼ確実に起きる」と言われているので、ミノキシジルタブレットで薄毛改善をお考えであれば完全に割り切った方が良いかもしれません。多毛症が嫌であれば恐らくは外用薬を使われている方がほとんどでしょう。ちなみに使うのをやめれば直に体毛も少なくなっていくそうです。それに伴い抜け毛の量も元に戻るかもしれないので、その点は気を付けておいて下さい。

低血圧を招く

血圧が正常値より低めの方は、ミノキシジルタブレットの作用によって、低血圧を引き起こす可能性があります。ミノキシジルというのは血管の拡張作用を持っています。この作用により育毛・発毛を促すわけなのですが、血管が拡がることで圧力が弱まり、血圧を下げてしまう事もあるのです。

軽度な症状としてはめまい、立ちくらみ、頭痛、体のだるさなどが起きる・感じるのであれば低血圧が起きていると思われます。改善が無ければ不整脈など循環器系にも影響が起きるので一度使用を中断し、医師の診断を受けた方が良いでしょう。

循環器への影響

ミノキシジルタブレットで最も気を付けたい副作用は循環器への影響でしょう。こちらもまた血管拡張作用により起きる副作用で、まずは動悸が起き息苦しさを感じてしまいます。これを放っておくと狭心症や心筋梗塞にも発展する可能性もありかなり危険です。

動悸はミノキシジルタブレットを使い始めたときにも起きると言われており、続けるうちに治まっていくと言われています。しかし続くようであれば一旦服用を止めて医師へ相談をするようにして下さい。リスクを下げるには服用回数と用量を守る事が重要です。

初期脱毛

初期脱毛は外用薬でも起きる副作用です。しかしこちらは良い方向に捉えるべきものですし、量が多かれ少なかれ必ずと言っていいほど起きます。その理由はAGAが起こすヘアサイクルの乱れによって休止期の髪が多くなるのが理由です。後は抜けるだけの状態で、いわば細胞の死んだ髪といえるでしょう。

ミノキシジルタブレットで発毛が促され、新しい髪が毛穴から出る時に休止期を迎えた髪を押し上げることで抜け毛として現れます。「育毛剤を使っているのに抜け毛が増えた!」という方は、休止期の髪が一度に抜けるためです。

それにより頭皮がより薄くなってしまうかもしれませんが、しばらくすると産毛が確認されることでしょう。ミノキシジルタブレットを使い続けることでいずれは太く抜けにくい髪へと成長していきますのでご安心下さい。ちなみに使い始めてから1~2ヶ月の間に起き、約2週間ほど続くようです。

その他の副作用

その他に起きる副作用はむくみ、吐き気やそれに伴う嘔吐、稀に性機能障害も起きます。むくみもまたミノキシジルタブレットの作用により起きやすい症状です。ひどいときには顔がパンパンに膨れる事もあるそうなので、おさまらない場合は使用を一時中断することでおさまります。有効な解消方法は利尿剤と一緒に使うことで発生をかなり抑えられるのでお困りであれば併用してみましょう。

性機能障害は勃起不全(ED(勃起不全))や性欲の低下などの事です。ミノキシジルタブレットと同じ育毛剤である、プロペシア、もしくはザガーロの副作用として知られています。AGAの主な原因であるDHT(男性ホルモンの一種)を抑えるために起きてしまうのです。しかしミノキシジルには抗アンドロゲン作用(男性ホルモンを抑える働き)はありません。なぜ性機能障害が起きるのかは不明のようです。

副作用のリスクを下げる方法

ミノキシジルタブレットは副作用のリスクが高いということをお伝えしました。しかしそのリスクは下げる事が出来ます。それによりむくみにくくなりますし、心臓への負担もかなり軽減出来るのです。ただ残念ながら最も高い確率で起きる多毛症は避けようがありませんのでご理解下さい。

では一体どのような方法を行えばミノキシジルタブレットを使い、起きてしまう副作用のリスクを減らす事が出来るのでしょうか?これを知っておけば懸念していた事も無くなるので安心して使えますよね。それでは早速参りましょう!

利尿剤でむくみを軽減

ミノキシジルタブレットは血管拡張作用を持ちます。それにより血液の濃度も低くなってしまうので、水分を血管から排出させて濃度を高く保とうとします。出された水分は細胞間に溜まってしまうので、これが「むくみ」となって現れてしまうのです。

その溜まった水分を排出させるには利尿剤を利用してみましょう。むくみやすい女性、あるいはお酒を飲んだ翌日にも使われる事があるのですが、ミノキシジルタブレットで起きてしまうむくみにも効果があるのです。

ただ利尿剤と併用する場合は、数時間の間非常に強烈な尿意が訪れますので使用タイミングには十分に気を付けて下さい。またカリウムも排出してしまうので、カリウムを多く含む食品やサプリメントで補給するのも忘れないようにしましょう(中にはカリウムを排出しにくい利尿剤もあります)。

交感神経β受容体遮断薬

ミノキシジルタブレットで最も心配するべき副作用としてはやはり心臓への負担が挙げられます。動悸・息切れならばまだ大丈夫ですが、狭心症や不整脈、もっと心肥大にまで発展する可能性もあるのです。ミノキシジルタブレットは高い血管拡張作用を持っているので、心臓に戻ってくる血流量が多くなるので負担がかかってしまうのです。

心臓の動きは交感神経のアドレナリン受容体のうちの1つ、β受容体が関与しており、興奮が高まることで動きが活発になってしまいます。血管の拡張は血圧の低下に繋がるので、それを元に戻そうと交感神経が働きだし心拍が増えていくのです。

その過度な働きを抑えるため、交感神経β受容体遮断薬(βブロッカーとも)を併用することで、心臓の負担を和らげる事が出来るのです。この薬を一緒に使う事でβ受容体の遮断が出来るようになり、心臓の働きが穏やかになるので心拍が安定していきます。

ミノキシジルタブレットを使いだしてどうも息切れがしやすくなってしまった、という方は要注意です。すでに副作用として現れていますので、交感神経β受容体遮断薬を使って下さい。心配であれば検査を受けてもいいですし、思い切って止めるのも1つの手です。外用薬へ切り替え薄毛改善を行って下さい。

うまく組み合わせてリスクを軽減

ミノキシジルタブレットにはある程度のリスクが付き物だと思って下さい。それが効果としても現れることを十分理解しましょう。ただ発生するリスクは下げることが出来ます。うまく利尿剤や交感神経β受容遮断薬などの併用は医師からも推奨されているのです。

ただそこまでして使うのは気が引ける、という方もいらっしゃるでしょう。そういった方々は効果はミノキシジルタブレットよりも低いですが、安全性の高い外用薬を使うことをおすすめ致します。こちらも毎日続けていけば薄毛改善が可能です。

少ない用量でリスクを下げる

違う薬を使い副作用のリスクを下げる方法にもデメリットはあります。それは併用する薬による副作用が起きてしまうこと。一方の薬とは相性が良いが、もう一方の薬との相性が悪かった、というパターンも十分にあり得ます。

併用する薬の副作用で知られてるものは、利尿剤であれば水分が極端に減ってしまうので乾燥に注意をしなければなりません。また食欲が落ちたり下痢を起こす可能性もあります。β受容体遮断薬はめまいや徐脈などです。特に徐脈には気を付ける必要があるでしょう。

そういった点で併用薬にもある程度のリスクはあるのです。そこでミノキシジルタブレット単体で副作用のリスクを下げる方法を実行してみましょう。それはとても簡単なのですぐに実行出来ます。用量を低くして使えば良いのです。販売されている中で一番少ない用量は2.5mg。

10mgでは分割するのがちょっと面倒ですが、5mgであれば半分にするだけ。これだけでも少しの差は出てくるはずです。そういったことを踏まえ、最初に使う時は少ない用量から始めたほうが良いと推奨しています。

育毛剤として承認されていない

ミノキシジルタブレットは日本を含めどの国でも育毛剤として承認されていません。これは他のページでも説明をしたかと思いますが、始めの用途としては高血圧の治療薬として使われていたためです(ただ現在ではその用途で使われていません)。

しかし高血圧の改善に使われていた患者から「髪が増えた」という報告が相次いだために育毛剤として認識されたのです。副作用を利用して別の用途に使う、というのは薬では珍しくありませんが、ミノキシジルタブレットもまさにこの流れにあてはまります。

しかしメインテーマにも挙げていますように、副作用の懸念もありました。そのため効果は下がるものの安全性が高くなった外用薬が開発され、今日に至ります。特に国内で唯一ミノキシジルを配合しているリアップx5プラスはその代表と言えるでしょう。その他には海外のみで発売されているのですが、ロゲインやツゲイン、カークランドやフォリックスなどが良く知られています。

後ほど詳しく説明を致しますが、基本的にミノキシジルタブレットを使われる場合、AGAの症状が進んだ方に向いていると言えるでしょう。

言い方は悪いですが、どなたから見ても薄毛である(もちろん自身も自覚している)方は、外用薬ではなくミノキシジルタブレットを使われた方がコスト面や時間で見ても選ぶ価値はあると思います。なぜなら外用薬はどうしても「頭皮」というバリアによって、ミノキシジルが浸透しにくいためです。

確かにリスクはあるのですが、多くの方がその効果により薄毛改善出来ているという事実があります。もちろん自身の体調を最優先に考え、特に問題が無ければ続けてみましょう。

ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルタブレットは副作用に気を付けなければならない育毛剤です。しかしそのデメリットを加味しても尋常ではない育毛・発毛作用を備えています。実はミノキシジルは吸収率がそれほど良くない成分です。そのため外用薬は吸収されやすいよう様々な工夫が凝らされています。

しかしミノキシジルタブレットに関して言えば体内から作用するので、ダイレクトに効き目が現れ、頭皮で吸収するよりも遥かに効率が良いのです。ただし即効性はありません。ミノキシジルタブレットの効果を実感するためには外用薬と同じく半年は使います。早い方であれば3~4ヶ月で見え始めるようです。

抜け毛を止める効果は無い

ミノキシジルタブレットは育毛と発毛促進に特化しています。AGAをしたことで、薄毛になってしまったのであれば、非常に利用価値があるでしょう。毛根が死んでいない限り髪を生やす事が出来るためです。しかしその薄毛になる過程、つまり「抜け毛予防」で言えばそこまで効果を発揮しません。

確かに髪が強くなり抜けにくくはなります。しかしAGAの原因であるホルモンを抑える作用がありません。ミノキシジルタブレットだけを使っていても髪の質は高まりますが、結局抜け毛が起きてしまうのです。それを防ぐにはAGA治療薬のプロペシアと一緒に使う事をおすすめ致します。

ホルモンを抑える作用を持ち、抜け毛を抑える効果を持っているためです。当然お互い強く作用し合い、副作用のリスクを高める事もありません。なるべく2つの育毛剤を組み合わせ、薄毛改善を行った方が成功率は高いのです。プロペシアと同じ作用を持つザガーロでも同じく薄毛改善の効果を高めれられますよ。

頭皮を清潔に保つ事も重要

ミノキシジルタブレットを使う、あるいは先述したプロペシアやザガーロなど男性ホルモンを抑える薬との併用で薄毛改善に取り組んでも「頭皮を清潔」にしていなければ意味がありません。AGAを発症されている方は非常に頭皮がデリケートな状態なのです。

特に皮脂のコントロールは大切で、ありすぎても無さ過ぎても頭皮トラブルを起こしてしまいます。適度に除去しなければなりません。そこで頭皮ケアシャンプーを使い優しく洗い上げる事が大切です。市販されているシャンプーは洗浄力が強く皮脂を余分に落としてしまうので、少し高めですがアミノ酸系シャンプーをおすすめします。

ミノキシジルタブレットの使い方

ミノキシジルタブレットの使い方はとても簡単です。1日1回1錠飲めば良いだけなので全く苦に感じないでしょう。ただし用量は守らなければなりません。1日の上限としては40mgとして定められていますが、こちらは本来の使い方である降圧剤としての上限です。

薄毛改善でミノキシジルタブレットを使われる場合の上限は10mgまでなので気を付けて下さい。状態によりけりですが、2.5mg・5mg.10mgといった段階に分けて良いと思います。始めは体を慣らす意味合いとして2.5mgか5mgで始めてみましょう。これでも十分発毛効果に期待が持てるはずです。

1日の上限は守りましょう

ミノキシジルタブレットには1日の上限である10mg錠がありますので、こちらを購入された場合ピルカッターなど、錠剤をカット出来る器具を使ってみましょう。半分にすることで副作用のリスクを抑えられ、なおかつコストカットも可能になるためです。

副作用が起きやすい、といえど使い方を工夫すればリスクを下げる事が出来るのです。薬の形状にもよりますが、ミノキシジルタブレットは錠剤タイプなのでそれが可能になります。もちろん心配であれば本来推奨されている医療機関でいくつかのチェックを受けてから安心感が増すことでしょう。

体調の管理

先程にも触れたようにミノキシジルタブレットの副作用は、ある程度軽減出来ます。もちろん絶対に起きないようにする、ということは出来ないので過信は禁物ですし、併用する薬によって起きる副作用もありますので、十分に理解はしておきましょう。

ただし今現在大きな病気などをしていない、つまり健康状態が良好であれば、健康を害することはないので心配のし過ぎにもご注意下さい。むくみを防ぐためには利尿剤を使います。その際はかなりの尿意をもよおすので、なかなかトイレに行けない環境の方は気を付けましょう。

循環器系の副作用が心配、または起きてしまったのであれば交感神経β受容体遮断薬を一緒に使います。循環器系の副作用とは動悸や息切れをしやすくなった場合です。ただ先程も申したようにこういった兆候が起きていなければ、使わなくても問題はありません。

併用禁忌薬

ミノキシジルタブレットには併用禁忌薬があります。これはどの薬にも言えることなのですが、禁止されている薬の成分と組み合わせることで作用が強くなり、必要以上に効果と副作用が出てしまいます。効果もそうなのですが、副作用が強くなってしまうと非常に危険です。

ミノキシジルタブレットの併用禁忌薬に指定されているのは、鎮痛剤の成分であるイブプロフェン。頭痛薬にも良く配合されています。使われている方は気を付けて下さい。その他には降圧剤を使用されている方もミノキシジルタブレットと使うのは注意が必要です。

降圧剤、ミノキシジルタブレットともに、作用としては血管を拡張してしまうので、過度な血圧低下を招く恐れがあります。血圧が急激に低下すると、めまいやたちくらみなどを起こすのでとても危険です。その場で動くのも辛くなったりもするので、行動に制限が出てしまいます。気を付けましょう。

ミノキシジルタブレットに向いている人

ミノキシジルタブレットに向いている人は、ある程度AGAが進行している方が該当します。外用薬よりも効果が高いため、薄毛改善に期待が出来るはずです。ミノキシジルが体内で作用するので、外から取り込むよりも効率が良くなります。

そして手軽に使えるのもメリットです。外用薬は1日2回塗る必要があります。そのため面倒に思ってしまうのもまた事実。その点ミノキシジルタブレットは飲むだけで薄毛改善が可能ですから、めんどくさがり屋の方でも続けられやすくなるでしょう。

使い勝手や効果としてはロゲイン・リアップx5プラスなどの外用薬よりも上回っています。つまり抜け毛予防などではなく、確実に薄毛をどうにかしたいと思われる方にとってミノキシジルタブレットは大きな役に立つはずです。その際はしっかりと効果と副作用のバランスを見ておいて下さい。

ミノキシジルタブレットを控えた方が良い人

先程の項目とは反対で、ミノキシジルタブレットを控えた方がいい人についてご説明致します。まずは前述しているように低血圧の方。ミノキシジルは高血圧の治療薬として使われていました。血管拡張作用を持っており、それに伴って血圧も低下していきます。

もしも低血圧の方が一層血圧を低くしてしまうのであれば、なんらかの症状が出てしまうのです。過度な血圧低下は危険を及ぼしてしまう可能性もありますのでなるべくならば控えておいたほうが良いと思います。外用薬も低血圧の方の使用には注意とあるのですが、使うのであればこちらを使ったほうが良いと思います。

心臓になんらかの疾患を持っている方もミノキシジルタブレットの使用は控えた方が良いかもしれません。ミノキシジルタブレットは狭心症や動悸が副作用として報告されておりますので、そのリスクを高めてしまいます。違う方法で薄毛改善を試して下さい。

購入は通販で行いましょう

購入は通販で行いましょう

ミノキシジルタブレットを使うためにはずばり、通販で個人輸入をするのが1番効率が良いと思います。初めて使われる場合には届くまでに時間が必要となりますが、あとは無くなりそうなタイミングを見計らって注文をすれば、まず切らすことが無いと思います。

ではなぜ通販で購入するほうが良いのか?確かにミノキシジルタブレットも医療機関で処方してもらうことが出来ます。しかし保険適用されないため、それぞれ価格が違います。ただしどの医療機関もそれなりの価格であり、続けられる場合相当な負担をしなければなりません。

しかし通販で販売されているミノキシジルタブレットは、海外から取り寄せるので現地の販売価格そのままで購入することが出来ます。また、通販で購入するのは価格面以外にもメリットがあります。注文はネットで自宅にいても行うことが出来ます。そのため医療機関へ行く時間、そして諸費用をカット出来るためです。

また、医療機関で処方されるミノキシジルタブレットは、個人輸入で手に入れたものなのだとか。と言いますのも、日本の製薬メーカーが製造していないためなのです。

医療機関で処方してもらう場合は損?

ミノキシジルタブレットは長い期間続けて使う必要のある育毛剤です。そこで問題になるのはコスト。医療機関で処方される場合、1ヶ月分で8000円~と非常に高い価格になってしまいます。「オリジナルのミノキシジルタブレット」と称していますが、実際のところ国内で製造販売している製薬メーカーは無いためミノキシジルタブレットを個人輸入をしているのです。

先述したようにミノキシジルタブレットは「育毛剤として承認されていない」ですし、現在は降圧剤としてもほとんど使われていません。そのため病院でも個人輸入をしなければ手に入れられないのです。現地の価格で仕入れ、病院処方というブランド価値を付け、5倍10倍の価格で処方されます。

AGA治療は自由診療ですし、ミノキシジルタブレットにも適正価格というものはないので、どれほどの料金で処方するかは医療機関によって違います。悪いことではありません。しかし通販サイトで購入出来ることを知っている方からしてみればとても高く感じるはずです。

各メーカーのミノキシジルタブレット

日本では製造販売されていないミノキシジルタブレット。しかし海外の製薬メーカーでは現在も行われています。インド製を筆頭に、フィリピンやタイの製薬メーカーが販売しているミノキシジルタブレットは安価で効果も実証されていることから非常に人気です。

また初のミノキシジル製剤とも言えるロニテンも購入出来る通販サイトがあります。しかし取扱うサイト自体がとても少なく、全てが英字であったり、販売されていても高額であるため、ジェネリックの利用をおすすめ致します。

1錠あたりがかなり安く、通販サイトによってはまとめ買いをすることで割引をされるので驚くほどの価格で購入することが出来るはずです。それでは人気のミノキシジルタブレットをいくつかご紹介しますので、気になるものをチェックしてみてください。

ノキシジル

ノキシジル

ミノキシジルタブレットのジェネリックで非常に有名な商品がこちらのノキシジルです。タイに本社を置くT.O. MED社が販売しています。このメーカーは東南アジアを中心に美容製品を販売しており、その品質にはとても定評があります。

ノキシジルは何よりもその価格が魅力です。5mgの場合、最安だと1錠あたり34円。10mgだと1錠あたり38円で使えるので、医療機関と比べてみるとかなりコストカットが出来ます。もちろん効果についても多くの方から評価されています。迷ったのであればノキシジルを使ってみましょう。

ミノクソール

ミノクソールはインドの製薬メーカーであるスマート社から発売されているミノキシジルタブレットです。スマート社はまだ新しい製薬メーカーですが、一部の間では非常に話題となっており、価格面も安価なことから人気が高まってきています。

スマート社の商品の特徴はパッケージなどが全て日本語表記であること。「現地日本人の監修」をかなりアピールしています。インドのジェネリック事情、そして日本語で日本人が分かりやすい商品であることが合わさって、他のインドの製薬メーカーとは一線を画しているのです。

このミノクソールは5mg錠しか展開されていません。ミノキシジルタブレットの1日の最大容量は10mgですが、日本人には5mgでも十分とされています。もしそれでも強いと感じられたのであればピルカッターで半分にカットすれば軽減できるでしょう。また、コストカットの面でも役立ちます。

ロニタブ

ロニタブはインドの大手製薬メーカーであるいん足すファーマから発売されているミノキシジルタブレットです。こちらも先程説明したミノクソールと同じく、5mg錠しか展開されていません。日本人にとってはとても使いやすいミノキシジルタブレットでしょう。

ただ他の商品と比べると価格が少し高めなのがネックです。ノキシジルやミノクソールの方が安く販売されていることが多いため、若干マイナーな感じが否めません。とはいいましても決して効果が無いということはなく、しっかりと育毛・発毛の促進に役立ちます。

まとめ

まとめ

ミノキシジルタブレットはメリット、デメリット双方あることをまずは理解して購入をする必要があります。副作用が出やすいこと、どんな症状が起きるかなどを把握しておいて下さい。ただそのリスクを下げる方法もあります。使い方もマスターするべき薬であると自覚をしておきましょう。

その反面、効果としては非常に高く大勢の方が薄毛改善に成功しています。外用薬とは違い、体内から作用するためミノキシジルの効果が発揮されやすいのです。オーバーな表現かもしれませんが、薄毛改善の切り札と言っても良いと思います。

そしてミノキシジルタブレットを購入されるのであれば通販を利用するのが一番お得です。日本のみならず、海外でも「育毛剤としては承認」されていません。しかし保険適用外として処方してもらうことは可能で、そうなると非常に高額な料金が必要となってしまいます。

しかし通販(個人輸入)をすれば、海外で販売されている価格のまま購入出来るので、医療機関の半額以下にコストを抑えることが出来るのです。しかも多くのメーカーが販売しており、お好みの商品もえらべます。様々なことに気を付け、ミノキシジルタブレットを有効に使っていきましょう!

リアップx5プラスとは

リアップx5プラス

大正製薬から発売されている「リアップ」は国内で唯一発売されているミノキシジルを配合している育毛剤です。そのためブランド力は絶大!国内においては恐らくロゲインよりも有名でしょう。いくつかラインナップがあるのですが、中でもミノキシジル5%を配合する「リアップx5プラス」は非常に高い人気を誇っています

しかしとある疑問も1つ、浮かび上がります。リアップx5プラスはロゲインとほぼ同じスペックなので、実際どれほど優位なのか?という事です。これを知ってしまうとどちらが良いか迷ってしまう方がいらっしゃるかもしれません。本当に効く育毛剤とは?一体どれを使えばいいのでしょうか?

リアップx5プラスで薄毛改善は可能です

肝心の薄毛改善についてはロゲインとほとんど変わりません。なぜならばミノキシジルの濃度が同じだからですね。しかし価格面を比べるとロゲインに軍配が上がります。リアップx5プラスの価格は7000円程度なのですが、ロゲインは4000円前後で購入出来ます。3000円の差は結構大きいですよね?

さらに言えばロゲインのジェネリック、あるいはミノキシジルタブレットを選ばれるのであればさらにその価格は安いので、継続して使う場合は通販で育毛剤を購入した方がコストカットが見込めます。抜け毛を減らす効果を持つプロペシアと併用するのであれば、選ぶ際の判断基準にもなるでしょう。

リアップの種類と価格(リアップシリーズの紹介)

リアップシリーズはどのような脱毛症に適応しているのか?それはAGA(男性型脱毛症による薄毛に使います。抜け毛で減ってしまった髪を再び生やすのです。ミノキシジルの高い発毛促進作用ならばそれは可能で、リアップシリーズは日本で唯一配合している育毛剤(メーカーは発毛剤という呼び方ですが)として君臨しています。

売上で見てみると分かりやすい数字で現れており、2015年度の売上はなんと150億円にものぼります。大正製薬にとっては最重要とも言える商品であることは間違いないでしょう。少し話が脱線してしまいましたが、早速シリーズのラインナップをご紹介致します。

リアップ

リアップ

日本で初めて販売されたミノキシジル配合の育毛剤、それがこのリアップです。記念すべきリアップシリーズの第一号!今まで日本で販売されていた育毛剤は、効果に疑問の残る成分配合のものしかありませんでした(日本皮膚学会でCランクに指定されているアデノシン配合の育毛剤はありましたが)。

しかしリアップはミノキシジルという、様々な研究データによって育毛・発毛作用が証明されている成分が使われています。他の育毛剤とは一線を画すのは明らかで、発売当初から爆発的な非常に人気になり、しばらくは品薄状態が続いたといいます。

価格は内容量によって変わります。120mlと60mlの2種類があり、120mlは9500円。60mlは5500円で販売されています。比較をしてみると120mlの方がちょっとお得です。薬局によっては低下よりも少し安いところがあるかもしれませんので探してみるのもありでしょう。

ちなみにリアップ、そしてこれからご紹介するリアップシリーズはすべて第1類医薬品に分類されています。そのため購入の際は薬剤師と対面する必要があります。人によっては恥ずかしいと思うのではないでしょうか?ただOTC医薬品を扱う通販サイトも現在はあり、ネットで購入する事も出来ます。

リアッププラス

頭皮環境を整え、発毛させやすくさせる成分が加わったいわばバージョンアップしたリアップ。ミノキシジルの含有量は1%ですが、デリケートな肌の方でもかゆみが出にくくなりました。ミノキシジルはもちろん、他の添加物でアレルギー反応が出てしまうこともあるのでこういう違うバージョンが作られるのはユーザーにとっては嬉しいところです。そのプラスされた成分はこちらになります!

・パントテニールエチルエーテル(ビタミンB群の1つ。頭皮環境を整える作用) ・トコフェロール酢酸エステル(合成ビタミンE。抗炎症作用) ・l-メントール(爽快感やかゆみを鎮める作用)

内容量は60mlで本体価格は5239円です。リアップよりも多少安いくらいでそこまでの差はないのでお好みで選びましょう。

リアップジェット

スプレー式になったリアップ。成分はリアッププラスと同じです。頭皮に直接つけて使用できるので薄毛が気になる箇所に直接当てるようにして使って下さい。また1回分の使用量が15噴射で、その1回ごとにロックがかかるので使う上でも分かりやすいですね。価格も割と安く、3800円になります。

ミノキシジルの育毛剤では珍しいスプレータイプです。ローションタイプよりも手軽に使う事が出来るので朝の準備が忙しい方にはリアップジェットはとてもおすすめ。ただし髪に付きやすいので、しっかりと頭皮に浸透するように使うことを心がけましょう!

リアップリジェンヌ

女性用のリアップこちらのリアップリジェンヌです。ミノキシジルが1%配合されており、女性の薄毛改善に期待出来ます。近年は女性の薄毛がとても増えており、その改善にはミノキシジル配合の育毛剤も有効とされているので、薄毛にお悩みの女性はぜひ使ってみましょう。

使い方は男性と同じように1日2回使用し、半年間は続けるようにして下さい。そして男性と違っていくつか使用の際には注意があるので覚えておいて下さい。妊婦ならびに妊娠の可能性がある女性はリアップリジェンヌの使用を控えましょう。胎児への影響は未知なものの、注意をしなければなりません。

そして女性は髪の長い方が多いので、しっかりとかき分け、頭皮へ浸透させるように意識しましょう。ミノキシジルは頭皮に浸透してこそ効果を発揮するので、髪に付けて終わりということがないよう注意して下さい。使う意味がなくなってしまいもったいないです。

定価は60mlで5239円と少し高めです。もし継続的に使う上で、費用の負担が心配であれば女性用のロゲインや、ジェネリックのツゲインを使ってみましょう。女性専用の育毛剤も数多くありますので、詳しくはこちらをご覧下さい。

リアップx5プラス

リアップシリーズで最もミノキシジル含有量の高いリアップx5プラス。ミノキシジルの作用は濃度が重要なので、従来のシリーズよりもさらに薄毛改善の効果が期待されます。皮膚の状態を正常に保ち、皮脂の分泌を抑制する効果を持つピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)も配合され、ミノキシジルによる発毛と育毛をさらにサポート。

内容量は60mlで定価は7048円。消費税を入れると7612円となり、さすが最上グレードというだけの価格!もちろんそれに見合った効果はあるので、AGAがかなり進行してしまっている方はリアップx5プラスを検討してみましょう。

リアップx5プラスの成分

リアップx5プラスの成分

リアップx5プラスに配合されている成分についてご説明します。ミノキシジル(5%)と、余分な皮脂の分泌を抑えるピリドキシン塩酸塩、清涼感を与えるl-メントールなどです。効果はさることながら、他の外用薬で副作用(かゆみや炎症)が起きた方は注意してみましょう。

ミノキシジル

ミノキシジルが配合される事により頭皮の血管を拡張、それによる血流の促進で髪に必要な栄養がスムーズに送られるようになります。薄毛になってしまう要因のひとつに、血行の悪さが指摘されているのでとても有効なのです。頭皮に柔らかさを感じなければ血行が悪いと言えるでしょう。

そして毛母細胞を活性化させて新たな髪が徐々に作られ始めます。これがいわゆる発毛効果です。日本で唯一ミノキシジルが配合されているリアップシリーズ、その最高峰であるリアップx5プラスを使えば薄毛改善の可能性が高くなるでしょう。

ピリドキシン塩酸塩

ピリドキシンとはビタミンB6のことで肌を健やかに保つためには欠かせない成分です。アミノ酸とタンパク質の代謝に関わり、新しい細胞を作り出します。そのピリドキシンを科学的に合成したのがピリドキシン塩酸塩で、より効率的に吸収出来るようになりました。

トコフェロール酢酸エステル

リアッププラス以降のシリーズに配合されている成分です。トコフェロールとはビタミンEのことで(ビタミンには専門的な呼び名があります)、抗酸化作用が強く、皮脂の酸化を防ぎ頭皮環境の悪化を予防します。かゆみやフケが増えてしまうのは皮脂が酸化することが原因なので、効果を発揮すると言えるでしょう。

l-メントール

冷感作用を持ち、主に清涼感(使った後のすっきり感)を与えるために使用されています。ですがそれだけではなく抗炎症作用みよりかゆみを鎮める効果もあるのでリアップx5プラスの効果アップに一役買っているのです。

その他の成分

その他添加物としてセタノール(乳化安定作用)、1,3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸、エタノールが配合されています。それはともかく、やはり特筆すべきはミノキシジル。5%という濃度はロゲインと同じです。ようやくこのレベルまできたか、という感じです。なぜなら育毛剤は海外の方が製品も豊富ですし、技術が進んでいるからです。

しかしすぐにリアップx5プラスが手に入るというのは大きな進歩だと思います。個人輸入の方法を知らない方にとっては大きな助けとなるのではないでしょうか?後程簡単に出来る方法をお教えしますので、ロゲインも簡単に購入出来るようになりますよ。

リアップx5プラスの効果

リアップx5プラスの効果

リアップx5プラスは医薬品です。そのため薄毛を改善する効果が実証されています。これはミノキシジルが配合されているため。国内で販売されている数多くの育毛剤の中でリアップシリーズのみにしか無い強みです。この点だけでも他の育毛剤を圧倒しているのではないでしょうか?

リアップx5プラスを使えば発毛・育毛が促進され、抜け落ちた髪が再び生え出し、AGAの発症により弱った髪を元気に戻っていきます。有効成分のミノキシジルによる血管拡張作用で頭皮の毛細血管が拡張され血流が促進。それにより血液中に含まれる酸素や栄養が毛包へ盛んに届くようになり活性化。すると毛包の一部である毛母細胞が細胞分裂を繰り返して新たな髪に。こちらも毛包の一部である毛乳頭も刺激され育毛が促されるのです。

まずは半年、リアップx5プラスを使いましょう

ミノキシジルには即効性がありません。リアップx5プラスの添付文書にも記載があると思いますが、これらの効果が確認出来るのは4ヶ月間継続して使うのが前提です。1ヶ月、2ヶ月では目に見える効果は現れません。さらに大正製薬が公表しているデータによれば使う期間が長くなると髪の太さ、本数に変化を感じる方が半数以上もいるので、まずは続ける事を意識しましょう。

またその間には「初期脱毛」という、普段より抜け毛が増えてしまう時期が約2週間起きる場合があります。しかしこれは死んでしまった髪が新たに作られた髪に押し上げられる事で起こる現象です。抜け毛の量で驚かれるかもしれませんが、ヘアサイクルが正常に戻り出している証にもなるのでリアップx5プラスの使用を止めずに続けていきましょう。

ただリアップは「AGAの原因=男性ホルモンの生成」の抑制が出来ません。ヘアサイクルが長くなったとはいえ、普通の方に比べるとやはり抜け落ちる期間は早いです。その場合5αリダクターゼ阻害薬の1つであるプロペシアと併用する事をおすすめします

プロペシアとの併用でより高い効果

プロペシアはAGA治療薬としてお馴染みの薬です。有効成分のフィナステリドの作用で、原因になる男性ホルモンの生成を抑制し抜け毛を減らします。AGAは男性ホルモンによりヘアサイクルが乱されてしまうことで発症しますが、その過程には遺伝であったりストレスの蓄積であったり生活習慣が関係しているのです。よく言われる薄毛の原因というのは男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の過剰分泌に繋がっています。

先述したようにリアップx5プラスの有効成分ミノキシジルは男性ホルモン自体をブロックしたり、あるいはその生成を抑制するという効果は持っていませんので、プロペシアとの併用は非常に相性が良いのです。反対に考えると、プロペシアのみ使う場合、抜け毛は減らせるが新しい髪は増やしづらい(発毛)事が挙げられています。

どちらもAGAの治療に有効ですが単体では髪を増やし強くするか、抜け毛を減らすかのみです。よって確実に薄毛を改善していくのであればミノキシジルとフィナステリドの作用を同時に得なければなりません。まさに理想の組み合わせといってもいいくらいです。またプロペシアと同じ作用機序を持つザガーロとの併用も有効です。有効成分のデュタステリドも男性ホルモンの生成を抑えてくれます。リアップx5プラスと相性抜群と言えるでしょう。

リアップx5プラスの副作用

リアップx5プラスは副作用が起きにくく比較的安全に使える育毛剤です。ですが必ずしも起きない、というわけではありません。個人によっては副作用が出てしまう場合もあるので覚えておきましょう。有効成分がミノキシジルですからロゲインとほぼ同じ副作用が現れます。

◆めまい・頭痛・吐き気・倦怠感 ◆頭皮のかゆみ、かぶれ ◆腹痛・下痢 ◆徐脈・不整脈など

頭皮のかゆみやかぶれはミノキシジルでというよりも添加物によって起きる事が考えられています。頭皮にほてりを感じた場合は、ミノキシジルの作用(血管の拡張)によって起きたと考えて良いでしょう。徐脈や不整脈もミノキシジルの血管拡張作用で起きてしまう事が考えられます。血圧を下げてしまうためです。

そのため低血圧の方がリアップx5プラスを使用される場合は注意をしなければなりません。店頭で購入される場合、薬剤師と対面しなければならないのですが、その際に相談をされると良いでしょう。OTC医薬品ですから国内のネット通販でも購入が可能です。その場合も薬剤師、または医師に尋ねることをおすすめします。

リアップx5プラスの使用で注意する点

副作用に合わせてリアップx5プラスを使用する上で注意するべき点も合わせてお知らせ。これらは大正製薬のリアップx5プラスの添付文書やHPにも記載されており、守らなければ副作用のリスクが高くなってしまいます。

まずは女性に対して安全性の確認がされていないため使わないようにして下さい。女性には女性用リアップ(リアップリジェンヌ)や、その他の製薬メーカーから発売されている女性用育毛剤をご利用下さい。未成年もリアップx5プラスを使用出来ないのでご注意下さい。AGA以外の脱毛症には効果がありません。特に円形脱毛症は急激に抜け毛が増えるため、リアップx5プラスの使用を思いつくでしょうが、そもそも原因が違いますしミノキシジルでは抜け毛を止める事が出来ないので使わないで下さい。

ワセリン(皮膚の保護クリーム)やトレチノイン(ビタミンA誘導体。主にクリーム)との併用には気を付けて下さい。必要以上にミノキシジルが吸収されるためです。吸収されやすくなるということは副作用が強く出てしまう可能性があるので、出来る限り併用は控えましょう。その他に併用禁忌薬や使用を控えるべき薬はアナウンスされておりません 。

頭皮を清潔にしていなければ成分が浸透しません。皮脂が詰まってしまうと抜け毛の原因にもなるので、リアップx5を使う際はしっかりと皮脂や汚れを落として下さい。特に夜に塗る場合、必ず入浴を済ませてから使用しましょう。ただし洗いすぎによって皮脂を余分に落とすことで、頭皮もバリア機能が損なわれるので注意をしなければなりません。うまくシャンプーをするコツや頭皮に優しいシャンプーについてはこちらをご覧下さい。

リアップx5プラスの購入方法

ではリアップx5プラスを購入するにはどうすれば良いか?その方法は実に簡単です。医療機関ではなく薬局で購入出来ます。プロペシアやザガーロのように医師から処方箋をもらう必要はありません。ただしリアップx5プラスは第1類医薬品という扱いのため、薬剤師と対面しなければ購入出来ないので注意をして下さい。

OTC医薬品には第1類~第3類までの種類があります。その中で第2類、第3類は使用のリスクが低いので基本的には薬剤師を介して購入しなくても大丈夫です(分からない点があれば説明を聞くこ事が推奨されています)。しかし第1類医薬品は効果が高い反面、副作用も強く現れる可能性があるため、薬剤師による説明やチェックなどを必ず行い対面で購入しなければならない決まりがあるのです。

そのため商品棚に置かれている場合は空箱、もしくは購入カードを持ち医薬品専用のレジへ持っていく必要があります。一般のレジヘ行くと改めて医薬品専用レジへ案内されるので二度手間です。もう1つ、薬剤師が待機している調剤室に置かれているケース。最近の薬局は調剤薬局が併設されている事が多いのでこのパターンもよく見かけます。こちらの方が分かりやすいかもしれません。

ただ薬剤師は目安として18時以降には業務が終わっていることが多く、仕事で夜遅くに帰宅される方にとっては不在である事が多いのでなかなか購入のタイミングが取りづらいでしょう。また薬剤師と対面する=自身が薄毛である、と発信しているようなものです。コンプレックスを知られるのはかなり苦痛ですよね?それにより治療を躊躇している方も多いのではないでしょうか?

リアップx5プラスはOTC医薬品

ですが不安を抱く必要はありません。その場合はネット通販の利用が便利です。と言いましても当サイトでご紹介しているような海外医薬品の通販ではなく、OTC医薬品を購入出来る通販です。こちらは個人輸入ではなく、例えば大手ECサイトが展開しているケースになります。皆さんも一度は購入したことがあるはず。処方箋医薬品は通販で販売出来ないですが、第1類医薬品の販売は許可されています。ということはもちろんリアップx5プラスも購入が可能なのです。

ネットを介すわけなので薬剤師と対面する必要はありませんが、メールで送られてくるチェック事項に返信をしなければならないので気を付けましょう。このチェック事項は必ず返信をせねばなりません。例え購入が何回あっても毎回です。返信をしなければキャンセル扱いになるので少し面倒でも必ず行いましょう。また、ネット通販でリアップx5を購入する場合は店頭よりも安くなっている場合があります。そういった点もチェックすればお得に購入が出来るかもしれませんので覚えておくと良いでしょう。

本当に効果はある?

本当に効果はある?

ここから本題でリアップx5プラスは果たして本当に効果があるのか?という点に迫っていきます。早速結論を申しますと薄毛改善の実感はバッチリ得られるでしょう。それは当然ミノキシジルが含有されているため。育毛はもちろん発毛に関しても実証があるミノキシジルを5%も配合しているため、使い続けることで結果が出てきます。国内の育毛剤の中ではまず最強の効果を持っていると言っても過言ではありません。

しかしこれは国内のみの話で、海外に目を向ければこのラインが一般的なのです。ロゲインにしてもそうですし、ジェネリックであるツゲインも5%配合にも関わらず価格がリアップx5の半額程度で購入出来ます。しかも10%配合タイプもあるので、ミノキシジルの濃度を重要視される方はこちらを選ぶはず。7000円で5%?(リアップx5プラスの価格)と価格の差でまず選ぶことは無いでしょう。海外医薬品の通販を利用する事で、上には上があるという事を知れば、次からはそちらを選んでしまうかもしれません。

濃度が重要と言われるミノキシジルは、高い方がよりその効果も反映されやすいのです。ツゲイン10%を購入されたのであれば、濃度もそうですし価格差も理由として挙げられるでしょう。決してリアップx5プラスが劣っているわけではないですが、製品のスペック差を比較すればどちらを手にするか?多くの方は海外の製品ではないかと思います(国内メーカー至上主義の方もいらっしゃるので一概には言えません)。

リアップx5プラスよりおすすめの育毛剤

リアップx5プラスと同等のスペックであるにも関わらず安価であるロゲインや、ミノキシジル10%を配合するツゲインの他にも優れた製品が揃っています。その1つがフォリックスシリーズ。多くのバリエーションがあるこちらのシリーズは何とミノキシジル含有量が15%、16%といった高い濃度のタイプやプロペシアの有効成分フィナステリドが一緒に配合されているタイプもあるのです。

日本では医療機関へ行かなければ手に入れる事が出来ないミノキシジルタブレットも通販では購入出来ます。体内から作用するため外用薬よりも効果が非常に高いと言われているのでユーザーもかなり増えたようです。ただ副作用が強い点がネックなので体調管理には気を付けて下さい。しかし工夫をすることでそのリスクを下げられます。半分にして使ったり隔日に1錠飲むといった方法です。もし大きな効果を感じられたいのであればミノキシジルタブレットは味方になってくれる事でしょう。

国内では承認されていない未承認薬にはなるのですが、医療機関によって処方してもらうことも出来ます。ただし通販で購入するよりもその価格は高いです。しかも多くの医療機関でオリジナルと称して販売している商品は個人輸入で入手をして販売しているのだと言います。法律に違反しているわけではないですが、通販では4000円もせずに購入出来るので、通販で購入した方が継続はしやすいでしょう。

まとめ

リアップx5プラス

リアップx5プラスは総合的に見てかなり良い製品です。リアップシリーズの強みである国内で唯一ミノキシジルを含有している製品であること。しかもその中で最も濃度が高い事も、他の育毛剤よりも頭一つ抜けていると言って過言ではありません。育毛・発毛を本気で考えるのであればリアップx5プラスを選べばまず間違いはないです。

しかしネックである価格がどうしても継続の意志を削いでしまいます。購入に関しても薬剤師と対面をしなければなりませんから、コンプレックスの薄毛をわざわざ周知しているようなものです。それによりAGA治療を躊躇してしまうという方もいらっしゃるはずです。そこで海外医薬品の通販を利用すれば問題は一気に解決します。ここには国内では購入出来ない商品が揃っているためです。

ロゲインと同等であるにも関わらず安価な元祖育毛剤のロゲインや、ジェネリックのツゲイン、より進化した育毛剤のポラリスや、最強の育毛剤とも言われるミノキシジルタブレットなどが販売されています。どの商品もリアップx5プラスよりも安価ですし効果にもかなり期待が持てるので、通販を利用することも検討してみましょう。全ては結果です。薄毛の改善を本気で考えるのであれば国内のメーカーだけにこだわらず広い視野で見てみる事も必要だと思います。

フォリックスは最新の育毛剤!

フォリックスは最新の育毛剤!

フォリックス(FOLLICS)は、Sapphire Healthcare社から販売されているミノキシジル配合の育毛剤です。リアップシリーズと同じように商品ラインナップがたくさんあることが特徴で、商品によってミノキシジルの濃度が違います。

さらにはプロペシアの主成分であるフィナステリドや、同じく発毛に作用すると言われている成分のアデノシン、抜け毛予防をさらにサポートしてくれるプロキャピルなども配合されています。

また、他の育毛剤と違う点として新技術が使われている点も特徴です。その名もLIPOSPHERE(リポスフィア)テクノロジーといい、有効成分(ミノキシジルなど)がカプセル化され、より一層吸収されやすくなりました。そしてミノキシジル配合の育毛剤でありがちな副作用である「かゆみ」も非常に起きにくくなっています。

フォリックスに配合されている成分

フォリックスの主成分はミノキシジルです。もちろん全ての商品にミノキシジルが配合されており、非常に優れた育毛剤として人気を集めています。ミノキシジルは唯一発毛にも期待出来る成分で、実際に数多くのデータが公表されており、信頼出来ると言えるでしょう。

言い方は悪いですが、そこらにはびこっている研究結果が曖昧であったり、はっきりと検証されていない成分が使われている育毛剤とはわけが違います。確実に髪を増やしたいのであればミノキシジル配合の育毛剤を使いましょう。ロゲイン、リアップx5プラス、ツゲイン、カークランドなども同じくミノキシジルを配合する育毛剤です。

フォリックスに配合されるミノキシジル以外の成分

しかしフォリックは上記に挙げた育毛剤とは違い、抜け毛予防のために使うプロペシアの主成分「フィナステリド」も一緒に配合されているタイプもあります。ミノキシジルは育毛・発毛効果に秀でていますが、抜け毛予防としてはある程度しか期待が持てません。

なぜなら抜け毛の原因になる物質には作用しないからです。しかしフィナステリドにはその作用があり、しかもミノキシジルとの相性は良いことから強く作用し合ったりすることもなく安全に使えます。ただ本来であれば体内に取り込むことで効果を発揮するため、劇的な変化は望めません。

フォリックスは外から取り込む育毛剤ですので、あくまでも配合されているフィナステリドは補助的なものと捉えましょう。薄毛改善のサポートとして使えば良いのです。もちろんミノキシジルは外部から取り込んでも効果がありますのでご安心下さい。

フォリックスの商品ラインナップ

フォリックスの特徴は多彩な商品ラインナップです。冒頭でも少し触れましたが、リアップx5プラスでおなじみのリアップシリーズと比較出来ます。ただリアップシリーズと違うのは、ミノキシジルの濃度。フォリックスシリーズは濃度の高さにも注目出来るでしょう。

FR05

フォリックスで最もオーソドックスなタイプがFR05です。ロゲインやリアップx5プラスと同じく、ミノキシジル5%なおので最も使いやすいでしょう。ただ、最新の技術LIPOSPHERE(リポスフィア)テクノロジーが使われていますので、より一層頭皮に浸透させることが出来ます。

ミノキシジル以外にも育毛に良いとされるリンゴポリフェノールやアデノシンも配合されており、ミノキシジルの作用をサポートし、育毛・発毛に効果を発揮するのです。他の育毛剤より少々値段は高いですが、最新の技術を体感されたい方はぜひFR05を試してみましょう。

pagetop